レビュー

indigo la End | 2015.09.10

 indigo la Endが早くも両A面となる4thシングル「雫に恋して / 忘れて花束」をリリースする。前作「悲しくなる前に」からは3ヵ月ぶり。バンド単体で見ればコンスタントなペースで作品を世に送り出しているようにも見えるが、ボーカルの川谷絵音(Vo・G)がゲスの極み乙女。という別バンドのキーマンでもあり、同じようにリリース、ワンマンライブ、フェス出演を繰り広げていることを考えると、これは驚異的なスピード感だ。

 indigo la Endにとって今作は、ドラムの佐藤栄太郎が正式メンバーとなった初の全国ツアー「ナツヨのマジック」を終えて、よりバンドの絆を強固にしたタイミングでの新作。「雫に恋して」は、そのツアーでも初披露されたナンバーで、《雨ざらしの古いバス停で》という歌い出しから、一瞬にしてその寂しげな風景が目の前に広がっていく。頬を伝うのは、雨粒なのか、涙なのか。絵音が紡ぐ切ないメロディが問いかけてくる。

 両A面のもう1曲「忘れて花束」は、すれ違い、決して噛み合うことのなかったふたりの運命の歯車を象徴するように、次々と様相を変えるサウンドが印象的なナンバー。《交差してはいつのまにか逆に振れてしまう》と、皮肉なめぐり合わせが生んだ寂しい後悔が、間奏で掻き鳴らされるエモーショナルなバンドサウンドと、静謐なコーラスワークによって映し出されていく。indigo la Endの表現の中心にいつもある喪失のラブソング。なかでも、この「忘れて花束」という曲に宿る、破滅的なまでの美しさには耳を奪われてしまった。

 さらに、カップリングには、鍵盤をフィーチャーした大人っぽいグルーヴにのせて、夢と現(うつつ)が交錯するような浮遊感漂う歌詞を、優しいボーカルで紡いだ「夢のあとから」を収録。まさに、バンドが盤石の体制となったいまこのタイミングで、3曲共にまったく異なる雰囲気の楽曲を収めたindigo la Endのニューシングル。このバンドが突き進む道はますます普遍的で揺るぎないものになっていくだろう。

【文:秦理絵】

tag一覧 シングル 男性ボーカル indigo la End

リリース情報

雫に恋して/忘れて花束

雫に恋して/忘れて花束

発売日: 2015年09月16日

価格: ¥ 1,200(本体)+税

レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン

収録曲

1. 雫に恋して
2. 忘れて花束
3. 夢のあとから

トップに戻る