前へ

次へ

LAMP IN TERREN 夜を彩る確かな光で照らした日比谷野音ワンマン「Moon Child」

LAMP IN TERREN | 2019.08.07

「やべぇ、緊張する。今年(日比谷野外大音楽堂が)たまたま押さえられて……去年、いままでのライブを超えなきゃいけない。俺らもワンパク小僧になった気分で行く!」と、松本大(Vo/G/Pf)はライブ序盤に宣言。その後も何度と「緊張」の二文字を口にしていたけれど、今日に賭ける気持ちはステージング中も膨らみ続けたに違いない。

 LAMP IN TERRENが昨年に引き続き、二度目になる日比谷野音ワンマンライブ「Moon Child」を行った。数日前に台風が近づいていたものの、2年連続で快晴となり、天候も味方に付ける幸運ぶり。18時5分、大屋真太郎(G)、中原健仁(B)、川口大喜(Dr)の3人がステージに姿を見せ、最後に松本が現れると、野音に集まった観客に対して深くお辞儀をする。ショウは「Dreams」で幕を開けると、広がりのあるメロディを野音いっぱいに染み渡らせる。それから語り風のボーカルが印象的な「eve」へ。徐々に力強いエモーションにシフトすると、観客は全身を耳にして曲の世界観に浸り切っているようだ。「クラップユアハンズ、遊ぼうぜ!」と呼びかけ、次は「林檎の理」を披露。手拍子の輪が大きくなる中、サビでは多くの人が天に手をかざし、次第に一体感が生まれていた。

 ここで、去年の野音公演は松本の声帯ホリープ切除手術のため、活動休止からの再始動を告げるライブだったことにも触れた。あれから約1年が過ぎ、バンドの成長ぶりをこの特別な場所で魅せたい。そんな思いもあったのではないだろうか。

 中原のベースが激しく主張する「凡人ダグ」に移ると、「よっしゃ、かかって来いや!」と煽り、疾走感のある曲調も相まって演奏は過熱の一途を辿る。身も心も焚き付けられる一方で、ふと頬をなでる微風が気持ち良く、開放感溢れる野音ならではの空気を肌身に感じた。また、ブルージーな大屋のギターソロも、曲を勢いづける役目を果たす。続いて勇壮かつアップテンポに攻める「innocence」に入ると、拳を突き上げる人たちの姿が目に飛び込んできた。

 そして早くも6曲目に新曲を投下し、悲しみや切なさを掬い上げるような陰のあるメロディ・ラインが印象的であった。その流れからスローテンポの「イツカの日記」に雪崩れ込む。シンプルなバンド・サウンドと野音に生息する蝉の鳴き声が共鳴し、曲がより一層味わい深く響いてきた。「いい感じに涼しくなってきた」という言葉を合図に、次は「Water Lily」に繋ぐ。繊細なタッチで聴く者に寄り添う音色が心地良く、この場所にずっといたいという気持ちに駆られてしまうほど。

 松本は今日のステージセットに関して、ライブハウスっぽい雰囲気を意識したと説明してくれた。ステージ背面にはバンドロゴと月が浮かび上がり、確かにどこかのライブハウスをイメージさせる。そのバンドロゴは曲によって色を変えたり、また月が煌々と光ったりと、さりげない演出効果も効いていた。野音という大きな会場に、密室のライブハウスを現出させる。屋外だけど屋内みたいなカラクリだろうか。そのパラドックス感がまた非日常へ誘い、どこかロマンチックなムードさえ漂っていた。

 オレンジ色の照明が映える中で聴いた「pellucid」は一音一音の演奏を丁寧に届けようという意志を感じ、RADIOHEAD調のイントロを配した「I aroused」におけるドラマティックなサウンドに惹き付けられ、ショウはいよいよ後半戦に突入だ。いつの間にか日はすっかり沈み、辺りは暗闇に包まれている。「New Clothes」に入ると、紫の照明が曲の雰囲気を盛り立て、荒々しいボーカルが鼓膜を執拗にノックする。

