前へ

次へ

なきごと始まりの地・新代田FEVER凱旋。リリースツアーファイナルを徹底レポート!

なきごと | 2019.12.10

 それは2018年10月4日のこと。新代田FEVERで行われた自主企画で初ライブの舞台を踏んだなきごとが、およそ1年後に同じ場所へと帰ってきた。よりたくましく、よりエモく、より風格を身にまとって。2019年11月24日、ミニアルバム『夜のつくり方』リリースツアーのファイナル。2マンのお相手は、ふたりが絶大なリスペクトを公言するバンド、SAKANAMONだ。「今までの中で最強の曲を揃えた」というミニアルバムのお披露目と、憧れの先輩との初共演、しかもチケットはソールドアウト。いやが上にもモチベーションが上がる、それはふたりの1年間の成長度を測る特別な一夜だった。

 18時ちょうど、先陣を切ってステージに登場したのはSAKANAMON。背後に立つマスコット人形「サカなもん」に見守られながら、「クダラナインサイド」を皮切りにとびきりキャッチーな、しかしユーモアとひねりの効いた、ソリッドなロック・チューンを連続投下。音はめちゃくちゃかっこいいのだが、藤森元生(Vo/Gt)のとぼけたような独特な歌声のおかげでポップにユーモラスに響く、この絶妙な塩梅がSAKANAMONの魅力。代表曲「ミュージックプランクトン」では、イントロのギターリフが似ているなきごと「メトリポリタン」の一節を歌ったあとに曲に入る、うれしいサプライズもあった。 「アイデアル」「UTAGE」など、強力なシーケンスを加えたダンス・チューンでフロアをあたため、「マジックアワー」ではラストの歌詞を《愛してるよなきごと》に替えて歌う。なんて素敵な後輩思い。「SECRET ROCK’N’ROLLER」では、なきごとのファンももれなくコール&レスポンスの渦に巻き込み、「景気のいい未来へ、景気づけに歌います!」と、「箱人間」で締めくくる全10曲の全力疾走。キャリア10年以上、ナンバーワンにならなくてもいい、元々特別なオンリーワンの道を走り続けるバンドらしい、吸引力抜群のライブだ。

 そして19時5分、本日の主役・なきごと登場。サポートメンバーを加えた4人がステージ上で気合いを入れ、1曲目に選んだのは『夜のつくり方』と同じく「合鍵」だ。ラウドなリフはよりパワフルに、静かな歌のパートはよりクリアに、ダイナミックな演奏がフロアを揺るがす。調子は良さそうだ。2曲目には早くも「忘却炉」。エモい歌、真っ赤なライト、水上えみり(Vo/Gt)の激しいアクション。間髪入れず、フィードバック・ノイズからの「ユーモラル討論会」では、フロアから手拍子が自然発生。岡田安未(Gt/Cho)の歪み切った轟音ギターと、水上のキュートな声のアンバランスが生み落とす激情ロック。ひとこと、かっこいい。

 「昔見た景色とは全然違います。その時も楽しかったけど、今はもっと楽しいです」 1年前は、フロアにテーブルを出しても床が見えるほどの動員だったのが、今日はソールドアウト。「ソールドさせるようになったらまた来ます」という会場との約束を果たしての、いわば凱旋公演だが、浮かれず慌てず、丁寧に感謝を述べる言葉が頼もしい。「過去と今とを比べた曲を」と紹介して「さよならシャンプー」を、そして「1年前にここでやった曲です」と前置きして「ヒロイン」を。切なさをたっぷりはらんだ、力強く前進するミドルテンポのロック・チューン2連発。愛されていたかった――青くストレートな歌詞が胸に刺さる。

 MCで、水上がここ新代田FEVERの看板犬・チロルの話をしている。チロルは家では猫と一緒に暮らしているらしい。その流れで《近所の猫はのらりくらりと》と歌い出す、「のらりくらり」は気だるくスローでブルージーに。動物繋がりの「連れ去ってサラブレッド」は、ほんのりダンサブルなビート、光と影が入り混じる魅力的なメロディを持つミドル・チューン。男子ふたりのサポートメンバーは、目立たぬようにはしゃがぬように、バンドを支えるいい演奏をしている。それにしても、弦から火花が散るような岡田の強烈なギターソロのすさまじさ。これほど弾ける女子、ほかにいるだろうか。

 続いて、水上がひとりでギターをかき鳴らして口ずさんだのは、なんとSAKANAMON「ミュージックプランクトン」の一節。からの、バンド一丸となって「メトロポリタン」に突入する、これはSAKANAMONの逆カバーへのまさに倍返し。言葉じゃなく音楽で返す、ミュージシャンシップにのっとったやりとりにじんわり胸が熱くなるシーンだ。フロアから一斉に手が上がるのを見て、思わず「この景色、超見たかった!」と水上が叫ぶ。「ミュージックプランクトン」との類似は、レコーディングの時に気付いたらしい。「SAKANAMON大好きなんで許してください」と、あまりにも素直な言葉にみんな笑っている。

 そして、「私たちの始まりと言える曲を」――そう言って歌った「癖」から「Oyasumi Tokyo」へ、最高にエモくてドラマチックなスローナンバー2連発。からの、水上のMCのような、セリフのような独り語りを加えた「深夜2時とハイボール」は、間違いなくこの日のハイライトだった。死んでしまいたいと思ったあの日、自分を救う言葉をくれた人。背中を力強く押してくれた人。私も聴いてくれる人の背中を押せる歌を歌い続けたい――スポットライトを浴び、フロアの中に「その人」を探すように、目をしっかり見開いて歌う。演劇的とも言える演出が曲の世界観にぴたりと寄り添う。パフォーマンスの質はすでにライブハウスのスケールを超えている。そして本編ラスト「ドリー」では、今日イチかっこいい岡田の轟音ギターがたっぷり聴けた。ファストもスローも、ラウドも静寂も、どこを切っても血が滲むほどエモーショナル。これがなきごとのライブなのだ。

