レビュー

ACE COLLECTION | 2019.03.27

 上手くて、巧くて、美味くて、青い。未知数の可能性を携えてシーンに登場したスーパーノヴァがいよいよ本領発揮の瞬間を迎えようとしている。その星の名はACE COLLECTION、平均年齢21歳の4人組バンドだ。

 一昨年の12月、YouTubeに投稿したエド・シーラン「Shape of You」のトラックと洋邦19曲に及ぶヒットソングのカバーメドレーを掛け合わせたマッシュアップ動画で一躍、脚光を浴びた彼ら。バンド名にまだ馴染みがなくとも、そう聞けば“ああ!”と思い当たる読者諸氏も多いのではないだろうか(現在、再生回数300万回超を誇るその動画をスタートに約3ヵ月間に渡って毎日カバー動画を投稿し続け、話題となったことも記憶に新しい。なおYouTubeチャンネル登録者数は彼らが投稿を始めてわずか半年で10万人を超えた※現在、登録者数は13万人)。それから約1年後となる昨年12月12日に1stデジタルシングル「鬱憤」でリリースデビューを果たし、その後「LIFEメーカー」「Lady」と3ヵ月連続で楽曲を送り出してきたACE COLLECTIONがこの3月27日に満を持して世に放つのが1stデジタルアルバム『December 9』だ。

 バンドの結成日をタイトルに掲げた今作を一聴してまっ先にその卓抜した技量に目をみはった。当然、投稿動画やリリースされた楽曲単体からも生半可な腕前の持ち主でないことは容易に推測できてはいたが、全9曲を矢継ぎ早に浴びるに改めて彼らの新人離れした上手さに耳を持っていかれる。加えて楽曲の構成力やこちらの想像以上に幅広い音楽性、バンドサウンドの勢いだけに囚われない練り上げられたアレンジセンスの巧みさにも。

 例えば打ち込みトラックを全面的にフィーチャーした「HELLO WORLD」のオープニングから一転、エッジの効いたLIKI(Gt.)のギターリフと伸びやかながらも鋭さを孕んだたつや◎(Vo.& G.)の歌声で一気にエモーショナルに展開するタイトル曲「December 9」のヘヴィな疾駆感。爽快でスケール感のあるロックチューン「Butterfly」も、RIKU(Dr.)のパワフルかつタイトなドラムと奏(B.)の不敵と不穏が同居するベースラインとが絶妙に絡み合ったリズム隊の存在によって単なるポジティヴソングとは一線を画す。ピアノの音色が基調となった「君と花したい」、ブリブリとしたビートとホーンがファンクテイストを炸裂させる「BLACK HOLE」とそこかしこに仕掛けられた音の引き出しを開け始めたらキリがないほど。これを軽やかにやってのけるのだからミレニアル&Z世代、恐るべし(もちろん、すべてを世代に結論づけるような雑な括りをするつもりはないが、インターネットが当たり前に普及した時代や環境も彼らに自身の感性を研ぎ澄まさせる一助とはなっているだろう)。

 長くなるためここで詳細には触れずにおくが、プロフィールを紐解いて知る4人4様な音楽歴やフェイバリットも実に興味深く、これほどにバリエーション豊かなサウンドが生まれる理由がわかる気もする。キャラクターも実に美味しそうで、そそられずにはいられない。しかし何より惹きつけられるのは彼らと彼らの音楽に宿る圧倒的な屈託のなさ。たしかに、たつや◎の綴る歌詞には焦燥や不安、切なさといった時に前向きではいられない心情がちらりと覗いたりもする。むしろ「鬱憤」などほぼ全編が嫉妬と言っていい。だが、それはあくまで歌詞の題材としての嫉妬であって、音楽に乗せて吐き出すことを目的としたものではないはずだ。音を鳴らせば純粋に楽しい。この4人ならもっともっと楽しいし、きっとずっとカッコいい。そんな無邪気でプリミティヴな衝動が今作を青々しくも目映く輝かせている。

 “古き良き景色もいいけれど僕らだけの景色に乾杯”(「December 9」)、そう高らかに歌い上げ、“I wanna be a ROCK STAR”(「ROCK STAR」)とまっすぐに未来をみつめるACE COLLECTION。まだまだ書きたいことは尽きないが、この新たな才能をまずは耳で確かめてほしい。


【文:本間夕子】




<TOUR情報>



ACE COLLECTION Bright Tour 2019

・2019年6月4日(火)
日時:2019年6月4日(火)開場18:00 / 開演19:00
会場:大阪BIG CAT

・2019年6月6日(木)
日時:2019年6月6日(木)開場18:00 / 開演19:00
会場:Zepp Diver City

(チケット情報)
https://www.acecollection.jp



<リリース情報>

ACE COLLECTION「December 9」
3月27日(水)配信スタート
https://linkco.re/yTRmGgvG
iTunes Storeほか
Apple Music、LINE MUSIC、AWA、Spotify等、定額制音楽配信サービスにて

<収録楽曲>
M1- HELLO WORLD
M2- December 9
M3- 鬱憤
M4- Lady
M5- 君と花したい
M6- Butterfly
M7- BLACK HOLE
M8- LIFEメーカー
M9- ROCK STAR

トップに戻る