ロックシーンきってのバカボン集団、ユニコーンの最新シングル到着!

UNICORN | 2011.04.22

 今年もユニコーンの季節がやってくる。アルバムとツアーがバンドの基本だが、去年のユニコーンはイベント出演のみ。だが、嬉しいことに今年はしっかりアルバムとツアーがスタンバイして、“完全なユニコーン”が見られそう。そのさきがけとなるシングルがリリースされる。

 「デジタルスープ」は美しいサビにストレートなメッセージを載せた名曲。前作アルバム 『シャンブル』の「ひまわり」や「HELLO」に涙した人にはオススメ。一方、「ぶたぶた」は、 天才漫画家・赤塚不二夫を描いた映画『これでいいのだ!!』の主題歌で、こちらはユニコーンのお家芸的面白ソング。飛び出す絵本みたいな 立体的なサウンド・アプローチが見事にハマって、ライブが早くも楽しみになる。・・・って、この曲、ツアーでやるのかなあ(笑)。

 なにはともあれ、ロックシーンきってのバカボン集団の最新シングルは、超話題になること間違いなし! 早速、全員にインタビューしてみた。


EMTG:「裸の太陽」以降、去年は何をしてたんですか?
川西:ブラックボーダーズでライブですね。あとはPUFFYのレコーディングもやってましたよ。
EBI:俺もバンド3つやってるから、ライブかな。
奥田:変わらんねー。ライブ、移動、打ち上げ(笑)。
EMTG:じゃ、川西さんは去年、一年間のラッパーとしての活動は?
奥田:ラッパーの活動って(笑)。
川西:別にラッパーとしての活動はしてないですけど(笑)。ただ、去年一年間で心残りなのは、EBIとふたりでラッパーとしての活動ができなかったのが、ちょっと心残りですね。ふたりで 新しいアルバムとか出しゃーよかったよね。
EBI:企画倒れ(笑)。
EMTG:OTは?
奥田:僕は一昨年、ユニコーンを一年間やったので、ひとりになりたくて(笑)。
EMTG:で、“ひとりカンタビレ”だ(笑)。
奥田:そう。ユニコーンから、(小原)礼さんと か、(斎藤)有太、湊(雅史)くんとやってるバンドに戻るのが、ちょっとうっとーしかった(笑)。
EMTG:テッシーは?
手島:ソロアルバムを作って遊ばせてもらって。
川西:去年は山登りしてたじゃん。
手島:あ、そうだ、山も登った。富士山は6合目までいって、引き返した。
奥田:6合目まで登山したらしいから。
手島:6合目まで、どんだけ辛いか。
EBI:ハハハッ、登山じゃない。
阿部:子供だって登るぜ。
奥田:ビーサンでいけるっつうの(笑)。
手島:でもね、富山県の立山に登りましたよ。3003mの頂上まで。ちゃんと神主さんに拝んでもらった。
EMTG:何でまた登山?
手島:なんとなく、行ってみないとわからない風景があるんじゃないかと。やってみんことにはわからんぞと。
EMTG:なるほど。で、富士山は6合目までね(笑)。
手島:どーいう意味ですか(笑)。
EMTG:阿部くんは?
阿部:僕がたぶんいちばん働かなかったと思うんですよ。自分のスタジオの整備をちょこちょこしてた。いつこの仕事がなくなるかわかんないんでね(笑)。
EMTG:この仕事って、ユニコーンのこと?
阿部:いやいや、求められて世の中に出すためのCDを作るという作業。求められてなくても自分はやるわけだけど。
奥田:求められなくなったときの。
阿部:そうなったときでも、大丈夫なように(笑)。
EMTG:大人だねえ(笑)。
阿部:一昨年、一年間ユニコーンとして動いて、体力的には休んだほうがいいと思ったんですよ。ただ、ツアーをやってみてバンドの感触がどんどん変わっていったから、バンドとしては動きが止まらないほうがいいかなと思ってた。お祭りみたいな再結成って嫌じゃないですか。またやるときに“再々始動”みたいに思われるのも嫌だったし。だから去年、「裸の太陽」を出すことに賛成したし。
EMTG:それでユニコーンの次の曲作りを始めたんだ。
阿部:そうですね。どうしても考えちゃうじゃないですか、暇なんで(笑)。ていうか、そんなしっかり考えるわけじゃないんですけど、次にユニコーンとして出すとしたら、どういうのがいいのかなーと漠然と考えてたような気がしますね。それで着手したっちゅうか。スタジオもちょっと試しがてら。
手島:いろいろ考えてくれて、新リーダーだね。
奥田:暇だったからだろ(笑)。やれるときにやればいいんで。正直、「早っ」っと思ったよ。俺、いつ曲作ればいいんだ?って。その後ね、かわにっつぁんが久々に笹路さん(初期のプロデューサー)に会って、飲みに行きましょうっていって、何気に俺らに連絡があったら、全員そろったのよ。
川西:暇だったんだよ、みんな、その日がちょうど。
奥田:そういうのもなかなか珍しいじゃない。しかもマイケルさん(初期のディレクター)もいて、俺らも全員そろって。超ユニコーンの行動っぽいのよ、それ。
EMTG:何かが呼んでたんだね、きっと。そして待望のシングルが出る。
奥田:映画の曲っつうのはもちろんありましたけど、それぐらいしか俺らの頭の中にはなく て。シングルを作るって思いながらレコーディングしてる瞬間っつうのは、そんなにないんだよね。シングルは別にどれでもいいよっていうような。
EMTG:再開一発目ってことで、前回の「WAO!」みたいな明るい イメージでいこうっていうのはなかったの?
奥田:うん。シングルに関しては全然。まあわりと、解散する前からそんなにシングルは気にしてないんで。録った後、「どれでもいいよ」みたいな流れで。
EMTG:「デジタルスープ」は、再開したユニコーンの名曲の流れの曲だね。
阿部:バンドって毎回新しいものを提示していくもんだと思っていて。特にユニコーンはそういうバンドだと思う。今回は“新しい8ビート”、“エレクトリックなもの”、“表に向かうメロディ”っていう3つのテーマで曲をたくさん書いてて、「デジタルスープ」ができた瞬間に、「あ、これでもういいや」と思った。
EMTG:結果、今回のユニコーンを象徴する曲がシングルになったのは、よかったね。歌ってるのは?
奥田:全部、俺。今回、阿部が真面目な曲を多めに作ってきたから、俺はリズムが楽しいのを作った。
EMTG:「ぶたぶた」も阿部くんの曲だ。
奥田:赤塚さんの映画を頭に入れてそれぞれに作って、EBIの曲もよかったんだけど。
EMTG:それはアルバムに入るのね。
奥田:そうそう。映画の人がそっちを選んだらシブかったのに(笑)。
阿部:それもある(笑)。赤塚さんのアニメを流しながら、それに合わせて作った。
EMTG:かなりハチャメチャな構成の曲だね。みんなで自由に演奏したの?
阿部:いやいや、こういう曲だから、しっかり決め事を作って、まるでスタジオ・ミュージシャンみたいにやってもらいました。
EMTG:へー、そうなんだ。「WAO!」に続いて、ギターが 面白いことをやってる。
手島:あれはですね、同じフレーズをいろんな弾き方でやってみて、阿部に選んでもらった。 一回一回違うことやってるんですよ。
奥田:口笛は俺と阿部でやってる。
EMTG:なんか変な声も入ってるけど。
手島:飛び出してるかけ声は全部EBIです。
EBI:それも、何テイクか録らしていただいて、いいやつを使ってもらって(笑)。
奥田:そんなに変わんないでしょ。3回ぐらいしかやってない。3打数2安打で(笑)。
EBI:ハハハッ。いや、いろいろバージョンあった。低いバージョンとか、アッパーバージョンとか。いろいろこう、大変だったです(笑)。
EMTG:なんか今年もにぎやかそうだねえ(笑)。このシングルの後、アルバムが出るわけだけど。
奥田:このシングルは前触れというか・・・前触れにもならないかもしれないですけどね (笑)。まあアルバムを聴いてみていただければいいんで。

