レビュー

EMTG MUSIC “Coming Up Artist 2012” | 2012.02.06

 2010年12月にEMTG MUSIC Fes.2010@さいたまスーパーアリーナをきっかけにオープンした音楽ポータルサイト「EMTG MUSIC」も1年が経ち、今年2年目を迎えました。
 2011年は、3月11日の東日本大震災を経て、日本の音楽シーンも激動の1年間だったかと思います。その中で、「EMTG MUSIC」では、“音楽で日本を元気にしよう!!”という思いが込めてライブ活動をしているアーティストを中心に数多くの取材を重ねてきました。
 そして、2012年を迎え、“今年さらなる活躍が期待されるアーティスト”を「Coming Up Artist 2012」として選出し、今後もその活動に注目していきたいと思います。
2011年に取材したインタビュー、ライブレポート、動画インタビューを今一度ふりかえってみて、アーティストの可能性を感じてみてください。
EMTG MUSIC編集部

男性ソロアーティスト部門
秦

秦 基博
2011年、デビュー5周年を迎え、バンドを携えたスタイル、そして“GREEN MIND”という弾き語りのスタイルで、2度の日本武道館公演を大成功に収めた秦 基博。名実とも、音楽シーン屈指のシンガー・ソング・ライターに成長した才能の今後に、さらなる期待が募る。

星野

星野 源
インストバンド “SAKEROCK”のリーダーとして活躍してきたが、歌を聴いてビックリ。洗練されたコードワークと表情豊かな声で、いきなり実力派としてシーンに浮上した。歌詞に独自性があり、注目の才能だ。

高橋

高橋 優
NYでの路上ライヴ。3枚のシングルと待望の1stアルバムの発表。それらを直に届けた2回の全国ツアーの成功と、2011年は更に多くの人に響いた高橋優の唄。今春には全国ホールツアーも敢行。今年も「リアルタイムシンガーソングライター」の活躍に期待は高まる。

■EMTG Stream 動画■ シングル「福笑い/現実という名の怪物と戦う者たち」 2011/02/28掲載

女性ソロアーティスト部門
miwa

miwa
フェイバリット・アーティストにキャロル・キングをあげる、シンガー・ソング・ライター。音楽への好奇心と探求心を武器に、リリース、ライヴと、精力的に活動を展開。2011年は、バンド、アコースティックと、2つのライヴスタイルを定着させた。ラジオのパーソナリティーも好評。3月14日に2ndアルバムのリリース、5月からは初のホールツアーも発表になり、2012年さらに活躍の場を広げる予感大!

阿部

阿部真央
20代前半の世代ナンバーワンの歌唱力を武器に力強く駆け上がってきたが、昨年、喉のトラブルのため小休止。 だが今後の大活躍を考えると、歌を見つめ直すチャンスだった。パワーアップした阿部の真価が今年、爆発する。

JASMINE

JASMINE
独特の視点を持つ、感性豊かな女性アーティスト。作品に対しては繊細な一面を持ちながら、ティーン誌の連載では、読者の悩みに的確なアドバイスを出す、冷静かつ頼りになる一面も。そんな多面体的な魅力が、個性になりつつある。2012年、次なる作品のリリースが待たれる1人だ。


男性バンド部門
SPYAIR

SPYAIR
去年、念願だった日比谷野外音楽堂でのライヴをソールドアウトさせ、大成功に収めた5人組。圧倒的なボーカル力、ラウド・ロックをベイスにしたアグレッシヴなライヴ・パフォーマンスで、ネクスト・ブレイクNo.1候補とも。3月の新曲、春からの全国ツアーに期待が募る。当サイト内で連載「U1&UZの音楽年表」も大好評更新中!

■ピックアップ■ シングル「Last Moment」 2010/12/17掲載
WEAVER

WEAVER
ピアノ、ベース、ドラムの3ピースバンド。日々感じる感情を、キラキラのメロディーでコーティングするのが彼らの武器。今年は原点を見つめ直し、初のライブハウスツアーを行うという。繊細さに逞しさが加われば、さらなる飛躍が期待できそうだ。

back number

back number
昨春デビュー。切ない歌世界と、それを断ち切るが如く発する力強いメロディとサウンドにて、人気急上昇中の彼ら。結果、年末発表の1stアルバムは、チャート4位の快挙に結実した。今春には新曲も発売。今年も彼らの歌は我々の心を代弁してくれる。

plenty

plenty
解放感を手にした新曲群と共に、より広がりを持てた、昨年のplenty。メンバー脱退を経るも、力強い健在を魅せた秋の全国ツアーや「Sound Film Track」の新表現形態は、彼らの次を明示した。間もなくのニューアルバムと全国ツアーによる更なる広がりが楽しみだ。


女性(ボーカル)バンド部門
ねごと

ねごと
初作品のリリース以降、シーンで注目を集め続ける4人組ガールズバンド。2011年のシングル「カロン」は、独特のイノセントな世界感で、スマッシュヒット。一躍その名は全国区となった。精力的にライヴ活動を展開し、ソロのスキルも向上。2012年も、4月の新曲、5月の東名阪ワンマンなど、活動の幅を広げ続ける予感。

FLiP

FLiP
沖縄出身の4人組ガールズバンド。自分達の中にある“理想のバンド像”を目指し、ライヴを中心に展開した2011年。その中で培ったバンドとしての筋力が自信となり、新境地となったのが2012年2月発売の新曲「ワンダーランド」。メジャーコードに挑戦したこの意欲作で、バンドとしての広がりを目指す。

7!!

7!!
昨年デビューした7!!は、沖縄出身の男女混合バンド。キュンとする青春ラブソングが持ち味。どこか懐かしさを感じさせるキャッチーなメロとビタ ミン剤的な元気サウンドは大衆性も高い。2012年、キッカケ次第で一気にファン層が拡大するかも。

■EMTG Stream 動画■ シングル「フォーリン・ラブ」 2011/04/26掲載

ユニット部門
FUNKY MONKEY BABYS

FUNKY MONKEY BABYS
歌やライヴを通し、被災地のみならず全国に力と勇気を与えたファンモン。昨年末発売のニューアルバムも初登場1位を記録。現在最大規模のアリーナツアー中の彼らは、2月に新曲を発表。今年も多くの元気を我々に与えてくれそうだ。

moumoon

moumoon
フワリとした歌声が魅力のボーカル・YUKAとハイセンスなトラックメーカーでギターのKOSUKE MASAKI からなるユニット。オシャカワ(オシャレ&カワイイ)なサウンドでチャートをにぎわす存在。今年は初のホールツアーも決定して勢いに乗る。

ソナーポケット

ソナーポケット
配信チャートでは1位を連発。徹底して飾らないラブソングを歌い続けてきたソナーポケット。昨年秋は積極的に学祭ツアーなどに参加。ライブにも磨 きをかけてきた。メンバー3人のキャラのよさも魅力なだけに、ライブの成長が大きなカギになりそうだ。

ビデオコメント

SPYAIR 受賞コメント

受賞コメント

高橋優

FLiP

トップに戻る