レビュー

BiSH | 2017.11.29

BiSH

 “楽器を持たないパンクバンド”こと6人組ガールズグループ、BiSHがメジャー通算2枚目となるアルバム『THE GUERRiLA BiSH』をリリースした。発売日の約1ヶ月前となる11月4日と5日には2日間限定で、全国のタワーレコードの店舗においてなんと299円で先行販売を行い、11月5日には、大阪の道頓堀に黒い海賊船に乗って現れ、アルバムのタイトル通りにゲリラライブを決行した。ほかにはないユニークな施策を実行し、ニュース化し、バズらせるといった“プロモーション”も込みで表現と捉えられるグループではあるが、彼女たちの最大の魅力は、それぞれの個性そのものにある。そんなの当たり前だと思う人もいるかもしれないが、それは違う。結成当時は“新生クソアイドル”と称し、糞尿まみれに見えるMVや「OTNK」と叫ぶ楽曲もあり、ダイエット企画やマラソン企画もあった。もちろん、いまでも刺激的で新しい映像やプロモーションを行ってはいるが、過激さよりも、彼女たちのアーティストとしての才能が存分に堪能できる内容になってきている。例えば、ニューアルバムのリード曲「My landscape」は美麗なストリングスが入った、壮大なスケール感のロックナンバーとなっており、ハスキーでエモーショナルなアイナ・ジ・エンドのボーカルをはじめ、メンバーのソロパートもしっかりと用意されている。MVは“飛行機の墓場”と呼ばれる、アメリカのロサンゼルス郊外モハーヴェ砂漠で撮影されており、メンバーの歌唱シーンとダンスパフォーマンスがメインで、今までのように奇をてらったところはない。狂気と空虚が交差する場面もあるが、正統派バンドの楽曲、映像となっているのだ。 

 また、アルバムでは、これまでも10曲以上の作詞を担当していたモモコグミカンパニーに加えて、メンバー全員が作詞を手がけている。モモコグミカンパニーが手がけた「SHARR」は全員がシャウトするラウドロックで、ストレスが溜まりまくったサラリーマンやOLの心の叫びが描かれている。彼女はさらに、ポップなミドルナンバー「JAM」やスカコア「BODiES」で生きる意味を探して自問自答。聴き手の日常にすっと入り込んで共感を呼ぶ歌詞を描いている。アユニ・Dによる歌謡メロディのスカコア「spare of despair」は“木偶の坊”や“風来坊”など、独特のワードが並び、忘れていたはずの過去の絶望が蘇ってくるダークファンタジー。リンリンは過去を振り返りつつ、現在をしっかりと見つめながら、未来への明るい眼差しを綴っており、セントチヒロ・チッチは他人と比べることなく、自分の人生を生きるべきだと、自身に言い聞かせると同時に、ステージ上からファンに向けたメッセージも投げかけている。アイナ・ジ・エンドによるメタルロック「ALLS」は、自分の中にある女性性と男性性が行き来している。平歌の部分は強く勇ましく、カッコの中の部分は乙女心が描かれるという構成で、そのあやふやな心模様にリアリティーを感じる。速いパッセージのロック「パール」に言葉を乗せたハシヤスメ・アツコは、寝てる時に見る“夢”と起きてる時に見る“夢”を重ねながら、まっすぐなメッセージを綴っている。<司会者みたいに上手く話せるわけはないけど>というフレーズには、ライブでMCを務める自身の素直な心情や葛藤も込められているよう。
 歌に歌詞に、それぞれが手加減なしのパワー全開で自らのクリエイティビティを発揮した本作を聴けば、ネットニュースの過激な見出しに溺れることがない一人一人のアーティスト性と人間性が浮かび上がってくる内容となっているのだ。

【取材・文:永堀アツオ】

tag一覧 BiSH 女性ボーカル J-POP

リリース情報

THE GUERRiLLA BiSH

THE GUERRiLLA BiSH

発売日: 2017年11月29日

価格: ¥ 3,000(本体)+税

レーベル: avex trax

収録曲

01.My landscape
02.SHARR
03.GiANT KiLLERS
04.SMACK baby SMACK
05.spare of despair
06.プロミスザスター
07.JAM
08.Here’s looking at you, kid.
09.ろっくんろおるのかみさま
10.BODiES
11.ALLS
12.パール
13.FOR HiM

トップに戻る