レビュー

ザアザア | 2017.03.15

 圧倒的な演奏力と表現力でヴィジュアル系シーンに存在感を放つ、関西発の若手実力派バンド、ザアザア。ヴィジュアル系ファン・関係者からの注目度No.1の彼等が、結成3年目を迎える今、満を持して1stフルアルバムをリリース! “世界観”を重んじる同ジャンルの本質に問いかけ、更には“オリジナルフルアルバム”という形態の表現の限界に挑むような意欲作を放った。

「既に発表されている曲を脈絡なく入れる事で、アルバムの世界観を削ぎたくない」という強い意志の元、なんと収録楽曲は同アルバムの為に、“不幸”をテーマに全曲書き下ろし。異なる主人公が次々と登場して、情緒的な歌詞世界のなかで“不幸”になっていく様は、まるで文豪の短編小説集を思わせる。とことん不安感を煽るトラック1のSE「入り口」から、オープニングナンバー「不幸の始まり」、リード曲「ぐちゃぐちゃ」……と、シャッフルしないで最後まで聴くことで味わえる感動を、是非体感してみて頂きたい。様々な“不幸”を彩る、昭和歌謡、スラッシュ・メタル、パンク、ミディアム・バラードなどなどの豊かな要素は、作曲者を決めずにバンド全員でスタジオに入り、一から協力して作るという作曲スタイルが生み出す妙なのだろう。メンバーそれぞれの音楽への感度の高さと、視野の広さがうかがえる。楽曲の振り幅は大きいが、ザアザアならではの魅力は一切揺らがず、一環して感じる事ができるのが見事だ。小手先の歌い回しに頼らずに生々しく歌い上げる、一葵(Vo)の表現力。彼の歌声を最大限に引き立てる、楽器隊の職人気質なグルーヴ。1stとは思えない完成度と、1stらしい気迫が同居しており末恐ろしい。

 メンバーは「アルバムのなかでストーリーを完結させるだけを目指してはいない、ライヴの風景もしっかりイメージしている」と語る。激しいサウンドによる熱気に満ちたライヴと、そのバンドの持つ“世界観”を伝える物語性の両立は、ヴィジュアル系ならではの魅力である。同アルバムからは彼等がその事を十分に理解し、ジャンルへの愛とリスペクトを持って制作した事を感じられる。コアなヴィジュアル系ファンはもちろん一聴の価値ありだが、ヴィジュアル系に初めて触れる人にも、同ジャンルの良さが存分に味わえる作品としてオススメしたい。2017年のヴィジュアル系シーンに、鮮烈なインパクトをもたらす“名盤”の誕生だと自信を持って言える。

【文:高崎 光】

tag一覧 J-POP アルバム 男性ボーカル ザアザア

リリース情報

不幸な迷路 (初回限定盤 Type A)

不幸な迷路 (初回限定盤 Type A)

発売日: 2017年03月15日

価格: ¥ 3,500(本体)+税

レーベル: タイムリーレコード

収録曲

【CD】
1.入口
2.不幸の始まり
3.ぐちゃぐちゃ
4.排水口
5.気付いて
6.人殺し
7.ラストダンス
8.落とし穴
9.交尾をしてよ
10.ユメオチ
11.最後の歌
12.出口

【DVD】
1.ぐちゃぐちゃ( MUSIC VIDEO )
2.オフショット集

トップに戻る