前へ

次へ

Nulbarich、さいたまスーパーアリーナで開催された「Nulbarich ONE MAN LIVE -A STORY-」

Nulbarich | 2019.12.16

 武道館から1年後、彼らは遂にここまで来た。2019年12月1日、さいたまスーパーアリーナ。JQいわく「広く遠くまで届けられる音を」(アルバム・インタビューより)目指した最新作『2ND GALAXY』の世界観を、生で体感できる特別な時間。開演前のスクリーンで、JQがしゃべってる。「今のNulbarichから次のNulbarichへ。次の野望を手に入れるためのライブ。中途半端な気持ちではできない」――声は穏やかだが、気迫は満点。18:00、場内暗転。さあ〈Nulbarich ONE MAN LIVE -A STORY-〉の開幕だ。

 七色に変光する無数のバルーン、ステージの縁を走る光の帯。バンドが強烈なグランジ・ロックのインストを奏で、オーディエンス全員に配られたリストバンドが発光する、オープニングはまるで壮大な光のページェント。1曲目は『2ND GALAXY』の中から、スペイシーな浮遊感とサイケデリックな多幸感みなぎる「Rock Me Now」だ。JQが「Are you Redy!What’s Up!」と叫ぶが、スポットは当たらない。主役は音楽、と言いたいんだろう。スクリーンには色鮮やかな幾何学模様が流れ、ステージ上空では不思議な光の粒がオーロラのようにうねる。ハード・ロッキンなダンス・チューン「Zero Gravity」から「Focus On Me」へ、ドラムとパーカッションを含む7人編成のバンドは非常にファット、タイト、そしてワイルド。ラウドなエレクトリック・ギターを筆頭に、Nulbarichとしか名付けようのないミクスチャー・サウンドを、一丸となって奏でてる。

 「ain’t on the map yet 6 It’s Who We Are」で、ようやくステージが明るくなった。JQはベースボール・ジャケットにゆったりパンツ、まるで普段着のようなラフなスタイル。フロアに突き出した花道へゆっくりと歩を進め、「It’s Who We Are」へ。ハッピーなディスコ/ファンク調の強烈なビートがフロアを揺るがす。踊れるビート、キャッチーなメロディ、ソフトなボーカル、しかしどの曲でも歪み切った爆裂ギター・ソロがにらみを利かす。Nulbarichのライブは、音源よりもずっとロックで生々しい音圧を持って迫ってくる。

「はじめまして。Nulbarichと申します。ここでやるのは初めてです。でかいよと言われてたけど…でかいわ」

 飄々としたしゃべりはいつものJQ、大会場でもまるで変わらない。続く「SESSION」と題した即興曲では、JQがサンプラーを叩き、ビートと声ネタをループさせる。それに合わせてバンドが曲を組み上げてゆく。メンバーが二組に分かれ、ハードとメロウのグルーヴ・バトルを繰り広げる、スリリングなシーンは圧巻のひとこと。凄い。メンバーのプロフィールは謎のままだが、ヤバい奴らが集まっていることは一聴瞭然だ。

 JQがアカペラで伸びやかなメロディを歌い出す、曲は「NEW ERA」。続けて「Kiss Me」「Sweet and Sour」と、ハッピーなR&Bチューン、心地よいヒップホップ・ビート、そしてゴスペルライクなソウル・ナンバーが並ぶ。ライトは虹色から、ぬくもりのあるイエローへ。ここがNulbarichの音楽の、たぶん一番あたたかくて優しい場所。歌い終えたJQが、「幸せな気分になったね」とつぶやく。ここが巨大なアリーナであることを忘れさせる、一対一で音楽が届く瞬間。

 ぶわーってやつ、いこうか。らしい言い回しで紹介したのは、EDMの高揚感溢れるダンス・チューン「Kiss You Back」。無数のレーザー・ビームが空間を串刺し、強烈なストロボで目が眩む。「Ordinary」から「Follow Me」へ、ミドル/アップの踊れるビートを連ねてぐんぐん加速。大きく左右に手を振りながら体を揺らす、オーディエンスの一体感。そして「Look Up」では、巨大なミラーボールから流星雨のように光がこぼれる壮大なシーンが見られた。アリーナならではのスケールの大きな演出が、さらなる高揚感を煽り立てる。

