前へ

次へ

人間椅子 「三十周年記念オリジナルアルバム『新青年』リリースワンマンツアー」ファイナル

人間椅子 | 2019.08.08

 人間椅子の三十周年を記念した21thアルバム『新青年』は、今年を代表する傑作であり、世界に誇れるハード・ロックの大名盤である。既にご存知の方も多いだろうが、MV「無情のスキャット」が既に200万超えという爆発的な再生数を記録しており、コメント欄は海外リスナーの反響で溢れ返り、30年という長い歳月を経てようやく世界中の音楽ファンに「発見された!」と言うべき現象を起こしている。世界中のあちこちで「シャバダバディア、シャバダバディア♪」と口ずさむ人たちがいる。それを想像するだけで、同じ日本人として誇らしい気持ちになってしまう。

 『新青年』レコ発ファイナルはバンド最大キャパの豊洲PITで行われた。19時3分、SE「新青年まえがき」が勇壮な響きを伴って場内に流れる。和嶋慎治(Vo/G)、鈴木研一(Vo/B)、ナカジマノブ(Dr/Vo)のメンバー3人がゆっくりと姿を見せると、「あなたの知らない世界」で本編開始。今日は座席指定となっていたものの、誰一人として座っている人はいない。ヘヴィ・リフが火を噴いた瞬間、観客は総立ち状態で人間椅子を迎え入れる。僕は会場後方から観ていたので、3人の姿はいつもより遠く感じた。一抹の寂しさはあったけれど、それ以上に人間椅子のファンが増えている事実に思わず顔が綻ぶ。次はけたたましいドラムを合図に新作のボートラ曲「地獄のご馳走」を披露。IRON MAIDENやTANKなどNWOBHM(ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル)に通じる荒々しい疾走感がたまらなくかっこ良い。ライブでもテンションの高いコーラスも相まって、強烈なインパクトを与えてくれた。途中、和嶋は電子楽器「テルミン」を奏でて曲を華やかに色付けるのも忘れない。 「すごい人いるね。おかげさまでソールド・アウトでございます!」と和嶋が挨拶し、今日の公演はYouTubeで生配信されることにも触れ、英語で自己紹介する場面もあった。さらに新作がオリコン・チャート最高位をマークし、30年で一番売れているようだ。これ以上にめでたいことはないだろう。艱難辛苦、紆余曲折を経て、今の人間椅子には追い風がビュンビュン吹きまくっている状況である。

 妖しげなフレーズを配した「鏡地獄」は大バコでも抜群に映え渡り、「地獄の料理人」も観客をヒートアップさせている。それからライブでめったにやらないレア・ナンバーが2曲続く。鈴木がリード・ボーカルを務め、お経風の歌い回しを用いた「盗人讃歌」。長尺のインスト・パートがかっこ良く、リズミックなのにムード満点の曲調にグイグイと引込まれた。次は和嶋がリード・ボーカルを担当し、こちらも長めのインスト・パートを挿入した「幻色の孤島」。プログレ風味の場面展開にシビれ、ナカジマのパワフルなドラミングも強烈であった。

 そして、日本語詞にも関わらず、古今東西のHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)ファンの心を鷲掴みした「無情のスキャット」が遂に炸裂。GOBLINの「Suspiria」をイメージしたイントロを経て、脳天にガツンと迫るヘヴィ・リフを刻まれるや、会場にはヘッドバンギングに興じる人たちが増えていく。生を聴くと、華やかさとヘヴィネスを備えた名曲然としたオーラを解き放ち、音源以上に迫力溢れる演奏に興奮した。30年という節目だからこそ生まれた不朽のアンセム曲と断言したい。

 地を這いずり回るドゥーミーな「太陽黒点」、男女の恋心を軽快に歌い上げた「いろはにほへと」と魅惑のナンバーが続き、「もうすぐKISSがやって来ますね。人間椅子は日本のBLACK SABBATHと言われるけど、3人の共通はKISS。僕の好きなジーン・シモンズ(B/Vo)に捧げましょう」と鈴木が言うと、「?神」を披露。シンプルかつキャッチーな曲調は特段に映え、「今昔聖」を挟んだ後、アルバムに必ず1曲入れているナカジマがリード・ボーカルを担う「地獄小僧」へ。腹の底から歌い上げる声色は文句なしにかっこ良く、コーラス・ワークを担当する和嶋と鈴木のツイン援護射撃も最高であった。

