レビュー

THE BACK HORN | 2017.10.17

 エモーショナルかつキャッチーな楽曲と熱気溢れるライヴで不動の人気を得ているTHE BACK HORNが結成20周年を迎えるのに先駆け、その20年を網羅するベスト盤『BEST THE BACK HORN Ⅱ』をリリースする。

 このバンドらしい律儀さを感じさせるのは、これが結成10周年の2008年に出した『BEST THE BACK HORN』とバランスをとっていることだ。どういうことかというと、2008年以後のシングルをメインに書き下ろしの新曲「グローリア」も収録した[DISC -1]と、同年以前の曲からファン投票で選ばれた上位14曲に新録曲を加えた[DISC-2]で構成されているのだ。ファンにとってベスト盤は曲のダブりが悩ましいものだが、このようにきっぱり時期を区切った選曲なら納得できるというものだ。

 [DISC-2]は10周年ベストと重なる曲もあるが、皆が好きな曲は時間が経っても変わらないことの証でもあろう。

 [DISC -1]はシングル曲に加え「シンフォニア」などライヴでも定番となっているエモーショナルな曲でライヴばりに畳み掛けてくるが、その中で大らかな「世界中に花束を」や、宇多田ヒカルと共作した「あなたが待ってる」といった柔らかな曲が輝きを放つ。ダイナミックな振れ幅で4人の個性が炸裂する、バラエティーに富んだ曲の強みを見せつけているようだ。

 さらに[DISC-2]を聴くと、心の底を覗き込むような内省的な歌や孤独と向き合う言葉、闇もあるからこそ泣きたくなるほど優しい光で包んでくれる曲に出会う。彼らの楽曲の幅広さや豊かな表現に心を鷲掴みにされる気分になるだろう。そんな彼ららしさがピュアな気負いでほとばしる、今では入手困難なインディーズ作品『何処へ行く』からの曲もあり、中でも『甦る陽』収録の「泣いている人」がストリングス入りの美しいサウンドで新録音されているのもうれしい限り。2年前にライヴで披露したアレンジだが、時間が経ち新アレンジとなって一層味わいを増した曲に鳥肌が立つ思いがする。

 この2枚のCDから成る「TYPE B」の33曲でも十分と思えるが、「TYPE A」に入るDVD「エモーションピクチャーVOL.3」には15曲のMVに、「戦う君よ」のバージョン違いなども収められる。これもまた見応えあり、どちらを選ぶか迷うところだ。ライヴで見せる熱い姿、曲が持つ計り知れない力を伝えようとする4人を捉えている映像からは目が離せない。

 今回、唯一の新曲「グローリア」は、バグパイプ風の音が入るアイリッシュ・スタイルで同題の名曲へのオマージュを感じさせながら、この20年に彼らが歌い続けていたこと、鳴らし続けてきた音を乗り越えて進むという宣言のよう。ここでまたひとつマイルストーンを刻んだ彼らは、確かな足取りで未来へと踏み出していくのだ。

【文:今井智子】

tag一覧 THE BACK HORN

リリース情報

BEST THE BACK HORN II [TYPE-A ]

BEST THE BACK HORN II [TYPE-A ]

発売日: 2017年10月06日

価格: ¥ 4,500(本体)+税

レーベル: ビクターエンタテインメント

収録曲

[Disc 1]
1. 覚醒
2. 戦う君よ
3. 閉ざされた世界
4. 世界中に花束を
5. シリウス
6. シンフォニア
7. バトルイマ
8. シンメトリー
9. コワレモノ
10. ビリーバーズ
11. 悪人
12. その先へ
13. 魂のアリバイ
14. With You
15. あなたが待ってる
16. 孤独を繋いで
17. グローリア

[Disc 2]
1. ひょうひょうと
2. 声
3. コバルトブルー
4. 赤眼の路上
5. 扉
6. 枝
7. 晩秋
8. ジョーカー
9. 罠
10. 冬のミルク
11. 美しい名前
12. 何処へ行く
13. 上海狂騒曲
14. 刃
15. 泣いている人
16. 無限の荒野

[Disc 3](DVD)
1.戦う君よ
2.閉ざされた世界
3.シリウス
4.世界中に花束を
5.シンフォニア
6.バトルイマ
7.シンメトリー
8.コワレモノ
9.ビリーバーズ
10.悪人
11.その先へ
12.With You
13.あなたが待ってる
14.孤独を繋いで
15.泣いている人

Extra Video
1.戦う君よ(葛藤編)
2.戦う君よ(狂乱編)
3.戦う君よ(妄執編)
4.戦う君よ(鬱屈編)
5.シンフォニア(1cut ver.)

トップに戻る