【 取材・文:平山雄一 】

tag一覧 インタビュー シングル UNICORN 男性ボーカル

ビデオコメント

リリース情報

デジタルスープ / ぶたぶた

デジタルスープ / ぶたぶた

2011年04月27日

KRE

1. デジタルスープ
2. ぶたぶた

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

INFORMATION

■ライブ情報

♪ROCKS TOKYO 2011
◆5月28日(土)
東京都 新木場 若洲公園
ROCKS TOKYO事務局
0180-993-070

♪ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...
◆5月26日(木)
埼玉県 三郷市文化会館
ディスクガレージ
03-5436-9600

◆5月30日(月)、31日(火)
神奈川県民ホール 大ホール
ディスクガレージ
03-5436-9600

◆6月3日(金)、4日(土)
福岡サンパレス
キョードー西日本
092-714-0159

◆6月6日(月)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール
清水音泉
06-6357-3666

◆6月7日(火)
神戸国際会館こくさいホール
清水音泉
06-6357-3666

◆6月9日(木)
広島県 ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ
夢番地 広島
082-249-3571

◆6月13日(月)
北海道 帯広市民文化ホール
ウエス
011-614-9999

◆6月15日(水)、16日(木)
北海道 ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)
ウエス
011-614-9999

◆6月18日(土)
北海道 岩見沢市民会館
ウエス
011-614-9999

◆6月19日(日)
北海道 苫小牧市民会館
ウエス
011-614-9999

◆6月24日(金)、25日(土)
山形県県民会館
キョードー東北
022-217-7788

◆6月27日(月)
仙台サンプラザホール
キョードー東北
022-217-7788

◆6月29日(水)
長野県 ホクト文化ホール 大ホール
キョードー北陸チケットセンター
025-245-5100

◆6月30日(木)
新潟県民会館
キョードー北陸チケットセンター
025-245-5100

◆7月2日(土)
群馬県 ベイシア文化ホール
ディスクガレージ
03-5436-9600

◆7月4日(月)
大分県 iichikoグランシアタ
キョードー西日本
092-714-0159

◆7月5日(火)
長崎市公会堂
キョードー西日本
092-714-0159

◆7月7日(木)、8日(金)
グランキューブ大阪
清水音泉
06-6357-3666

◆7月11日(月)
愛媛県 松山市民会館
夢番地 岡山
086-231-3531

◆7月15日(金)
三重県 四日市市文化会館 第1ホール
清水音泉
06-6357-3666

◆7月16日(土)
静岡県 静岡市民文化会館 大ホール
JAILHOUSE
052-936-6041

◆7月18日(月)
福井フェニックスプラザ
キョードー北陸チケットセンター
025-245-5100

◆7月20日(水)、21日(木)
千葉県 森のホール21
ディスクガレージ
03-5436-9600

◆7月26日(火)
岩手県 北上市文化交流センター さくらホール
キョードー東北
022-217-7788

◆7月27日(水)
青森市文化会館
キョードー東北
022-217-7788

◆9月5日(月)、9月6日(火)
東京都 日本武道館
ディスクガレージ
03-5436-9600

◆10月15日(土)
広島県 グリーンアリーナ
夢番地 広島
082-249-3571

トップに戻る