 「前回言うのを忘れたので、今言います。アンコールありがとうございます」
アンコール、水上も岡田も爽やかな笑顔。SAKANAMONの「メトロポリタン」には「本気で泣きました」と、照れくさそうだけど誇らしげな水上。今年1月、レーベル新年会でのSAKANAMONとの初対面の際は、お酒の力を借りて勇気を出して話しかけたらしい。「その時飲んだレモンサワーの味を忘れたくなくて曲にしました」――その新曲の名はずばり「憧れとレモンサワー」。これまでの曲調とは明らかに異なる、明るくポップな広がりを持つギターロック。またひとつ、あなたに救われてしまったなあ。いい歌詞、いいメロディ、リリースが楽しみだ。

 全6曲収録のミニアルバム『夜のつくり方』には、実は7曲目のシークレットトラックがあった。アンコールのラストを飾るその曲「B」は、水上いわく「あなたがいなくなったら私は生きていけないという歌」。音源ではピアノバージョンだったが、ライブではしっかりラウドなロックバラードになって、記念すべき一夜を感傷的に締めくくる。バンド一体となった轟音の壁を突き抜けて、透明なのに芯の強い水上の声が届く。唯一無二の、いい声だ。

 最後に、SAKANAMONの3人を呼び込み、記念撮影しているふたりはすっかり素の表情だ。フロアに向かい、「こんなにどぎまぎしてる私、新鮮でしょ?」と笑う水上。SAKANAMONをはじめ、多くの対バンとオーディエンスに支えられ、なきごとはこのツアーで確実にひとつ上のステージへと駆け上がった。よりたくましく、よりエモく、より風格を身にまとって。このライブを観て、もう断言してもいいだろう。もうすぐ始まる2020年は、なきごとの年になると。

【取材・文:宮本英夫】
【撮影:南雲直人】

tag一覧 J-POP 女性ボーカル ライブ なきごと

リリース情報

夜のつくり方

夜のつくり方

2019年09月18日

[NOiD] / murffin discs

01.合鍵
02.メトロポリタン
03.ユーモラル討論会
04.のらりくらり
05.深夜2時とハイボール
06.ドリー

セットリスト

『夜のつくり方』Release Tour 2019
2019.11.24@新代田FEVER

    ●SAKANAMON
  1. 01.クダラナインサイド
  2. 02.幼気な少女
  3. 03.アイデアル
  4. 04.ミュージックプランクトン
  5. 05.鬼
  6. 06.YAMINABE
  7. 07.マジックアワー
  8. 08.UTAGE
  9. 09.SECRET ROCK‘N’ROLLER
  10. 10.箱人間
    1. ●なきごと
    2. 01.合鍵
    3. 02.忘却炉
    4. 03.ユーモラル討論会
    5. 04.さよならシャンプー
    6. 05.ヒロイン
    7. 06.のらりくらり
    8. 07.連れ去ってサラブレッド
    9. 08.メトロポリタン
    10. 09.癖
    11. 10.Oyasumi Tokyo
    12. 11.深夜2時とハイボール
    13. 12.ドリー
    【ENCORE】
    1. 01.憧れとレモンサワー
    2. 02.B

お知らせ

■ライブ情報

●なきごと
なきごと 自主企画「鳴言」 vol.2
2020/01/26(日) 東京 渋谷eggman
※ゲスト後日発表

------------

ツタロックDIG“LIVE!!”Vol.7
2019/12/11(水) 東京 渋谷TSUTAYA O-nest
w) シロとクロ/とけた電球

COUNTDOWN MOSAiC 2019→2020
2019/12/30(月)東京 下北沢MOSAiC
w) アイラヴミー/イロムク/ete/クジラ夜の街/白いアトリエ/南無阿部陀仏/西片梨帆/レイラ

FEEDWIT presents
『かさはまやらわ2020 東京編』

2020/01/10(金) 東京 下北沢SHELTER
w) FEEDWIT/Mr.ふぉるて

でらロックフェスティバル 前哨戦 “でら前夜祭"
2020/01/31(金) 愛知 名古屋RAD SEVEN

RAD CREATION presents
でらロックフェスティバル2020
powered by @FM

2020/02/01(土) 愛知 名古屋栄・新栄・大須ライブハウス20会場以上



●SAKANAMON
SAKANAMON 全国“着陸”ワンマンツアー
~君の街まで~

2020/03/28(土) 神奈川 横浜B.B.STREET
2020/03/29(日) 静岡 浜松LIVEHOUSE MESCALIN DRIVE
2020/04/03(金) 宮城 仙台enn2nd
2020/04/05(日) 北海道 札幌COLONY
2020/04/25(土) 愛知 名古屋APOLLO BASE
2020/04/26(日) 大阪 梅田Shangri-La
2020/04/28(火) 宮崎 floor R
2020/05/10(日) 新潟 GOLDEN PIGS BLACK
2020/05/16(土) 広島 BACK BEAT
2020/05/17(日) 福岡 INSA
2020/05/22(金) 東京 渋谷TSUTAYA O-EAST

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る