前へ

次へ

SiM主催、今年で10回目を迎えた「DEAD POP FESTiVAL 2019」初日レポート

SiM | 2019.07.09

 SiM主催の「DEAD POP FESTiVAL 2019」は、今年記念すべき10回目を迎えた。6月22日、23日に例年同様に2デイズ開催となり、初日は「メロディック」、2日目は「ラウド」と出演アーティストの色合いは多少分かれていたように感じる。今回はその初日の模様をお伝えしたい。

【INNOSENT in FORMAL】

 この日のオープニング・アクトは出演権を自ら勝ち獲ったINNOSENT in FORMAL。「CHOAS STAGE」のトップを飾った彼らはラップ主体のミクスチャー・サウンドでクール&ホットに攻める。「Jackin’ Rock Beats」では70’Sハード・ロックのテイストを仕込んだアレンジで惹き付け、どしゃ降りの雨を吹き飛ばす熱演を叩き付けた。


【ヤバイTシャツ屋さん】

「めちゃくちゃな2日間にしようぜ!」とこやまたくや(Vo/G)が叫ぶと、「CAVE STAGE」にヤバイTシャツ屋さんが登場。こやま、しばたありぼぼ(Vo/B)の高低差の激しい男女ツイン・ボーカルを武器に、「KOKYAKU満足度1位」ではデス/キャーキャー声を織り込み、ガンガンと焚き付けていく。この頃になると、一旦雨が止んだものの、ライブ後半にはまた激しく降り始めたが、それさえも盛り上がりの燃料に変えてしまうのが今のヤバTだ。特に「ヤバみ」~「ハッピーウェディング前ソング」の流れは凄まじく、3ピースのカタマリ感を強めた演奏には危機迫るものがあった。ポップとアグレッシブの両面に磨きをかける音像は強烈無比だ。


【ハルカミライ】

 続いて「CHAOS STAGE」二番手に出たのはハルカミライ。今年は04 Limited Sazabys主催の「YON FES」にも出演し、度肝を抜くライブを見せつけた彼ら。この日も同業者とファンを鷲掴みにする暴れっぷりを発揮した。「君にしか」で始まると、橋本学(Vo)は観客の中に突っ込んで「どしゃ降り最高だぜ!」と吠え、関大地(G/Cho)はペットボトルの水を頭から被る有り様。「ファイト!!」では巨大なシンガロングを作り上げ、観客を一人残らず巻き込んでいく。さらに橋本はマイク・コードを伸ばせるだけ伸ばし、上半身裸の状態でPA卓がある白いテントまで到達。ド直球の日本語ロック同様、ダンプカーのごときガムシャラ・パワーで観る者の魂を揺さぶり続け、ラスト曲「アストロビスタ」においては「いつかあのステージ(「CAVE STAGE」)のトリ前やりてぇー!」と叫ぶ姿も印象的であった。


【10-FEET】

 SHISHAMOの後、「CAVE STAGE」四番手を務めたのは10-FEETだ。「蜃気楼」で幕を開けると、次は躍動感満載の「VIBES BY VIBES」へ急カーブを切ると、肩を組んで輪になって踊る人たちが増えていく。それから5月に自身最大キャパのワンマンライブ・長崎市稲佐山公園野外ステージで初披露した新曲「ハローフィクサー」をここでも披露。穏やかな歌メロから一点、ヘヴィなリフに血は煮立ち、柔らかなメロディにツボを突かれると、緩急鮮やかな10-FEET流ミクスチャーを体現した名曲に改めて感服。「1sec.」においてはSiMのMAH(Vo)のウォールオブデスをマネして、TAKUMA(Vo/G)は両手でこじ開ける仕草をした後、また閉じて観客を笑わる場面もあった。そして、様々な思いの丈を吐き出した「その向こうへ」には胸を深くえぐられてしまった。


【My Hair is Bad】

 続いて同ステージに姿を見せたMy Hair is Bad。「ワクワクしようぜ!」と椎木知仁(G/Vo)は観客に爽やかに声をかけ、「アフターアワー」で火蓋を切ると、胸の高ぶりをそのまま音に乗せて冒頭から突っ走る。「こうして先輩のフェスに呼ばれて嬉しい。俺らは全力で走るから、付いてきてほしいんだよ。もっとあげるから、もっとくれよ!」と心の奥底を曝け出し、観客と真正面から対峙する。感情の赴くままに一心不乱に歌い上げる「真赤」を経て、「SiMと出会って10年、MAHさんも結婚して、子供ができて、後を追いかけようと思います」と言うと、「いつか結婚しても」で鮮やかなフィニッシュを決める。


【04 Limited Sazabys】

 イベントも残すところ3組となり、マイヘアに続き同ステージを務めたのは04 Limited Sazabysである。エッジの鋭い「knife」で始まるや、気迫のこもった演奏で驀進。「デッドポップに合う曲をたくさん持って来た!」と告げると、「Alien」では観客をスカダンスさせたりと、とにかくフィジカルに訴える熱いアプローチが続く。「このフェスは我々的に輝きやすくて、やりやすい」とGEN(B/Vo)は述べ、怒濤の2ビートを用いた「My HERO」においても激しいサークル・モッシュがあちこちで勃発。確かにフォーリミとデッドポップの相性は最高だ。後半、今年の「YON FES」でMAHからイジられたことにも触れ、斜め45度の角度からやり返すGENのセンス・オブ・ユーモアに笑いが広がる一幕もあった。ラストは「Squall」、「monolith」と強烈なアンセム・チューンを畳み掛け、パワフルなエモーションで観る者の魂を奪い去った。


