レビュー

あいみょん | 2019.02.13

「今って名曲が残らへん時代やと思うけど、長く愛されるようなもの、残る音楽を作らへんとってずっと思ってる。そのためにも、まずはちゃんと”認識”されたい」

「今やりたいのは、たとえばデカい音楽番組に出るとか、分かりやすい形での親孝行や家族孝行」

これは、あいみょんの1stフルアルバム『青春のエキサイトメント』のインタビューの時に彼女が語っていた言葉だ。あれから1年5ヶ月。アルバムそのものが異例のロングセールスを記録する中、不朽の名曲との呼び声も高いラブソング「マリーゴールド」で多くの音楽ファンの心を掴み、昨年末にはその楽曲をNHK紅白歌合戦という大舞台で歌唱するという、鮮やかな軌跡を描いて見せてくれた。

その「マリーゴールド」も収録されている2ndアルバム『瞬間的シックスセンス』は、”待望の”という言葉を、今この日本で正しく独り占めしているであろう作品だと思う。4枚目のシングル「満月の夜なら」、日本テレビ系ドラマ「獣になれない私たち」の主題歌として水曜の夜を彩ってくれた「今夜このまま」、ライブでもひと足早く披露されていた「夢追いベンガル」や「GOOD NIGHT BABY」など、すでに多くの人の心を掴んできた楽曲も多い。また、「あした世界が終わるとしても」と「ら、のはなし」は、彼女が初めてアニメ作品(現在公開中の映画『あした世界が終わるとしても』)のために書き下ろした主題歌/挿入歌ということで、ソングライターとしての新たな挑戦も軽やかに果たしながら魅力的な世界観を拡大している。

サウンド面では、1stアルバムから引き続き関口シンゴ(origami PRODUCTIONS )が参加。浮遊感漂うエレクトロな音色と、繰り返される「ナンマイダ」のフレーズがクセになる「二人だけの国」、あいみょん自身が爪弾くアコギとクラリネットが郷愁を誘う「恋をしたから」など、関口シンゴ×あいみょんならではのアイデアの落とし所は今作でも健在だ(前作では「マトリョーシカ」と「いつまでも」を手がけている)。あいみょんのラブコールによって参加したトオミヨウは「ひかりもの」という楽曲で生のカルテットを取り入れ、静かに湧き上がるような感情を見事に表現。以前からシングル曲を多く手がけてきた田中ユウスケ(agehasprings )もまた、あいみょん作品には欠かせないエッセンスをちりばめてくれている。
何が正しいのかではなく、何に心が躍るのか。サウンドプロデューサーもプレイヤーも、そしてもちろんあいみょん自身も、大切にしていたのはきっと、そんな一瞬のきらめきだったのではないだろうか。以前から「出し惜しみはしない」と公言してきたあいみょんらしい、今の感性と息遣いがふんだんに感じられるアルバムだと思う。

【文:山田邦子】

リリース情報

瞬間的シックスセンス

瞬間的シックスセンス

発売日: 2019年02月13日

価格: ¥ 2,800(本体)+税

レーベル: ワーナーミュージックジャパン

収録曲

01. 満月の夜なら
02. マリーゴールド
03. ら、のはなし
04. 二人だけの国
05. プレゼント
06. ひかりもの
07. 恋をしたから
08. 夢追いベンガル
09. 今夜このまま
10. あした世界が終わるとしても
11. GOOD NIGHT BABY
12. from 四階の角部屋

トップに戻る