 そして、ステージ背面の月が輝かしい光りを放つ中、「涙星群の夜」をプレイ。観客のハンドクラップが祝祭感を演出し、松本の歌声そのものが希望の光りとなって観客を照らし出す。「歌って!」と呼びかけると、後半は大きなシンガロングが沸き上がった。「オーバーフロー」ではその声をさらに膨らませ、ウォー!ウォー!のコール&レスポンを繰り広げる熱い交歓風景を作り上げ、バンドと観客は一つに溶け合っていた。それから「地球儀」に移ると、笑顔でジャンプする人たちがみるみると増え、その景色を眼前に「素晴しい!」と松本は歓喜の言葉を投げかけていた。

「『I aroused』(10曲目)まで緊張してて……ここまでいろいろあった」と松本はこれまでの道のりを回想するMCを入れる。バンドとして二度目の野音を迎えられた事実に感慨深いものがあったのだろう。「BABY STEP」を経て、ステージ背面に星空が浮かび上がると、ここで「月のこどもたち」をプレイ。夜空に吸い込まれていくような美しい音色を解き放ち、多くの観客を魅了する。「キレイでしょ? これがやりたいがための全セットだった」とネタばらしもあり、遂にラスト1曲を迎えることになった。

「僕は後悔の多い人生を送ってる」と松本は切り出し、そんな立場だからこそ届けられる音楽があるのではないか。そしてもし可能ならば、あなたの背中を押したい。そんな気持ちを託した新曲「ホワイトライクミー」に胸を激しく揺さぶられた。全感情をこの1曲に集約させたような濃厚なエモーションは、新たなアンセム・ソングとも呼ぶべき聴き応えがあった。

 アンコールに入ると、15ヵ所に及ぶ全国ワンマンツアーを行うこと、さらに来年1月にはマイナビBLITZ赤坂にてワンマンライブも発表された。その嬉しい知らせを受けて会場が沸き上がると、「緑閃光」で今日のライブを締め括った。気迫のこもった伸びやかな歌声はまたここからスタートを切るんだ、という意欲に燃え盛っているようだ。「もっと素晴しい景色を見せるつもりでいる!」と松本は叫んでいたが、まさに大きな希望を託した楽曲は感動的であった。

 全18曲2時間に及ぶライブはこれにて終了。前回の野音は客席真ん中にステージを設けたり、アコースティック・セットで違う側面から楽曲の魅力を炙り出すなど、趣向を凝らした内容になっていた。けれど今回は野音というシチュエーションをバックに、自身の音楽とパフォーマンスで雄弁に語り尽くす説得力のあるショウを魅せてくれた。今年、来年とテレンはますますその翼を大きく広げることだろう。そう確信させてくれる魅惑のワンマンライブだった。

【取材・文:荒金良介】
【撮影:浜野カズシ、小杉歩】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル LAMP IN TERREN

リリース情報

配信リリース「ホワイトライクミー」

配信リリース「ホワイトライクミー」

2019年07月17日

A-Sketch

01.ホワイトライクミー

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

日比谷野音ワンマンライブ
「Moon Child」
2019.7.28@日比谷野外大音楽堂

  1. 01. Dreams
  2. 02. eve
  3. 03. 林檎の理
  4. 04. 凡人ダグ
  5. 05. innocence
  6. 06. 新曲
  7. 07. イツカの日記
  8. 08. Water Lily
  9. 09. pellucid
  10. 10. I aroused
  11. 11. New Clothes
  12. 12. 涙星群の夜
  13. 13. オーバーフロー
  14. 14. 地球儀
  15. 15. BABY STEP
  16. 16. 月の子どもたち
  17. 17. ホワイトライクミー
  18. 【ENCORE】
  19. 01. 緑閃光

お知らせ

■ライブ情報

LAMP IN TERRENワンマンツアー「Blood」
11/01(金) 下北沢CLUB 251
11/02(土) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
11/07(木) 仙台enn 3rd
11/10(日) 郡山PEAK ACTION
11/13(水) 京都磔磔
11/14(木) 岡山PEPPERLAND
11/16(土) 長崎DRUM Be-7
11/17(日) 熊本B.9 V3
11/20(水) 広島BACK BEAT
11/21(木) 高松TOONICE
11/24(日) 名古屋アポロベイス
11/26(火) 渋谷Star lounge
11/27(水) 千葉LOOK
12/01(日) 札幌COLONY
12/12(木) 心斎橋BIGCAT ※ツアーファイナル

LAMP IN TERRENワンマンライブ「Bloom」
【2020】
01/13(月・祝) マイナビBLITZ赤坂

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る