「僕たちが購入した片道切符、どこへ行くのか、僕たちもわかりませんが、この列車、止まるまで見てみたいでしょ?」

 ここまで連れて来てくれてありがとう。夢は語るもんです。証明してます。――何の飾りもない本音MCがじんわり沁みる。話したいこといっぱいあるけど、だいたい事故っちゃうから歌っちゃう。――はにかむように、はぐらかす様もJQらしい。メランコリックなピアノと、どっしりと重いビートが交錯する「Almost There」から、アコースティック・ギターをフィーチャーしたロック・チューン「Silent Wonderland」へ。じわじわと高まる熱が頂点に達したのは、映画『HELLO WORLD』主題歌になったバラード「Lost Gameだった。スクリーンに浮かぶ青い地球、リストバンドから放たれる白い光、大量のレーザー・ビームが作り出す広大な空間に響き渡る、ドラマチックなサウンドと哀しいほどに美しいメロディ。歌詞ではネガティブな感情を吐き出す曲だが、そのすべてを浄化する光と音の壮大なシンフォニー。これが見たかった。JQが「果てた」とつぶやく。間違いなく、この日最高の名シーン。

「先に言っとく、気を付けて帰ってね。じゃあ、クライマックスへご招待しましょう」

 重厚でファンキーな「Get Ready」を歌い終えたJQが、オーディエンスに感謝を告げる。淡々、飄々、無駄を省いた言葉に性格が出る。全ては音楽の中にある。「VOICE」では、この日初めてメンバーの全身がスクリーンに映し出された。「終わりたくねーなー」とJQが叫ぶ。それはこっちのセリフだ。「Twilight」から「Super Sonic」へ、とことんお洒落な音像と、しかしどこか猥雑でカオスなムードと、スーパーアリーナが巨大なディスコティックと化す。

「長かったようであっという間だったな。やっぱ、でけーな。でも、この人数が一個になったらヤバそうじゃん? いーすか?」

 ストンプ、ストンプ、クラップ。強力なビートに合わせて湧き上がる、アリーナいっぱいのクラップ。リストバンドの光が揺れる中、ラスト・チューンは「Stop Us Dreaming」だった。スクリーンに映るJQが笑ってる。吹き出しを付けるなら「楽しい!」という感じ。空から降ってきた大量の風船と、溢れ出すライトの海。花道に座り込んでバンドを見ている、JQは特等席でこの絶景を楽しんでる。Nulbarichという彼の夢が、一つの現実になったグランド・フィナーレ。

「また会いましょう。ありがとうございました」

 全ての音とライトが消えても、JQはステージにいた。万雷の拍手を、かみしめるように味わっていた。アンコールは無し。とことんショー・アップされた大会場でのエンタテインメントでありつつ、予定調和からはみ出す自然体、これがNulbarichのライブ。

 ただ曲がかっこいいだけで、ただ歌が心地よいだけで、これだけの人は集まらないだろう。その中心にあるのは、JQが体現する純粋なアーティストの生きざまと、飾りのない人間くささ。〈Nulbarich ONE MAN LIVE -A STORY-〉、これにて閉幕。しかし物語は続いてゆく。Nulbarichと並走できる喜びを実感する、素晴らしい2時間のマインド・トリップだった。

【取材・文:宮本英夫】
【撮影:岸田 哲平・本田裕二】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル Nulbarich

リリース情報

2ND GALAXY

2ND GALAXY

2019年11月06日

ビクターエンタテインメント

01.Intro
02.Twilight
03.Look Up
04.Kiss Me
05.Get Ready
06.Rock Me Now
07.Lost Game
08.Outro

セットリスト

Nulbarich ONE MAN LIVE -A STORY-
2019.12.1@さいたまスーパーアリーナ

  1. 01.Rock Me Now
  2. 02.Zero Gravity
  3. 03.Focus On Me
  4. 04.Lipstick
  5. 05.ain’t on the map yet
  6. 06.It’s Who We Are
  7. 07.SESSION
  8. 08.NEW ERA
  9. 09.Kiss Me
  10. 10.Sweet and Sour
  11. 11.Kiss You Back
  12. 12.Ordinary
  13. 13.Follow Me
  14. 14.Look Up
  15. 15.Almost There
  16. 16.Silent Wonderland
  17. 17.Lost Game
  18. 18.Get Ready
  19. 19.VOICE
  20. 20.Twilight
  21. 21.Super Sonic
  22. 22.Stop Us Dreaming

お知らせ

■ライブ情報

FM802 30PARTY FM802 ROCK FESTIVAL
RADIO CRAZY 2019

12/27(金) インテックス大阪

rockin’on presents
COUNTDOWN JAPAN 19/20

12/29(日) 幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イべントホール

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る