レビュー

氣志團 | 2018.08.13

 日本の音楽シーンの盛り上げ隊長・氣志團の真骨頂と言える、最高潮の宴会ソングが登場! アニメ『ワンピース』のOPテーマとして世代を超えたリスナーに愛され、きただにひろしとのコラボレーションも話題となった、「ウィーキャン!」から2年8ヶ月。氣志團、待望のニューシングルは究極の宴会ソング「週末番長」。
 
 もともとは日本経済の崩壊と共に失われた日本の明るい週末を救うため、氣志團が“週末の戦士”となって立ち上がった、全国ツアー『氣志團現象2013 週末の戦士達 ~怒りのウィークエンダー~』のEDテーマとして描き下ろされた「週末番長」。今回はジャンルの壁を超えた独創的すぎるラインナップで、日本の音楽シーンを活気づかせている『氣志團万博』の公式テーマソングとしてフルバージョンが制作され、ファン待望の音源化が実現。

 Queen「We Will Rock You」を思わせる足踏みとクラップで始まり、<週末番長 最強 俺に任せろ>と力強く始まるこの曲。痛快で明るく躍動感溢れるロックンロールに乗せた綾小路 翔の歌は、“週末番長”の“チョー”をかけた駄洒落、おっと韻を踏みまくったノリと勢い重視のリリックで、聴く者のテンションを否応なしにアゲていく。

 <超超超!>と声を合わせたくなるコーラス、というか合いの手も楽しく、かつて底抜けに明るいアゲアゲ♂ソングで一世風靡したDJ OZMAも彷彿とさせるが。明るく楽しいだけの宴会ソングで終わらないのも、現在の氣志團ならでは。<落ち込んだり 泣きたい夜も そんな今週も終わる>と楽曲のコントラストとなっている哀愁の部分や、<古いやつだとお思いでしょうが…>と枯れたフレーズで始まる台詞パート、<それでも生きんだよ!>と気持ちを奮い立たせるエモーショナルな歌や演奏は、全ての働く大人たちに響くはず。

 別れと旅立ちを歌った歌詞と骨太なサウンドが心震わせる、劇場版仮面ライダーゴースト主題歌「ABAYO」。ハワイの大空を想像させる、軽快で爽快なJAL ホノルルマラソン応援歌「RUNNING MAN」。憂いある謡声と奥行きのあるバンドアンサンブルで原曲の良さと新たな解釈を聴かせる、MUCCトリビュート収録の「謡声」カバーも収録された今作。「週末番長」を“氣志團の真骨頂と言える、最高潮の宴会ソング”と言いつつ、決しておもしろの部分だけではなく。歌や演奏スキルの高さ、引き出しの多さや振り幅の広さといった、ロックバンド・氣志團の魅力や凄みがぎっしり詰まった、聴き応え十分なシングルとなった。

【文:フジジュン】

リリース情報

週末番長

週末番長

発売日: 2018年08月08日

価格: ¥ 1,852(本体)+税

レーベル: 影別苦須 虎津苦須

収録曲

01.週末番長(氣志團万博2018公式テーマソング)
02.ABAYO(『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト 運命の瞬間』主題歌)
03.RUNNING MAN(JALホノルルマラソンオフィシャル応援歌)
04.謡声
05.週末番長(カラオケ)
06. ABAYO (カラオケ)
07. RUNNING MAN (カラオケ)
08. 謡声 (カラオケ)

※DVD収録内容
1.週末番長(ミュージックビデオ)
2.熱闘!!氣志團万博2017

トップに戻る