レビュー

藍坊主 | 2011.12.09

シンバルの一撃を聴くと、なんか鼓舞される。そして生命力を与えられる。加え、肝心な一拍がくるのをじっと待っている覚悟に満ちたその姿は、明日という光を信じて疑わない、今に翻弄されながらもしっかりと生きていく、僕やあなたの姿とどこかダブる。

 そこが直接的に歌われているわけではないが、なんとなくその辺りが真意なのではないのか? と感じさせる藍坊主のニューシングル「生命のシンバル」。ドライブ感と疾走感を持って、焦りと葛藤、矛盾、希望、しかし、それらをも超えて、何かを信じて明日を生きて行かなくてはならない、我々の気持ちを代弁してくれるナンバーだ。彼らの真骨頂とも言えるラストに向かうに連れ疾走度を上げていくバンドサウンドと、琴線に触れっぱなしのストリングスが、何もかもを巻き込み、聴き終えた者に、どこかすっきりとした開放感を与えてくれる。その様は、まるで生命の源でも追い求めているかのようだ。

 そしてM-2には、グロッケンが踊り回るカウパンクなナンバー「ワンダーランドのワンダーソング」を収録。牧歌的で軽快なサウンドの中、禅問答のような答えの出せない問いや秘めたものを吹き出させながらも、それでも笑いながら生きて行く力強い生命力を、あえて聴き易い伝え方にしているところも秀逸だ。

 そして、初回限定のボーナストラックには元々スケール感を持つ彼らの音楽性が更に広がった、今夏武道館にて行われたライヴの音源を収録。ストリングスも加わった、ゴージャスで臨場感が溢れている同音源。ラストのボーカルのホジーの観客へのメッセージが、実に彼らの本質を伝えているようで、ますます藍坊主が好きになることまちがいなしだ。

【 文:池田スカオ和宏 】

tag一覧 シングル 男性ボーカル 藍坊主

リリース情報

生命のシンバル

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

生命のシンバル

発売日: 2011年12月07日

価格: ¥ 1,200(本体)+税

レーベル: トイズファクトリー

収録曲

1. 生命のシンバル
2. ワンダーランドのワンダーソング
3. 星のすみか (Live Take) (藍空大音楽祭 ~the very best of aobozu~ (2011.05.06@日本武道館))
4. セブンスター (Live Take) (藍空大音楽祭 ~the very best of aobozu~ (2011.05.06@日本武道館))
5. 伝言 (Live Take) (藍空大音楽祭 ~the very best of aobozu~ (2011.05.06@日本武道館))
6. 忘れないで (Live Take) (藍空大音楽祭 ~the very best of aobozu~ (2011.05.06@日本武道館))

リリース情報

藍空大音楽祭 ~the very best of aobozu~ at 日本武道館

このアルバムを購入

藍空大音楽祭 ~the very best of aobozu~ at 日本武道館

発売日: 2011年12月07日

価格: ¥ 4,286(本体)+税

レーベル: トイズファクトリー

収録曲

1. ハローグッバイ
2. ラストソング
3. ガーゼ
4. 鞄の中、心の中
5. 春風
6. 僕と同じ
7. 桜の足あと
8. シータムン
9. あさやけのうた
10. すべては僕の中に、すべては心の中に
11. 雨の強い日に
12. ジムノぺディック
13. 瞼の裏には
14. ウズラ
15. 星のすみか
16. セブンスター
17. 伝言
18. EN. 涙が滲む理由(新曲)
19. 忘れないで
20. マザー
21. スプーン

ビデオコメント

トップに戻る