レビュー

DAY6 | 2018.03.14

 音楽活動を純粋培養してきた彼らだからこそ、今後日本でその才能が開花。そんな予感をたっぷり感じさせるルーキーがやってきた。読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『リピート ~運命を変える10か月~』の主題歌「If ~また逢えたら~」を歌う“DAY6(デイシックス)”という韓国のバンドだ。

 いまアジア最高のガールーズグループとして大活躍中のTWICEで、ノリにのっているJYPエンターテインメントが、2PM、GOT7に続くボーイズグループとして日本デビューさせるDAY6は、事務所初の“バンド”として2015年に韓国デビュー。
メンバーはリーダーのソンジン(Vo&Gt)、アメリカ出身のジェイ(Gt&Vo、Rap)、長年カナダに在住していた経験があり、作詞をリードするヨンケイ(Ba&Vo、Rap)、ウォンピル(Key&Syn&Vo)、ドウン(Dr)の5人。彼らの最大の武器はメンバー全員が作詞/作曲/編曲に携わり、メンバーの4人がリードをとれるボーカリストで、バンドでありながらコーラスワークも素晴らしいところだ。

 2017年に“EVERY DAY6”プロジェクトと題して、1月から12月までマンスリーで新曲リリース。年に2枚のフルアルバムを制作し、その集大成として年末にソウルでセットリストが異なるライブを4日間連続(チケットは完売!)で開催できたのも、メンバー全員にソングライティング能力(すでに作家としてGOT7やUP10TIONの楽曲提供に携わっているメンバーも!)があったからこそ。

 日本デビューシングルももちろんタイトル曲「If ~また逢えたら~」、C/W曲「Baby、It’s okay」ともにメンバーが作詞/作曲に携わったオリジナル曲。「また逢えたら」と思う彼女に対して「逢っても他人のようにすれ違うだけ」と引きずる気持ちを断ち切ろうと強がる男を描いたタイトル曲のせつない歌詞。その曲の導入部、ジェイの美声でリスナーの胸元にそっと入り込み、ウォンビルのハイトーンで気持ちを高ぶらせ、サビ頭のソンジンのボイスで強力なパンチを打ち込んで、ヨンケイの英詞ラップへとつなぐボーカルワークで、歌詞をよりドラマチックに激情させていくところはDAY6お得意のスタイル。いまの日本のロックバンドにはないポップ・メイカーとしてのツボを押さえた“いい曲”で日本上陸を果たしたDAY6。今後彼らはDAY6 JAPAN OFFICAL FANCLUB“My Day JAPAN”早期入会者を対象に3月16日に日本デビュー記念SURPRISE MINI LIVEを開催する。

【文:東條祥惠】

リリース情報

If ~また逢えたら~

If ~また逢えたら~

発売日: 2018年03月14日

価格: ¥ 1,204(本体)+税

レーベル: ワーナーミュージックジャパン

収録曲

1.If ~また逢えたら~
2.Baby, it’s okay
3.If ~また逢えたら~ (Instrumental)
4.Baby, it’s okay (Instrumental)

トップに戻る