26,000人VSひとり!星野源、2度目の武道館ワンマンはセンターステージ弾き語りソロライブ!

星野 源 | 2015.08.14

 今年5月にリリースしたシングル『SUN』がパッケージ、配信ともにチャートを席巻、まさに今年の春夏を代表する大ヒットを記録中の星野源。この夏も野外フェスやイベントへの出演など、精力的な活動を展開する中、8月12、13日本武道館公演『星野源のひとりエッジ in 武道館』が開催された。

 2014年に復活ライブを行った日本武道館で、自身2度目となるワンマンは弾き語りを中心とした完全ソロライブ。センターステージで各日超満員の観客が360°ステージを取り囲む。1日13,000人、2日間で26,000人の動員!「今もっともチケットが取れないアーティスト」といわれるとおり、チケットは即日ソールドアウトし、大争奪戦となった。

 今回のライブは「BUDOKAN」(通常の弾き語りパート)、「ROOM」(星野の一人ぐらしの部屋をイメージしたステージセットが組まれたゆったりしたパート)、「RHYTHM」(ラジカセから流れるリズム、ステージ上に用意されたドラムをステージ上で簡易にレコーディングし、そのリズムとともにパフォーマンスをおこなうなど“リズム”を取り込んだパート)の3ブロックとアンコールにわかれており、単なる弾き語りとは一味もふた味も違う、エンターテイメント要素たっぷりのパフォーマンスで、両日とも、アンコールを含め、全23曲、3時間近いステージを展開した。

 弾き語りスタイルながら、圧倒的な存在感とパフォーマンスで観客を魅了した星野源。
 途中途中で少しゆるくて、面白い、星野節全開のMCでも会場を盛り上げる。ひときわ盛り上がったのが、今年出演したROCK IN JAPAN FESでの大トリ、FUJI ROCK FESのGREEN STAGE(会場最大のステージ)などでも、恒例となった「“GEN”コール」。「せーの!」に合わせ、13,000人の「“GEN”コール」にステージ上で満面の笑みで大喜びするシーンも。

 第二幕の「ROOM」パートでは「ひとりでさみしいなあ」とつぶやく星野にこたえるように、各日トークゲストがサプライズ登場、突然のゲスト初日はドラマでも共演経験もある、神木隆之介さんが登場、そして2日目にはイベントでの共演以来親交がある、Perfume・かしゆかさんが登場、どちらも仲のいい友人ということで、ステージ上で13,000人の前とは思えないようなまったりしたトークを展開。

 本編終了後、アンコールが起こる中、ステージについに“あの男”、ニセ明が現れる。いつもどおり圧倒的(?)な世界観で「君は薔薇より美しい」を熱唱!会場を盛り上げる。
 その後、ステージ上でまさかの生着替えを敢行し、アンコールラストに『SUN』を披露。紙ふぶきが舞う中、今年の春夏を代表するこの楽曲で充実の2日間は大団円を迎えた。


星野 源 - SUN【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

リリース情報

SUN(初回限定盤)[CD+DVD+スリーブケース]

SUN(初回限定盤)[CD+DVD+スリーブケース]

発売日: 2015年05月27日

価格: ¥ 1,800(本体)+税

レーベル: ビクターエンタテインメント

収録曲

[CD]
1. SUN
2. Moon Sick
3. いち に さん
4. マッドメン (House ver.)

[DVD]
『SUN Disc』収録内容 
・特別番組「その後のニセ明」
・Recメイキング 「いち に さん」
・厳選ライブ「ビクターロック祭り2015」
・星野源によるオーディオコメンタリー付

トップに戻る