レビュー

絢香 | 2012.02.01

成長した部分と変わらないところ。今まで知らなかった面や拭っても拭い切れなさも詰め込んだ、そんなアルバムがこの絢香の復活第一弾二ューアルバム『The beginning』だと思う。
自身のレーベル「A stAtion Inc.」を立ち上げ、その第一弾にして、彼女初のセルフプロデュース作品でもある今作は、これまで以上の祈り、願い、誓い、訴えが各歌に込められ、聴く者に伝えられている。


収録している各曲は、ざっとこんな感じだ。
これまでの心情と今、そして、これからの彼女の所信を感じさせる「はじまりのとき」。彼女のキラキラとした新しい才能を弾けさせるかのようなギターロック的な「Hello」。大きな人生のサイクルの反面、どこかノスタルジックな気分も有した「アカイソラ」。自身のハーモニーと音数少ないサウンドの中、”これを信じて私は生きていく”とも響く「The beginning」。がっしりとしたロックサウンドの上、”自分に負けない心を胸に刻み歩き出す”と力強く歌われる「HIKARI」。ピアノのみをバックに、しっとりと振り返りながらも、先へと想いを馳せさせる「空よお願い」。ライヴでは大合唱も起こりそうな、カントリーフレーバーな牧歌的サウンドの「繋がる心」、Ayaka Bandをバックにスリリングな面を味あわせてくれる「THIS IS THE TIME」、スイートホーム感たっぷりに、聴く者の心を温かくさせる「そこまで歩いていくよ」、"さぁ、自分だったらここに何を書こう"と、前向き、明日向きな気分になってくる「笑顔のキャンパス」、彼女としては珍しい4つ打ちの「Magic Mind」、伸びやかでダイナミックなサウンドに乗り、心からのありがとうが溢れる「キミへ」、これからも一歩一歩、力強く歩んで行く決意表明にも映る「やさしい蒼」の全13曲。

ここで意外だったのは、彼女の復帰作がシングルではなく、いきなりアルバムからであったこと。だが、その辺りも今作を聴いて明白になった。復活からこの2年。彼女には、歌いたいこと、伝えたいこと、訴えたいこと、聴いてもらいたいことが沢山あったのだ。それを新曲1曲で、「はい、これで」では、とても表わし切れなかったからにちがいない。
そう言えば、彼女の1stアルバムは、『Message』だったっけ?だとしたら、今作は彼女の『(New)The beginning』にして『2nd Message」に当たるのかもしれない。聴きながら、何度もそう思った。


【文:池田スカオ和宏】

tag一覧 アルバム 女性ボーカル 絢香

リリース情報

The beginning(初回生産限定盤)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

The beginning(初回生産限定盤)

発売日: 2012年02月01日

価格: ¥ 3,800(本体)+税

レーベル: A stAtion

収録曲

ディスク:1
1. はじまりのとき
2. Hello
3. アカイソラ
4. The beginning
5. HIKARI
6. 空よお願い
7. 繋がる心
8. THIS IS THE TIME
9. そこまで歩いていくよ
10. 笑顔のキャンバス
11. Magic Mind
12. キミへ
13. やさしい蒼
ディスク:2
1. はじまりのとき (MUSIC VIDEO)
2. MUSIC VIDEOメイキング映像

トップに戻る