「僕は”キレイに曲がってる”のが好きなんですよ」さかいゆう新作を語る

さかいゆう | 2011.03.11

 まさに“オンリーゆう”。2011年第1弾リリースとなるミニアルバム『ONLY YU』は、歌はもちろん、作詞・作曲・アレンジ・演奏のすべてをさかいゆう一人で作り上げた快作だ。

 とはいえ全6曲はワンパターンではなく、どれもが異なるカラーを持っている。1曲目「music」は、オーソドックスなピアノ・バラード。そして2曲目「AHEAD」は抜けの良いドラムがかっこいいファンキー・ナンバー。他にもリズムが楽しい「ソングライダー」など、さかいの体の中にある“歌”が多様な姿であふれ出す。そこで鳴る音のすべてが、彼自身の歌と演奏によるものなのだ。それぞれの楽器が、うまいのだ。

 と、演奏力を褒めている場合ではない。さかいゆうがひとりで作り上げたかった世界の真ん中には、何があるのか。インタビューしてみた。


EMTG:“ミニ”なのに、いろんなさかいゆうに出会えるアルバムだね。
さかい:去年、1stアルバムをいろんな人とドンチャン作った後(笑)、自分の作る“デモ”のままを聴いてほしくなったんですよね。で、今回はひとりでやってみた。せっかくだから6曲それぞれ、似てない感じのものにしようと思って。ちょっとしたイタズラ心もあるけれど、それがこのアルバムの良さでもあり、不親切さでもある。それそのままを楽しんでもらえればいいと思ってます。自分の喜怒哀楽の激しさが、そのまま出たアルバムとも言えるんだけど(笑)。
EMTG:なんか、楽しそうだね。聴いてると、さかいゆうが先頭に座ってるジェットコースターに乗ってるみたい。正統派のピアノ・バラードで始まって、2曲目の「AHEAD」ではすごくファンキーなサウンドにジャンプする。
さかい:メッセージが明確な「AHEAD」が、リード・トラックです。サウンドはかっこいい。で、歌詞もかっこいいのかなと思いきや、実はかなりかっこ悪い(笑)。全体に「前へ前へ」ってポジティブなことを歌ってるんですが、主人公はどこが前だか分かってない。それでも「前へ」って歌ってる。この人はカリスマじゃない。そこが人間くさいと思うんですよ。スタイリッシュな曲にもできたけど、ゴツっと武骨にしたかった。
EMTG:面白いね。
さかい:聴いていて、クリエイティブなアルバムにしたかった。自分としては“新しい音楽”を作るっていうことを、すごく意識してました。
EMTG:個人的には、6曲目の「夏のラフマニノフ」が好きだな。“優しい君と、悲しい君を、僕だけが知ってる”っていうフレーズがいいね。
さかい:夏の前に出会って「この人とは付き合えるかも」って直感する。短時間でいい所も嫌な所も含めて好きになっている。多分、変な人同士なんでしょうね(笑)。♪一番イイ奴の僕と 一番ヤな奴の僕を 知っていた 君だけが♪っていう、“君”もかなり変です。
EMTG:あはは。それは自分の恋愛観と重なる?
さかい:そうかも(笑)。僕は「キレイに曲がってる」のが好きなんですよ。
EMTG:“キレイに曲がる”って、いい言葉だね。
さかい:普段、やさしい奴が、怒るとどんな態度を取るかで、その人のパーソナリティが出る。
EMTG:その観察はちょっと意地悪だけど(笑)、確かにそうだよね。
さかい:谷川俊太郎さんも言ってますけど、その曲を“どう聴いてほしいか”はないけど、“どう聴かれてほしいか”はある。
EMTG:どういうこと?
さかい:たとえば“いい自分”と“嫌な自分”のどっちもないと、その人と友達になれない。それと同じで、どっちの自分も描いたほうが相手に伝わると思う。両方、同居してて、いいんじゃないかな。
EMTG:なるほど。もしかして、ナルシスト?
さかい:ですね(笑)。この歌も、自分への問いかけみたいなものです。僕は職業作詞家じゃないから、歌詞は主観でしか書けないし。
EMTG:「夏のラフマニノフ」は日本ではあんまり描かれてこなかったシチュエーションのラブソングだけど、聴いていて状況がすぐ分かる。
さかい:ライブを想定して、最初の2行で聴いてる人に状況が分かるように、言葉はなるべくシンプルにしようと思って書いてます。“難しくて、聴きやすい”っていう歌を目指してるんで(笑)。それが僕の“ロックの精神”っていうか。小田和正さんは、それをメロディでやってるんだと思う。
EMTG:きっと、そうだね。ボーナス・トラックの山下達郎の「FUTARI」のカバーも面白かった。特にピアノが(笑)。
さかい:達郎さんに、「歌もピアノももっと練習しろ」って言われそうなテイクです(笑)。僕はこの曲に何回も助けられてて、すごくリスペクトしているんです。なので、この曲ができたときの姿をよく想像してた。今回、その姿でやってみたかった。オリジナルでは佐藤準さんが、湖に水滴を落としたような空気感で弾いてる。でも、演奏が完璧だと、見えにくくなる言葉がある。マイルス・デイビスが「本気のキスは一回だけ」って言ってるんですけど、今回は最初のテイクを選びました。他には「music」と「夏のラフマニノフ」が一発録りです。
EMTG:うわあ、僕が好きなのは一発録りばっかりだ。
さかい:“ひとつ先”を行きたいから、本気のテイクです。
EMTG:そしてツアーに出るわけだけど。
さかい:ツアーもひとりでやります。でも、弾き語りじゃない。サンプラーを使って、その場で音を重ねていくスタイルになると思います。このアルバム以外の曲もやりたいので。ぜひ見に来てください。

【 取材・文:平山雄一 】

tag一覧 アルバム 男性ボーカル さかいゆう

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

ONLY YU

ONLY YU

2011年03月09日

アリオラジャパン

1. music
2. AHEAD
3. ケセラセLife
4. ソングライダー
5. It’s YOU
6. 夏のラフマニノフ
7. ROCK WITH YOU (Bonus Tracks)
8. FUTARI (Bonus Tracks)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

INFORMATION

■ライブ情報
さかいゆう待望の2011年ライブツアー決定!!

さかいゆう TOUR "ONLY YU"#1
◆3月13日(日)
東京・Mt.RAINIER HALL
SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
[問]SOGO TOKYO 03-3405-9999

◆3月20日(日)
広島・LIVE caf? Jive
[問]ユニオン音楽事務所 082-247-6111

◆3月21日(月・祝)
愛知・名古屋TOKUZO
[問]JAILHOUSE 052-936-6041

◆3月27日(日)
札幌・KRAPS HALL
[問]マウントアライブ 011-211-5600

◆3月29日(火)
石川・金沢21世紀美術館・シアター21
[問]キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100

◆4月3日(日)
仙台・darwin
[問]キョードー東北 022-217-7788

◆4月9日(土)
大阪・心斎橋JANUS
[問]GREENS 06-6882-1224

◆4月10日(日)
福岡・ROOMS
[問]キョードー西日本 092-714-0159

◆4月17日(日)
高知・X-pt.
[問]デューク高知 088-822-4488

◆4月23日(土)【追加公演】
東京・Mt.RAINIER HALL
SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
[問]SOGO TOKYO 03-3405-9999

トップに戻る