レビュー

ドレスコーズ | 2014.09.26

 この春、キングレコードに移籍にしたドレスコーズが遂に移籍後第1弾作品として、5曲入りのEP『Hippies E.P.』をリリースした。今作のテーマは、実は早くからアナウンスされていて、ずばり「ダンスミュージックの解放」だという。しかし、そもそも一言でダンスミュージックと言っても様々なアプローチがある。今回の5曲は、まったくバラバラのやり方でダンスミュージックを多面的に表現した。ホーンセクションを絡めたビッグバンド風の「ヒッピーズ」をはじめ、菅大智(Dr)の高速ビートに唸るハードコアなテクノ「ドゥー・ダー・ダムン・ディスコ」や、日本語ラップ曲「メロディ」、そしてアンビエントなテクノ~ハウスナンバー「若者たち」など、生半可にロックと融合することもなく、かなり本気でダンスミュージックに向き合った作品になっている。聴けば、「えっ、これがドレスコーズ?」と耳を疑ってしまうほど、バンドにとって革新的な1枚だ。そういう意味では、ロックの純然たる信奉者ゆえに、ある種ロックに縛られていたドレスコーズが、その呪縛から“解放”された作品とも言えるのかもしれない。

 そして、この1st EP『Hippies E.P』のリリース日に、なんとドレスコーズは現体制での活動を休止することを発表した。オフィシャルサイトには「今、……具体的に理由を説明する言葉をぼくは持ちません」という、志磨遼平(Vo)の声明が掲載され、そこには、この結論しか選べなかったことへの苦悩と、何よりも強い自責の想いが書かれている。

 正直に言えば、彼らのこの先をもっと見たかった。が、バンドマンは自由な生き物。その意志を止めることは誰もできない。発表によると、制作中のアルバムも、志磨ひとりで12月のリリースを目指して作り続けるそうだ。

 解放された志磨遼平が一体どんな作品を生み出すのか、待ちたい。

【文:秦理絵】

tag一覧 シングル 男性ボーカル ドレスコーズ

リリース情報

Hippies E.P.

このアルバムを購入

Hippies E.P.

発売日: 2014年09月24日

価格: ¥ 1,650(本体)+税

レーベル: EVIL LINE RECORDS

収録曲

1. ヒッピーズ
2. ドゥー・ダー・ダムン・ディスコ
3. GHOST
4. メロディ
5. 若者たち

トップに戻る