前へ

次へ

雨のパレード、ワンマンライブツアー「ame_no_parade SUMMER TOUR “Summer Time Magic”」東京公演

雨のパレード | 2019.09.11

 薄暗いステージにメンバーたちが登場。上手側に大澤実音穂(Dr)、中央の少し奥に引っ込んだスペースに福永浩平(Vo)、下手側に山﨑康介(Gt&Syn)――というユニークなフォーメーションは、最近のライブですっかり定着しているが、新鮮な何かが始まる予感をいつも漂わせる。3人の間で少しずつ交わされ始めたサウンドは、やがて奥行き深いアンサンブルを形成して、1曲目「Ahead Ahead」の演奏がスタートした。「最初から盛り上がれますか?」と呼びかけてステージの前方に飛び出した福永が歌い始めると、観客もリラックスした表情を浮かべて身体を揺らす。後方のスクリーンでは、ランナーが走り続けるグラフィックが流れて、サウンドを美しく彩る。視覚と聴覚の両方を満たしてくれる空間は、その後もたくさんの悦びを我々に届けてくれた。

 「new place」「Horizon」「Shoes」も披露されたことにより、ますます穏やかな昂揚感で包まれたフロア。「今年、新体制になって初めてのツアーです。1年4ヶ月ぶりのツアーなんですけど、みんなにこうやって集まってもらえて、本当に嬉しいです。ありがとうございます。いろいろな変化が俺らに起こってるけど、今日はいろんな俺らをみんなに観てもらおうと思ってます」という福永のMCを挟んで、さらに様々な曲が披露されていった。3人体制となった雨のパレードによる演奏で聴くと、ひときわ新鮮な印象を放ちながら迫ってきた「You」「Reason of Black Color」。そして、「/eo:/」「speech」「Hwyl」が、とても美しかった。柔らかな光が溢れていくかのように広がる音像、耳を傾けている我々の心臓の鼓動とシンクロするかのように高鳴っていくビート……まどろみと熱狂の狭間を漂うかのような不思議な感覚を味わった観客は、連続した演奏が幕切れた瞬間、大きな拍手でステージ上の3人を讃えていた。

 中盤に差し掛かったところで始まったアコースティックコーナー。山﨑がアコースティックギター、大澤がカホンを演奏して、ハナレグミのカバー「サヨナラCOLOR」が披露された。彼らが地元の鹿児島で、上京するための資金を貯めていた頃の思い出がよみがえるのだというこの曲を、3人は心底楽しそうに演奏していた。そして、その次にアコースティックで演奏する曲は、雨のパレードの曲の中から選ばれることとなった。最前列の観客が、曲名が書かれた紙がいくつか入っている箱から選んだのは「MARCH」。春の卒業式の風景を描いたこの曲に、アコースティックアレンジが施された温かいサウンドが、とても似合っていた。

 後半戦は、「Hometown feat. Dos Monos」からスタート。「今日は、友だちを呼んでます。拍手でお迎えください!」という福永の言葉を合図に、ステージに勢いよく飛び込んできたDos Monosの荘子it、TAITAN MAN、没。3人のラップの熱量に刺激されて、観客は掲げた腕を激しく振りながら大盛り上がりしていた。スペシャルゲストの彼らが去った後、「1969」と「Dive」も披露されたことによって、ますます開放的なムードで包まれたフロア。「まだまだ盛り上がれますか? これが、俺ら史上最高に踊れる曲かもしれないです。踊ってください!」 という福永の言葉と共になだれ込んだ「Count me out」。一斉に踊った観客のエネルギーが、会場全体を心地よく揺さぶっていた。そして、本編を締め括ったのは「Summer Time Magic」。観客に歌ってもらうパートを練習した後にスタートすると、力強い手拍子が自ずと湧き起こった。大合唱にも彩られたこの曲は、メンバーたちにとっても素敵な夏の思い出となったのではないだろうか。

