湘南乃風、初のベスト盤となる金盤&銀盤を2枚同時リリース!!

湘南乃風 | 2011.06.10

EMTG:初のベスト盤となる金盤『湘南乃風 ~Single Best~』と銀盤『湘南乃風 ~Live Set Best~』が2枚同時に発売となりますが、まずはリリースに当たっての気持ちをうかがいたいのですが?
RED RICE:オリジナル・アルバムだとある程度の期間で集中して作るけど、ベスト盤ではデビュー当時のことを振り返りながら選曲できたから、自分たちの歴史やリリース当時の時代背景とかいろんなものが思い出せたのが面白かったですね。
HAN-KUN:ここまであっと言う間だったから、ベスト盤と言ってもあまり実感が湧いてないっていうのが正直な気持ち。だけど、いろんな経験を重ねてきたことも含めて、良い意味でここでひと区切りつくのかなっていうのはあるかな。
EMTG:デビュー前にハイエースで全国を廻ってたことを考えると、ベスト盤なんて想像もしてなかったと?
HAN-KUN:あの頃は作品すら出せると思ってなかったし(笑)、作品を出してお金をもらえるようになるなんてぜんぜん考えられてなかった。みんなには見えてたのかもしれないけど、俺は現場で歌って盛り上げることで精一杯だったから、そういう意味でもみんなには感謝してますね。
若旦那:いつかベスト作を出したいとは考えてたけど、やっぱり節目として出したかったから、どういうタイミングで出すんだろう? っていうのと、ベストを出せるような自分たちを積み上げていきたいと漠然と思ってたよね。
RED RICE:確かに自分の中では、ベストって簡単に出すもんじゃないって意識があったんだけど、来年の10年目や再来年の10周年を迎えるに当たって、これまでの活動を総決算するって意味で結果的にタイミングも良かったと思う。いざ出すとなって作業を始めたら曲数もかなりあって絞り込むのが大変だったんだけど、その分どちらも濃い内容になってると思うしね。
EMTG:その1枚をライヴをイメージした選曲にしたのも、大きな意味があると思うのですが?
RED RICE:デビュー当時から今も変わらず、俺たちはライヴ・アーティストだと思ってるし、シングル曲しか知らない人やライヴに来たことがない人にも、俺たちのライヴがイメージできて実際にライヴに足を運びたくなるような作品にもしたかったんで。
SHOCK EYE:この2枚を聴くと自分たちでも思い返すことはたくさんある。成長具合だったり、経験を積んだ今だから改めて見えてきた楽曲の良さもある。例えば、デビュー当時の荒っぽさに勢いを感じて良かったりするし、今は経験を積んだからこそのクオリティがあったり。どっちが良いって比較論じゃなくて、両方をひとつにパッケージすることで、俺たちのヒストリーを詰め込めたというか。シングル・コレクションには成長とともにリリースされてきた曲が入っていて、ライヴ・セットには現場でやってきた中で当時流行ってた音やノリを取り入れてるから、シーンの流れや変化も楽しめるはず。
そういう意味で今回の2枚には、湘南乃風が今までやってきたすべてのもの、言えば経験や想いが詰まってるといっても過言じゃない。さっきHAN-KUNも言ったように、ここで一度吐き出すことで第2章の湘南乃風を作っていけるのかなって。
若旦那:改めて聴くと、昔の自分が恥ずかしい部分もあったりしてね。でも、恥ずかしい部分も含めてすべてを見せることが、今の自分にとって必要なことだと思ったんだよね。ストーリーを見てもらうのも、今を見てもらうのと同じくらい大事なことだと思うんで、成長の過程を一緒に見てきた人と振り返りながら、あいつらも若かったなと言ってもらえるようなベスト盤になったと思います。
EMTG:では、具体的な中身についても聞きたいのですが、まず金盤『湘南乃風 ~Single Best~』の収録曲を振り返って、今だからこそ思うことは?
SHOCK EYE:デビュー当時は、誰かに向けて作った曲が多いよね。「応援歌 feat. MOOMIN」はある先輩を思って作ったし、「カラス」は友達のこと、「晴伝説」は自分たちに対して歌ってる。そうやって4人が共有できる対象をイメージして向っていく作り方だった。そんな初期曲の中でも、「晴伝説」はもがいたかな。トラック・メイカーに依頼するでもなく、ほんと試行錯誤しながらゼロから自分たちでトラックも作ったからね。あの経験が4人それぞれの得意なスタイルを明確にしていったし、個々の役割分担ができるようになったきっかけ。
