レビュー

YODAKEE | 2017.06.13

ミニアルバム『♯』でデビューを飾るYODAKEE(ヨダキー)とは一体何者なのか? 「ヴォーカルのチャダイを中心に結成された、メンバーの人数や正体は謎のプロジェクト」という情報が公開されているのみで、他の詳細は現時点で一切不明なのだが……今作を聴けばハッキリと分かることが1つある。YODAKEEが届けてくれる音楽は気持ちいい。

このプロジェクトの核にあるのは、端的に言うならば「ダンサブルさ」だ。往年のファンク、ソウル、ディスコなどのエッセンスを活かしつつ、モダンな手法を散りばめて料理している各曲は、腕組みして難しい顔をしながら過ごすことを一切許してくれない。例えば、「Be Your Lovely」は、地上から15㎝くらい浮いているのではないかと思われる人物が抱いている幸福感が、そのまま形になったかのような音楽だ。華やかなサウンドが高鳴る中、「君」の全てを肯定しまくる愛の言葉がダイナミックに歌い上げられる。《飲み過ぎちゃったんなら、胃薬買ってプレゼントするよ》とか《目立つニキビなら、別人みたいでドキッとするよ》など、「そこまで言ってくれなくてもいいんだけどなあ……」という、少々やり過ぎな表現が随所で煌めくところが面白い。気取らずに笑顔をいっぱいに浮かべて楽しめるYODAKEEの作風が、分かりやすく示されている曲だと言えるだろう。

Charisma.comのいつかがラップで参加している「いないいないばぁ feat.いつか(Charisma.com)」、水曜日のカンパネラのトラックメイカーとしてお馴染みのケンモチヒデフミがサウンドアレンジを手がけている「BABYって呼んでよ」など、今作に収録されている曲は、どれもとても温かい仕上がりだ。ファルセットを多用したチャダイの歌唱スタイル、絶妙に歌声を重ねて構築されているコーラスなど、魅力的なポイントは尽きない。そんな中、「口ずさみたくなるフレーズが満載されている」というのも、YODAKEEの強力な武器の1つとして挙げることができるだろう。タイトルからして異彩を放っている「FUMOUだ」は、《FUMOUだ》と何度も一緒にボヤきたくなるし、「connagonna」は、《僕のハート》が砕け散る様を《conna gonna》という歌声で彩りたくなる。

謎だらけのYODAKEEだが、今後、少しずつその正体が明らかになっていくのではないだろうか。そして、新しい曲をさらに生み出して我々をワクワクさせてくれるに違いない。いろいろとお楽しみがありそうなこのプロジェクトに、ぜひ注目してもらいたい。

【 文:田中 大 】

tag一覧 J-POP アルバム YODAKEE

リリース情報

#

このアルバムを購入

#

発売日: 2017年06月14日

価格: ¥ 1,666(本体)+税

レーベル: YODAKEE RECORDS

収録曲

01. Be Your Lovely
02. FUMOUだ
03. いないいないばぁ feat. いつか(Charisma.com)
04. connagonna
05. BABYって呼んでよ with .Kenmochi Hidehumi
06. 恋は病

トップに戻る