ドット写真家とネオ漫画家によるMONOBRIGHTの新ビジュアル完成

MONOBRIGHT | 2011.04.01

ヒダカトオル(ex-BEAT CRUSADERS)加入後、“5人体制”で初めてとなるアルバム『ACME』(アクメ=絶頂/4th) を5/11にリリースするMONOBRIGHT。 音もさることながら、ミュージック・ビデオ、ジャケット・デザインなど、ヴィジュアル面でもお騒がせな彼らが、『ACME』のジャケット写真と新しいアーティスト写真を公開した。

アーティスト写真は日本ロック界になくてはならない、水玉柄をこよなく愛するドット写真家”橋本 塁”氏

http://www.ruihashimoto.com/によるモノ。5人の付ける腕章がドット柄なのは、橋本塁氏の陰謀か、それともただの偶然か。

ジャケット写真は、“シンプル”にそして良く見ると“ダイナミック”に、ACME=絶頂を表現! その絶頂感を演出するのが、未来的な景観、スタイリッシュな人物、疾走感溢れるコマ展開― 独特の表現で、日本はもとより世界中で高い評価を得るネオ漫画家”横山裕一”氏http://www.matiere.org/yokoyama_jp.htmlの イラストによるもの。

「POPは五感で感じるMONO!POPの伝道師(自称)、MONOBRIGHTは視覚でも死角なし」と公言する彼ら。ジャケット写真も、新アーティスト写真も、ACME=絶頂への後押しは盤石だ。


tag一覧 男性ボーカル MONOBRIGHT

トップに戻る