【NAMBA69】

 そして、「暴れる準備はいいかい?」と難波章浩(Vo/B)が呼びかけると、「CHAOS STAGE」のトリを飾ったのはNAMBA69。今や4ピース編成でライブ力をメキメキ付け、人気と動員はうなぎ上りの彼ら。最新2ndアルバム『CHANGES』では難波、ko-hey(G/Cho)によるツイン・ボーカル曲も増え、戦闘力を高めたサウンドはライブを観るたびに進化を遂げている。この日もダイバーやモッシュが溢れ返り、とんでもない盛り上がりを記録。「俺たちはSiMの後輩です。今度はあっち(「CAVE STAGE」)のステージに立ちてえよ!」と難波は秘めた思いをストレートに告げ、終始爆発力漲る演奏でキッズの心を揺さぶり続けた。


【SiM】

 けたたましいサイレン音をSEに、遂に大トリのSiMが登場。すると、デッドポップの旗を掲げたスタッフが観客側に入り、ムードを盛り立てる演出を施し、「A」で本編スタート。MAH、SHOW-HATE(G)、SIN(B)、GODRi(Dr)のメンバー4人は一丸となり、命を燃焼させる怒濤の攻撃力を発揮。極悪ヘヴィな鉈をブン回す「KiLLiNG ME」に入ると、観客はさらに前方へと押し寄せ、熱狂度はグングン高まっていく。「抜くぜ、伝家の宝刀」と言うと、「TxHxC」では巨大なサークル・モッシュを作り上げ、もはやSiMの独壇場と化していた。  「やかましい曲でお前たちを殺すのはとうに過ぎた。長く苦しめて殺す。20歳のときに作った曲。1stフル(『Silence iz Mine』)から」と言うと、「Here I am」へ。ヒップホップ、レゲエを巧みに取り込んだミドル・テンポの曲調は闇深い野外という景色に溶け込む。その流れを汲んだ「Same Sky」においてもSiMの引きの美学を突きつけ、多くの観客を酔わせていた。「EXiSTENCE」を挟むと、「今のSiMが一番かっこいい自信がある。お前はどうなんだよ?」と挑発すると、「DiAMOND」をプレイ。イントロから観客総出でジャンプする景色が広がり、王者の貫禄漲るサウンドを解き放つ。その音色を浴び、鳥肌が立つほど感動してしまった。アンコールでは「Blah Blah Blah」、「f.a.i.t.h」が炸裂し、完全に観客にトドメを刺して終了。バンドの演奏、スキル、表現力とますますスケール感を高めるSiMの圧倒的な存在感にひれ伏した。たゆまぬ進化と成長をし続ける彼らの凄みを骨の髄まで味わう、最上の一夜となった。

【取材・文:荒金良介】

【撮影:<CAVE STAGE>スズキコウヘイ】
【撮影:<CHAOS STAGE>半田安政】
【撮影:<景観>本田裕二】

tag一覧 J-POP 04 Limited Sazabys My Hair is Bad 10-FEET ハルカミライ ヤバイTシャツ屋さん INNOSENT in FORMAL SiM ライブ NAMBA69

リリース情報

LiON’S DEN

LiON’S DEN

2018年12月13日

EMI Records

01. LiON’S DEN

セットリスト

DEAD POP FESTiVAL 2019
2019.6.22@神奈川県 川崎市 東扇島東公園

CAVE STAGE

    ヤバイTシャツ屋さん
  1. 1.あつまれ!パーティーピーポー
  2. 2.Tank-top of the World
  3. 3.Universal Serial Bus
  4. 4.かわE
  5. 5.KOKYAKU満足度1位
  6. 6.とりあえず噛む
  7. 7.無線LANばり便利
  8. 8.ヤバみ
  9. 9.ハッピーウェディング前ソング
  10. 10.貴志駅周辺なんもない

  11. 10-FEET
  12. 1.蜃気楼
  13. 2.VIBES BY VIBES
  14. 3.ハローフィクサー
  15. 4.RIVER
  16. 5.1sec.
  17. 6.その向こうへ
  18. 7.ヒトリセカイ

  19. My Hair is Bad
  20. 1.アフターアワー
  21. 2.熱狂を終え
  22. 3.ドラマみたいだ
  23. 4.告白
  24. 5.クリサンセマム
  25. 6.元彼氏として
  26. 7.真赤
  27. 8.いつか結婚しても

  28. 04 Limited Sazabys
  29. 1.knife
  30. 2.Alien
  31. 3.Utopia
  32. 4.fiction
  33. 5.My HERO
  34. 6.Kitchen
  35. 7.Galapagos
  36. 8.Squall
  37. 9.monolith

  38. SiM
  39. 1.A
  40. 2.KiLLiNG ME
  41. 3.TxHxC
  42. 4.Here I am
  43. 5.Same Sky
  44. 6.EXiSTENCE
  45. 7.DiAMOND
  46. En1.Blah Blah Blah
  47. En2.f.a.i.t.h



CHAOS STAGE

    INNOSENT in FORMAL
  1. 1.Riff
  2. 2.Footloose
  3. 3.Jackin’ rock beats
  4. 4.One for you

  5. ハルカミライ
  6. 1.君にしか
  7. 2.カントリーロード
  8. 3.ファイト!!
  9. 4.俺達が呼んでいる
  10. 5.春のテーマ
  11. 6.世界を終わらせて
  12. 7.Tough to be Hugh
  13. 8.エース
  14. 9.アストロビスタ

  15. NAMBA69
  16. 1.LOOK UP IN THE SKY
  17. 2.PROMISES
  18. 3.CHANGES
  19. 4.BLOOD SUCKING DOG
  20. 5.SUMMERTIME
  21. 6.MANIAC III
  22. 7.HEROES
  23. 8.MANIAC
  24. 9.THE WIND OF CHANGE

トップに戻る