若旦那:俺は「黄金魂」とシングルじゃないのに収録した「瞹歌」が思い出深い。「黄金魂」は初めてのタイアップ曲だったんだけど、自分たちの好きなように作らせてもらった上に、スポーツ選手からも良かったって言ってもらえたことにも励まされて、リリースした後にどんどん大切な曲になっていった気がしてます。「瞹歌」は、歌った内容が個人的にも現実になってきてて、まぁハーレーで送り迎えはしてないけど(笑)、未来日記みたいな曲になれたのが嬉しくて。これからも思い描いた人生を実現させる努力をしていきたいから、後から聴いて自分でも感動できる「瞹歌」のパート2みたいな曲を作っていきたいね。
EMTG:ターニング・ポイントという視点で考えるとどうですか?
HAN-KUN:俺は、「応援歌」はターニング・ポイントだったと思う。初めてのシングルでHOME GROWN、MOOMINというレゲエ界の鉄壁の布陣を迎えてメジャー・フィールドに乗り込んでいけたのは心強かった。実際、この曲をを現場で歌うようになった時期が夏のビッグ・フェスに呼ばれ始めた頃で、ステージの上で本格的な風速を感じたのを今でもはっきり覚えてる。
RED RICE:初めてのラヴ・ソングだった「純恋歌」ができた時は、大勢の人に聴いてもらえるんじゃないかって実感があった。自分に関して言えば、歌詞を書くのが遅いんだけど、この時は最初に書き上げられた曲で、何かこのあたりで曲作りで試行錯誤してきたことが形になり始めたのかな。
結果、セールス的にも一番の曲になったんでターニング・ポイントだったと思いますね。そこに続く「睡蓮花」では、ライヴでこれ以上盛り上がる曲は作れないんじゃないか?って思うくらいできの良かった「晴伝説」に挑んだ曲。俺たちの真骨頂であるライヴ・チューンを作ろうとしてでき上がったというか。いまだにライヴで人気があって、カラオケではみんなにおしぼりを振り回しながら歌ってもらえてたりと、今や代表曲のひとつになったと思う。
EMTG:他にも聴き逃して欲しくない名曲揃いだと思うんですが?
RED RICE:10枚目のシングルになった「ガチ桜」は、周りで好きだって言ってくれる人も多いんだよね。10作目という区切りを感じるタイミングだったし、何か一度締めくくろうって気分で作った曲だったこともあって、今の俺たちをしっかり落とし込めた。だからこそ、ネクストに進めたというか。歌ってても気持ちが入る1曲かな。
EMTG:続いて、銀盤『湘南乃風 ~Live Set Best~』で、思い入れの強い曲を挙げるとしたら?
SHOCK EYE:やっぱり「Real Riders」と「Wild Speed」の存在は大きい。特に「Wild Speed」はライヴにおいて力強い武器になった。4人が4小節で回していくスタイルはここから始まったし、最新シングルの「爆音男 ~BOMBER MAN~」を含めて湘南乃風が作るダンスホール・チューンの軸になった。
若旦那:湘南乃風の良さはどこかって言えば、シングルで出してきた曲とライヴ・セットのような曲の二面性があるところだからね。すこぶる激しい魂の現れが、銀盤には詰まってる。
RED RICE:金盤だけを買う人も、銀盤だけ買う人もいるだろうけど、どちらだけでも湘南の半分だけ。両方を聴いてもらって俺たちのライヴを感じてもらいたいし、そのための作品になってると思う。
HAN-KUN:自分たちが実際にライヴしてるところをイメージして選曲してるし、この曲順でやればベスト・アクトができるぞって気持ちで並べたんで。この1曲がどうっていうよりも、頭からケツまでがでっかいワン・フロウみたいに感じてもらえれば嬉しいです。
EMTG:銀盤のディスク2にはメンバー自身が選んだソロ曲やフィーチャリング曲が収録されてますね?
HAN-KUN:俺たち湘南乃風が1/4=ソロ・アクトになった時の表現も、ベスト盤で伝えたかったことのひとつ。自分たちがジャマイカに行って作ってきたリディム(ヴァージョン)集も入ってるし、このディスク2も俺たちの重要なアナザー・サイドだと思ってます。
EMTG:そして、7月から始まる2年ぶりの全国ツアーも近づいてきましたね?
SHOCK EYE:今までのライヴはオリジナル・アルバムを軸に構成を考えてきたけど、今回はその縛りがなくて何でもできるのが楽しみ。これまでの作品やライヴの経験値を総動員して挑みたいですね。
若旦那:ステージ上で必要以上に動き回るためにツアーに向けて身体を絞っていくんで、遊びに来てくれるみんなも体力的にも気持ち的にも仕上げて来て欲しいね。
RED RICE:せっかくのベスト・アルバムのタイミングだから、観てる方もやってる方もベストだって思えるライヴにしないきゃいけないと思う。
HAN-KUN:ベスト盤をリリースしてツアーを廻れるのは贅沢。そこには、今までと違うトライアルを感じてるんでまたひとつ勉強できるのかなと思うし、ベスト盤の意味を実感に変えていきたい。もう少し言えば、しばらくぶりのツアーである分、ひと皮むけるチャンスでもある。これを機会に俺もネクスト・レヴェルに行きたいと思ってるし、みんなにはそこを確認しに来て欲しいですね。

