レビュー

高橋優 | 2016.03.09

連載 第112週
高橋優
「さくらのうた」


高橋優は「さくらのうた」を早くみんなに聴いて欲しいとひたすら思っていたに違いない

 やりたい放題、しかもハイクオリティのシングルだ。タイアップ曲「クラクション」を差し置いて、タイトル曲とした「さくらのうた」は高橋優史上、最高にロマンティックなシーズンソング。またラストを飾る「メガネが割れそう」は亀田誠治との深い絆で結ばれた“メガネツインズ”名義でのパフォーマンスだ。聴いて欲しい曲が書けている自信と、やりたいことにあふれているアーティスト・スピリットが、今の高橋のコン ディションの良さを表わしていて頼もしい。

 「さくらのうた」は非常に攻撃的な構成を持っている。中低域の声を豊かに響かせて歌うAメロ、伸びやかなBメロ、非常に重みのあるCメロ、切なく畳みかけるDメロ。これだけ多くの種類のメロディが、イントロからたった1分半で一気に繰り出される。こんな贅沢な曲はあまり前例がない。しかも高橋自身が手掛けるアレンジ(池窪浩一との連名クレジット)も、ムダなくドラマティックに楽曲を盛り上げている。桜の下で再会を誓い合った仲間との思いを歌ったリリックも、とても高橋らしい。この時期に桜の歌を出すのは何か“狙い”があるのではと勘繰りたくなるが、「さくらのうた」の素晴らしい出来映えを聴くと、高橋が「この歌を早くみんなに聴いて欲しい」とひたすら思っていたに違いないと確信する。

 一方、ラストの「メガネが割れそう」は、高橋のアコース ティック・ギターと、亀田誠治のベースというシンプルな編成のラブソング。♪度入りのメガネで見てよ 反射防止で見つめ合おう♪というシャレたフレーズがあったり、亀田がベース・ソロを披露したり、追っかけコーラスをしたり、“音楽の遊び”に満ちた内容で楽しませてくれる。

 デビューして6年目の高橋は、どの歌にも“反骨精神”を含ませながら活動してきた。EDMの時代にアコギ1本で勝負を挑むその姿勢は、“孤高”と言っていい強さを持っている。

 そして今回の「さくらのうた」は、反骨と孤高とは少し異なるニュアンスがある。ポップな曲調は、より幅広いリスナーたちに受け入れられる可能性が高い。しかし僕は「さくらのうた」の中に、形を変えた高橋の反骨と孤高が息づいていると感じる。それはたとえばリリックの中のほんの小さなフレーズに潜んでいるように思う。あの震災から5年を迎える直前にリリースされることにも、意味があるように思う。

 今年の桜が咲く頃に、この歌はどこで流れているだろうか。 多くの人に聴かれることを望みたい。

【文:平山雄一】

tag一覧 シングル 男性ボーカル 高橋優

リリース情報

さくらのうた

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

さくらのうた

発売日: 2016年03月09日

価格: ¥ 1,200(本体)+税

レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン

収録曲

1.さくらのうた
2.運命の人
3.クラクション
4.メガネが割れそう /メガネツインズ(高橋優&亀田誠治)

スペシャル RSS

もっと見る

トップに戻る