ゆず、新曲 2 作がドラマ『僕のいた時間』挿入歌&イメージソングに決定!

ゆず | 2014.01.01

ゆずの新曲「よろこびのうた」「素顔のままで」の2楽曲が、2014年1月8日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『僕のいた時間』(毎週水曜22:00~)の挿入歌およびイメージソングにそれぞれ決定した。

三浦春馬が主演を務めるこのドラマは、生きる目的を漠然としか考えていなかった若者・澤田拓人(三浦)が、筋肉が徐々に衰えて呼吸困難に陥ってしまう病気ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患い、自分の余命がわずかだと知ったなかで、残された人生を模索していくという物語。ヒロインの本郷恵を多部未華子が、拓人の兄貴的存在でもある先輩の向井繁之役を斎藤工が、恵の友達である村山陽菜役を山本美月が務める。

岩沢厚治が作詞・作曲を務めた「よろこびのうた」は、温もり溢れるギターアルペジオから幕を開ける、全編がアコースティックギターと弦楽四重奏によって構成されたミディアムバラード。痛みを伴いながらも、わずかな願いを想い綴られた優しい歌詞と柔らかなサウンドが、劇中の登場人物たちをそっと包み込む。

「素顔のままで」は、北川悠仁が作詞・作曲を手がけたラブバラード。生きていくうえで避けて通れない悲しみ、儚さを含みながらも、北川と岩沢による絶妙なハーモニー、ミディアムテンポながら展開ごとに表情を変えるメロディが、聴く人の心に寄り添い背中を押していく。

学生時代から大のゆずファンだった三浦は、今回の挿入歌&イメージソング起用に「自分が携わる作品で、中学生の頃からずっと好きだったアーティスト、ゆずさんの楽曲をお借り出来、本当に嬉しく思います。いつか実現すれば…と一つの目標にしていましたので、また自分の夢が形になり、身震いを覚える程でした」とコメント。これまでゆずとは、2008年リリースの「うまく言えない」ミュージックビデオ出演や番組対談などの縁があった三浦。今回のコラボレーションには感無量の様子だ。

挿入歌の「よろこびのうた」は、ドラマ初回放送にて初オンエア。また、オンエア後には、レコチョクをはじめ各配信サイトにて早くもフルサイズの先行配信がスタートする。

■「よろこびのうた」についてのコメント
ドラマの台本を何度も読ませていただき、主人公とヒロインの2人が刻んでゆく大切な時間に寄り添えるような曲をイメージして制作に取り組みました。悲しい現実を受け入れながらも、決して明るい未来を絶やさぬよう、アコースティックギターと弦楽四重奏で、そっと包み込むような、温かみあるサウンドを意識しました。聴いてくださる皆さんが“よろこび”を感じてもらえたらとても嬉しいです。(岩沢厚治)

■「素顔のままで」についてのコメント
アルバム制作中に生まれたこの楽曲を、ドラマのイメージソングとして使っていただきとても嬉しく思います。ラブソングでありながら“儚さや悲しみ”をテーマに作りました。この曲で『僕のいた時間』に登場する人たちの日々にそっと寄り添うことができたらと思います。(北川悠仁)

リリース情報

表裏一体【ゆず Ver.】

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

表裏一体【ゆず Ver.】

発売日: 2013年12月25日

価格: ¥ 858(本体)+税

レーベル: セーニャ・アンド・カンパニー

収録曲

1. 表裏一体
2. 値札

リリース情報

タイトル未定【初回限定盤】

タイトル未定【初回限定盤】

発売日: 2014年02月19日

価格: ¥ 2,858(本体)+税

レーベル: セーニャ・アンド・カンパニー

収録曲

・友 ~旅立ちの時~
・雨のち晴レルヤ
・守ってあげたい
・表裏一体
・ヒカレ
含む全14曲収録予定

関連記事

スペシャル RSS

もっと見る

トップに戻る