レビュー

WANIMA | 2017.05.16

 着飾らない隣の兄ちゃん的な佇まいと、凝りに凝ったエンターテイメント性。一見、矛盾するような両極端の要素を抱え込み、WANIMAはWANIMAにしかできない圧倒的なスケール感を見せつけてくれた。そう、今年3月に行われた初ワンマンとなったさいたまスーパーアリーナ公演は、今振り返ってもニューヒーロー誕生!を決定づけた一夜だったかもしれない。とはいえ、歯を食いしばって、ここまで来たというストイックな表情は皆無。自分たちの歩幅で歩いていたら、目の前にアリーナ・クラスの会場が待ち受けていたと思えるほど、ごく自然に感じられるから不思議だ。そして、どこまで遠くに行っても、近い距離に彼らはいる気がしてならない。WANIMAの音楽は遠くまで響くにもかかわらず、いつも隣にいてくれる楽曲ばかり。

 そして、多くの衆目を浴びる中、今回ニュー・シングル「Gotta Go!!」(ガラゴーと読む)がリリースされることになった。冒頭を飾るのはさいたまスーパーアリーナ公演でもプレイされ、初耳ファンの心をもガッチリとらえた「CHARM」だ。曲名には"お守り"、"魔力"、"人を引き付ける力"などの意があるが、あなたにとってこの歌が"お守りのような存在になれたら"という彼らの切なる思いが込められている。地元・熊本から上京し、バンドで一旗揚げるべく今日まで突き進んできた彼ら。進学、就職と夢を抱き、希望に満ちたあなたが挫けそうになったときに「まだやれる まだまだやれる 直向きなその姿 未来花咲く  ありのままで」と歌詞でも力強くエールを送っている。WANIMAの真骨頂とも言える応援ソングの決定打と言っていい。

 それから2曲目「ララバイ」はタウンワーク「スタジオ篇」CMソングに抜擢され、ダウンタウンの松本人志とも共演を果たした楽曲である。こちらは「切り開く時代の音色 音色」という威勢のいい歌詞で幕を開ける。彼らのアッパーな側面にフォーカスを当てた疾走感漲る曲調で、「CHARM」同様にアコギが妙味を醸し出している。また、聴き手との掛け合いを意識したコーラス・ワークも大きな聴き所で、ライブで映えること間違いナシ!

 3曲目「ここだけ」はテンポ感のある曲調に、哀切な歌メロを乗せたナンバーに仕上げている。「戦い続けイマを塗り替えて」の歌詞もポイントで、今作は3曲通じて聴き手を時に励まし、時に寄り添い、あなたの背中を押してくれるWANIMAなりの「メッセージ・ソング」という趣だ。早く全3曲をまとめてライブで聴きたい。観客の声と共に、これらの楽曲が数倍大きくなって響くことだろう。

【文:荒金良介】

リリース情報

Gotta Go!!

Gotta Go!!

発売日: 2017年05月17日

価格: ¥ 1,200(本体)+税

レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン

収録曲

1.CHARM
2.ララバイ
3.これだけは

※「Gotta Go!!」は“ガラゴー”と読みます

トップに戻る