 「3人体制での初めてのツアーで、準備とかちゃんとできたか不安ですが、パワーアップしたと思うんです。さっきやった「Summer Time Magic」、『テラスハウス』でかかったんですよ。私と福永は、めっちゃ観てるから、本当に嬉しくて」(大澤)。「ワンマンなので、いろいろアレンジ、魔改造をしまくってます。久しぶりにやった曲もあるんです。「Dive」も、めちゃくちゃかっこよく仕上がってたと思うんですけど、いかがだったでしょうか?浩平先生のアレンジ力が、光りに光っております!」(山崎)。「今日は、映像も入ってくれたんですが、どうでしたか? いろいろやってくれてるスタッフのみなさん、ありがとうございます!こうやって集まってくれたみんなも、本当にありがとう!」(福永)――アンコールを求める歓声に応えてステージに戻ってきた3人は、各々、想いを語った。そして、「周りが、すごく結婚しだしたんですよ。俺は、めちゃくちゃ感動して、結婚の曲を書いてみたんです」という福永の説明を経て、新曲「Story」が披露された。清らかなハーモニーが、観客の心を穏やかに震わせているのを感じた。

 「楽しんでもらえましたか?いろいろな変化もあったけど、これからもっと大きくなろうと思いますので、よかったらついてきてね。よろしく!」と福永が観客に呼びかけて、ラストを飾ったのは「Tokyo」。「歌える人は歌ってね」という言葉に応えて、歌い始めた観客の声がとても柔らかで瑞々しい。サビに差し掛かった時、掲げられたたくさんの掌が、フロアの全面で揺らぐ様も壮観であった。このような風景を眺めながら演奏していた3人の表情は、実に幸せそう。エンディングを迎えて、深々とお辞儀をしてステージを後にした彼らを、力強い拍手と歓声が見送った。新しい表現の形を、ますます積極的に追求するようになっている雨のパレード。彼らの音楽の多彩な魅力を、改めて強く実感することができたツアーであった。

【取材・文:田中 大】
【撮影:八木咲】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル 雨のパレード

リリース情報

配信限定シングル「Story」

配信限定シングル「Story」

2019年09月25日

ビクターエンタテインメント

01.Story
02.Trust

セットリスト

ame_no_parade SUMMER TOUR
“Summer Time Magic”
2019.8.30@TSUTAYA O-EAST

  1. 01.Ahead Ahead
  2. 02.new place
  3. 03.Horizon
  4. 04.Shoes
  5. 05.You
  6. 06.Reason of Black Color
  7. 07./eɔ:/
  8. 08.speech
  9. 09.Hwyl
  10. 10.サヨナラCOLOR
    (Acoustic Set / SUPER BUTTER DOGカバー)
  11. 11.MARCH(Acoustic Set) ※日替わり
  12. 12.Hometown feat.Dos Monos
  13. 13.1969
  14. 14.Dive
  15. 15.Count me out
  16. 16.Summer Time Magic
【ENCORE】
  1. 01.Story(新曲)
  2. 02.Tokyo

お知らせ

■ライブ情報

niko and ... UNI9UE PARK’19
09/22(日) 品川シーズンテラス
w) Awesome City Club/sankara/TENDRE/フレンズ/GAKU-MC(アカリトライブ)/and more

りんご音楽祭2019
09/28(土) 長野県・アルプス公園

THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2019
10/05(土) 鹿児島市・桜島多目的広場&溶岩グラウンド

Nothing’s Carved In Stone
“By Your Side Tour”

10/13(日) 愛媛県・松山W studio RED
w) Nothing’s Carved In Stone

odol LIVE 2019 “O/g-11”
10/16(水) 東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
w) odol/ものんくる

SONAR MUSIC 学園祭ツアー2019
in 常磐大学~ときわ祭~

10/20(日) 常磐大学・常磐短期大学 学内体育館
w) CHAI MC:あっこゴリラ

夜の本気ダンス
「AUTUMN JACK OF SEA TOUR」

11/07(木) 香川県・高松 MONSTER
w) 夜の本気ダンス

Awesome talks -Nice Buddy Tour 2019-
11/09(土) 北海道・札幌PENNY LANE24
w) Awesome City Club

DATS presents “PORTAL vol. 3”
11/30(土) 東京都・WWW X
w) DATS

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る