レビュー

Hilcrhyme | 2017.10.18

 昨年6月9日に結成10周年を迎え、3Dライブ映画の公開、10周年記念ツアー、オールタイム・ベストの発売、代表曲「春夏秋冬」を映画化した映画『春夏秋冬物語』の公開、地元新潟でのワンマン公演など、メモリアルイヤーを様々な展開で魅せてきたHilcrhymeが、11年目のスタートとして、2ヶ月連続でシングルをリリースする。その第1弾が、10月18日にリリースされる「恋の炎」だ。彼らのシングルとしては、昨年11月にリリースされた「WARAE~In The Mood~」以来、約1年ぶりなる。

「恋の炎」は、彼らにとって新しいアプローチである“ダンス・チューン"で、ラテンのテイストを取り入れ、アコースティック・ギター、オルガン、そして男たちのかけ声などが印象的なDJ KATSUのトラックに乗せて、パーティで出会った女性に一目惚れして、恋に落ちていく男性を、TOCが情熱的に歌っていく。≪紅く燃える恋の炎に全て焼かれる≫といった感情的な表現は、これまでの彼らのリリックとはひと味違うものだし、こういった曲調もこれまでの彼らにはなかったアプローチだ。

 Hilcrhymeはこの10年間も、今まで自分たちがやっていなかったこと、今まで誰もやっていなかったことを追求し、突き進んできた。そして11年目のスタートとなるこのシングルでも、さらに新しいサウンドにチャレンジしている。しかもただ新しいということだけではなくて、あくまでもファンが楽しめる、ファンと一緒に成長できるものを、彼らは目指しているのだ。この“第2章"のスタートとなるこのシングルでも、そんな彼らの姿勢は変わっていない。

 カップリング曲も、映画『春夏秋冬物語』の主題歌で、「春夏秋冬」が発売された2009年から8年後の主人公を描くようなイメージで作ったという、とても温かいラブ・ソング「アフターストーリー」、『夏祭り in サンリオピューロランド』のタイアップ・ソングとして書き下ろされた、ハッピーなナンバー「Magic Time」と、とてもHilcrhymeらしく、だが新しいチャレンジも盛り込んだ楽曲が収録されている。Hilcrhymeはまだまだ進化しようとしているのだ。

 さらに11月22日には、オトナの土ドラ「さくらの親子丼」(東海テレビ・フジテレビ系全国ネット 毎週(土)23:40~放送中)の主題歌で、Hilcrhymeの本領発揮ともいうべき聞き手の心を癒やすようなバラード「涙の種、幸せの花」もリリースされる予定だ。

 11年目のスタートを切ったHilcrhyme、まだまだファンたちに、新たなる驚きと喜びを提供し続けてくれそうだ。

【文:熊谷美広】

tag一覧 J-POP Hilcrhyme シングル

リリース情報

恋の炎

このアルバムを購入

恋の炎

発売日: 2017年10月18日

価格: ¥ 1,350(本体)+税

レーベル: ユニバーサル ミュージック

収録曲

1. 恋の炎
2. アフターストーリー
3. Magic Time
4. 恋の炎 -Original Instrumental-
5. アフターストーリー -Original Instrumental-
6. Magic Time -Original Instrumental-

トップに戻る