 今は亡きレミー・キルミスター(Vo/B)、"ファスト"エディ・クラーク(G)、フィルシー"アニマル"テイラー(Dr)のMOTORHEADメンバー3人に捧げた「地獄の申し子」、観客と熱いパワー交換を繰り広げた「超自然現象」と畳み掛け、ラストはBUDGIEの日本語詞カバー「針の山」で大団円を結んだ。

 アンコールに応えると、「Led Zeppelinでも披露したいところだけど、静かな曲」と説明し、BLACK SABBATHの「Planet Caravan」風味の「月のアペニン山」をやってくれた。新作の中でも個人的に大好きな1曲であり、和嶋が奏でるダブルネック・ギターの美しい音色に心酔するばかり。続いて「地獄風景」、Wアンコールでは「どっとはらい」を披露し、全18曲2時間強に及ぶファイナル公演は過去最大級の賛辞と歓声に包まれて終了。

 「豊洲PIT大きいよねぇ。大きな会場は慣れてない」と和嶋は零していたが、いやいや、3ピースが織りなす爆音ハード・ロックは大きな会場をすっぽりと飲み込むド迫力だった。この日は嬉しいニュースもあり、今年の12月13日の金曜日に30周年記念ワンマンと題して、中野サンプラザホール公演も決定した。人間椅子のお祭りは、まだまだ終わる気配はない。むしろここからが本番であり、日本を飛び越え、世界中の音楽ファンを唸らせるタイミングがやって来たのだ。そう考えると、我々日本人は恵まれている。人間椅子のライブをすぐに堪能できる場所に住んでいるのだから。国宝級のハード・ロックを引っ提げて、来年、再来年は海外に出向き、ここ日本と同じく多くの人たちをアッ!と驚かせてほしい。それを夢想するだけで、また顔が綻んでくる。是非、早急に海外公演を実現してもらいたいものだ。30周年を突き抜けて、人間椅子の音楽が世界中に祭りを起こす日は、そう遠くない。

【取材・文:荒金良介】
【撮影:堀田芳香】






<当日のライブ映像公開中!>



tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル 人間椅子

リリース情報

新青年

新青年

2019年06月05日

徳間ジャパンコミュニケーションズ

01.新青年まえがき
02.鏡地獄
03.涜神
04.屋根裏の散歩者
05.巌窟王
06.いろはにほへと
07.宇宙のディスクロージャー
08.あなたの知らない世界
09.地獄小僧
10.地獄の申し子
11.月のアペニン山
12.暗夜行路
13.無情のスキャット

※「03.涜神」は異体字を使用しております。

お知らせ

■ライブ情報

人間椅子30周年ワンマン
12/13(金) 中野サンプラザホール



ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019
08/10(土) 国営ひたち海浜公園

十二代目梅雨将軍2man series「天下の将軍」
08/22(木) 池袋Adm
出演:人間椅子/打首獄門同好会

BlackHole 10rh Anniversary「大和」
夏の白髪鬼LIVE !

08/28(水) 池袋BlackHole
出演:大槻ケンヂ(弾き語り)、和嶋慎治(弾き語り)、ナカジマノブ(per)

JUNK BOX&Rotten Circus presents
NAGANO CLUB JUNK BOX 20th Anniversary

09/07(土) 長野CLUB JUNK BOX
出演:人間椅子/OUTRAGE(opening act:INVICTUS DJ:鋼鉄の痴女/Te2o)

霞ヶ浦KOHANロック2019
09/22(日) 土浦市霞ヶ浦総合公園 国民宿舎水郷・霞浦の湯 前広場

LEO今井自主企画ツーマン
「大都会ツアー」東京公演

09/24(火) 渋谷CLUB QUATTRO
出演:LEO IMAI[LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一]/人間椅子

夏の魔物2019
09/29(日) 埼玉・東武動物公園

ハードコアチョコレートフェス
ー殺戮の20周年ー

10/09(水) TSUTAYA O-EAST
出演:人間椅子/BILLIE IDLE/キノコホテル/柳家睦とラットボーンズ/超新塾/完熟フレッシュ and more…

メトロノーム FEST.2019 白の日-イスワラ-
11/03(日) 新宿BLAZE
出演:メトロノーム/新宿ゲバルト/人間椅子

共鳴するSG ~フラカンVS人間椅子~
12/21(土) 神戸Harbor Studio
出演:フラワーカンパニーズ/人間椅子

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る