tag一覧 湘南乃風

リリース情報

湘南乃風 ~Single Best~【初回限定生産盤】

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

湘南乃風 ~Single Best~【初回限定生産盤】

発売日: 2011年06月15日

価格: ¥ 3,238(本体)+税

レーベル: トイズファクトリー

収録曲

[DISC:1]
1. 応援歌 feat. MOOMIN
2. 晴伝説
3. カラス
4. 覇王樹
5. 純恋歌
6. 睡蓮花
7. 黄金魂
8. 恋時雨
9. 親友よ
10. ガチ桜
11. 爆音男 ~BOMBERMAN~
12. 曖歌

[DISC:2]
“GOLD MIX”と題し、昨夏リリースしたMIXアルバム収録楽曲ともダブらない、シングル楽曲を中心としたキラー・チューンだらけの “MIX CD”

リリース情報

湘南乃風 ~Single Best~【通常盤】

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

湘南乃風 ~Single Best~【通常盤】

発売日: 2011年06月15日

価格: ¥ 2,381(本体)+税

レーベル: トイズファクトリー

収録曲

1. 応援歌 feat. MOOMIN
2. 晴伝説
3. カラス
4. 覇王樹
5. 純恋歌
6. 睡蓮花
7. 黄金魂
8. 恋時雨
9. 親友よ
10. ガチ桜
11. 爆音男 ~BOMBERMAN~
12. 曖歌

リリース情報

湘南乃風 ~ Live Set Best ~

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

湘南乃風 ~ Live Set Best ~

発売日: 2011年06月15日

価格: ¥ 2,381(本体)+税

レーベル: トイズファクトリー

収録曲

[DISC:1]
LIVEのセットリストをイメージした、シングルA面楽曲以外のアガるどキラー・チューン中心にセレクト!
[DISC:2]
メンバーソロ楽曲、コラボ楽曲、トラックからセレクト!
※全30曲収録予定

ビデオコメント

トップに戻る