15ヶ国語の「笑」が意味するものとは?高橋優 新曲特設サイトオープン!

高橋優 | 2011.02.10

東京メトロのCM曲でお馴染みのシンガーシングライター高橋優。彼の待望のニューシングル「福笑い/現実という名の怪物と戦う者たち」が、2月23日にリリースされ、それに先駆け、2月9日から「福笑い」の着うたフル(R)のレコチョク独占先行配信がスタートする。

この曲は、2010年元旦に公開生放送されたTOKYO FM元旦特番「風とロック NEW YEAR FES 渋谷」の中で誕生した曲。パーソナリティは箭内道彦氏、ゲストに高橋優を迎えたこの番組内で、"世界を変えるためにあなたは何をしますか?"というメッセージを募集したところ、たくさんのメールやFAXが寄せられた。

その中の1通のメール「世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔」という言葉に刺激を受けた高橋優が、その言葉をモチーフに同番組内で作曲。その場で誕生したという逸話を持つのが、この「福笑い」だ。現在、レコチョクで「福笑い」の着うたフル(R)をダウンロードされた方を対象に、東京・大阪開催の「弾き語りライブ“胡座Vol.2”」各5名様応募招待企画も実施中。

ぜひ話題の曲を一足先に手に入れてみてはいかがだろうか。

また、9日より、この新曲「福笑い」の特設サイトが下記のURLでオープン。

2月9日=福の日ということにあやかって公開されたサイトでは、 15ヶ国語による「笑」を意味する文字が浮かび上がってくるのみとなっており、それ以上は全くの謎に包まれている。 ただ、曲のテーマである「きっとこの世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う」から、今後世界規模での展開が用意されているのではないか?との憶測も飛んでおり、今後の動向は要チェックだ。

tag一覧 シングル 男性ボーカル 高橋優

トップに戻る