レビュー

yonige | 2017.09.19

 切なさとグルーヴィー。yonigeのライヴを初めて観た印象はそれだった。牛丸ありさ(Vo/G)の今にも消え入りそうな儚げな歌声。ごっきん(B/Cho)の下半身を直撃する極太ベース。その交差が、その相性がたまらなく心地良かった。後を引く。余韻が残る。気づけば、またその音色にどっぷり浸りたいと思う自分がいた。

 大阪寝屋川発の2人組、yonigeがメジャー1stアルバム『girls like girls』を完成させた。今作は彼女たちの人気をさらに底上げする、切なさと愛しさが渦巻く素晴しい作品だ。「さよならプリズナー」、「バイ・マイ・サイ」の新録2曲を含む全10曲入り。全編日本語のロックを貫き、どこかthe band apartにも通じる隙間のあるオシャレなサウンドをかき鳴らす。女性2人という最小編成により、特段テクニカルなアプローチや奇をてらったアレンジで煙に巻く曲調はない。歌詞は言ってしまえば平易な言葉でシンプルかつ無駄を極限まで削ぎ落とした曲調だ。だからこそ、女性2人のキャラや温度、人間味までもダイレクトに伝わり、多くのリスナーを虜にしているのだろう。

 今作もシンプルさの中に、多様な表情を浮かべた楽曲が並んでいる。1曲目「ワンルーム」の1行目から「便器」という言葉が飛び出してくるのに、軽く面食らった。ただ、それ以上に「君の一番になれないけど 君もわたしの一番じゃないよ」という直截的な歌詞にドキッとした。女性の、人間の本音をさらっと掬い取るリアリティこそ、牛丸の真骨頂だ。聴く物の鎌首にスーッとナイフを突き刺す手法に目が覚める思いだ。

 アルバムのおへそ部分に当たる5曲目「スラッカー」は、出だしからごっきんの地を這う不穏なベース・ラインが楽曲を力強く牽引する。焦燥感を煽るギター・フレーズと相まって、ダークなポップ感が光っている。それ以降も中毒性の高い楽曲で攻め立てる。無軌道に言葉を吐き出すことで、エモーションの揺らぎを表現した「おうまさん」もクセになる歌メロでインパクト大。また、情景描写豊かな歌詞を用いたスロー・ナンバー「沙希」も滋味豊か。「夕日が照らしたあの日のきみは ほとんど奇跡みたいな生きててよかったよ」の歌詞は、誰しもが心の中に閉まっている、過ぎ去りし日の輝かしい風景が脳裏を過る。朴訥とした歌声が、ノスタルジックな感情を刺激して止まない。そして、続けてスローな「とけた、夏」と畳み掛けてくる。この流れも大好きだ。牛丸の独白めいたポエトリー調の歌い回しはあまりにも生々しく、「愛している? ?、いらない でも、好き」という最小の歌詞から漏れる最大の情感に、身も心も本当に溶けてしまった。

【文:荒金良介】

リリース情報

girls like girls

girls like girls

発売日: 2017年09月20日

価格: ¥ 2,300(本体)+税

レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン

収録曲

1.ワンルーム
2.さよならプリズナー
3.各駅停車
4.バイ・マイ・サイ
5.スラッカー
6.おうまさん
7.沙希
8.とけた、夏
9.また明日
10.トーキョーサンセットクルーズ

トップに戻る