秦 基博ニューシングル「水無月」。今この時だから、愛を叫ぶ、愛を歌う

秦 基博 | 2011.06.16

 ニューシングル「水無月」は、抜けるような晴れた空に向かってみんなで歌いたくなる、爽快な曲だ。歌詞に耳を傾ければ、そこには不安や戸惑いを踏まえての再生と共感が歌われている。水無月とは6月のこと。♪単純な言葉で愛を今歌おう♪という、秦にしては極端にストレートな言葉が、かえって心に沁みてくる。 カップリングの「夕凪の街」は、恋を回想しながらのスケッチが美しい。もう1曲の「猿みたいにキスをする」は最新アルバム『Documentary』収録曲。秦作品の恒例となっている、スタジオ・ライブ一発録りシリーズの“Live at The Room”バージョンだ。 また期間生産限定プレミアム・パッケージにセットされたもう1枚のCD『BEST OF GREEN MIND 2010』は、昨年、札幌・芸術の森など個性的な四つの野外ステージで行なわれたライブから厳選された14曲を収録。話題も内容も多彩なシングルとなっている。


EMTG:どんな風に生まれた曲ですか?
秦:去年からのツアーが全部終わって、しばらく曲作りの期間があって。そういう意味ではツアーを終えて、自分の中で一回りリセットした上で、新しい一歩っていう感覚でできた曲です。メロディー自体は出来ていて、それにどういう歌詞を載せようかと作り出してはいたんですけど、大震災が起こって。その段階でサビは歌詞もできていました。サビで何を歌うかがかなり大きかったんで、それができた時点で曲としての骨格はできていましたね。ただ「水無月」は、サビに至るストーリーが気に入らなくて、書き直して今の形になりました。
EMTG:歌詞に時間をかけたんですね。
秦:あれぐらいすごい事があると、自分の価値観もかなり変わったし、ああゆう場面に立たされると、自分のいい部分も悪い部分も露呈する。軽薄な物は吹き飛んじゃんうんだなと・・・。そんな中で何が歌えるのか、どういう言葉を歌えばいいのかと考えたときに、色んなものをごちゃごちゃ飾ったりしてもしょうがない。サビで♪単純な言葉で愛を今歌おう♪って歌っているんですけど、それは、ミュージシャンとか歌い手じゃなくても、歌に似たものは皆の中にあって、それがメロディーになったり言葉になったりするかどうかの違いのような気がしたんですよ。これ以上何も起らないでほしいとか、いなくなってしまった人の事を思う気持ちだったり。それは歌と言ってもいいんじゃないかって。
EMTG:大きな出来事ですもんね。みんなの思いがあふれ出す。
秦:ただ、3.11の事もあるんですけど、それだけではなかった。僕はこの歌で、きっとみんなも歌えるし、みんなの中にも思いがあるということを言いたかったのかもしれませんね。
EMTG:大きな意味で“生きる”っていうことの中での思いですね。
秦:それをどう言葉にするかっていうところで、今回は自分の中でかなりハッキリした言葉を選びました。今この時に、愛を叫ぶ、愛を歌うって事に意味が見出せるんじゃないかと思ったんですよ。
EMTG:去年、秦くんがリリースした名曲のタイトルは「アイ」だった。
秦:愛という言い方をこの歌ではしているんですけど、意味的にはカタカナの「アイ」の方が広いのかもしれない。だけど今回の愛は、希望だったり、もしかしたら悲しみだったり。色んなことも含めて生いきていく中で感じられる事を歌っている。この震災で、聴いてくれる人の愛っていう言葉の許容の仕方が変わったと思う。それを感じたから、思い切って歌うことができたと思います。
EMTG:「水無月」を、4月の仙台のイベントで最初に歌ったと聞きました。
秦:そこにいる人たちは、この時期に音楽を選んで集まってくれている。被災地・仙台にいて、そうやってエネルギッシュに生きているのは凄いなと思いました。僕は必死に歌って、思いをぶつけただけ。結果、お客さんから大きなパワーをもらっていました。
EMTG:今年の宮崎でのGREEN MINDでも歌いましたが、どうでしたか?
秦:宮崎の方々にも届いている、受け入れられているなと感じました。3月11日のことは「水無月」が生まれるひとつのキッカケではあったけど、口蹄疫や噴火や、その他にも困難のある5月4日の宮崎の空気の中で、「水無月」を歌っても、みんなと思いを共有できる歌なんだと実感しました。“水無月”は旧暦の6月で、緑がどんどん青々となっていく季節。生命力溢れるイメージの言葉だと思うんですよ。僕はそこにすごく惹かれたんだと思います。太い歌が作れたと思う。誰かのためだけではなく、自分のためにも作りたかった歌が出来たと思います。
EMTG:カップリングの「夕凪」は?
秦:去年、他のシンガーに提供するために作ったんですが、事情があって日の目を見なかった。気に入っていて、自分でも歌いたいなと思っていたので、僕の元に戻ってきて嬉しいです(笑)。ツアー・メンバーで録ったんですが、切ない歌詞なので、サウンドはやさしくしました。
EMTG:もう1曲の「猿みたいにキスをする」は最新アルバム『Documentary』に入ってる曲ですね。
秦:アルバムではコンピュータの打ち込みや、かせきさいだぁさんにラップをやってもらいましたが、最初に弾き語りで作ったときのニュアンスでも聴いてほしかったので、この曲を選びました。ピアノには宮崎にもゲストで来ていただいた島田昌典さんに弾いてもらってます。ピアノ・ソロにシビレっぱなしでした(笑)。

【取材・文:平山雄一】

リリース情報

水無月【期間生産限定盤】

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

水無月【期間生産限定盤】

発売日: 2011年06月15日

価格: ¥ 2,600(本体)+税

レーベル: (株)アリオラジャパン

収録曲

[DISC:1]
1. 水無月
2. 夕凪の街
3. 猿みたいにキスをする (Live at The Room)
4. 水無月 (backing track)

[DISC:2]
1. Theme of GREEN MIND (from GREEN MIND 2010)
2. 休日 (from GREEN MIND 2010)
3. 新しい歌 (from GREEN MIND 2010)
4. 青 (from GREEN MIND 2010)
5. トブタメニ (from GREEN MIND 2010)
6. 夕暮れのたもと (from GREEN MIND 2010)
7. 風景 (from GREEN MIND 2010)
8. 鱗(うろこ) (from GREEN MIND 2010)
9. 透明だった世界 (from GREEN MIND 2010)
10. 夜が明ける (from GREEN MIND 2010)
11. 今日もきっと (from GREEN MIND 2010)
12. 虹が消えた日 (from Green Mind 2010)
13. アイ (from Green Mind 2010)
14. フォーエバーソング (from Green Mind 2010)

[DISC:3]
1. Theme of GREEN MIND
2. 休日
3. 新しい歌
4. 青
5. トブタメニ
6. 夕暮れのたもと
7. 風景
8. 鱗(うろこ)
9. 透明だった世界
10. 夜が明ける
11. 今日もきっと
12. 虹が消えた日
13. アイ
14. フォーエバーソング

リリース情報

水無月【通常盤】

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

水無月【通常盤】

発売日: 2011年06月15日

価格: ¥ 1,165(本体)+税

レーベル: (株)アリオラジャパン

収録曲

1. 水無月
2. 夕凪の街
3. 猿みたいにキスをする (Live at The Room)
4. 水無月 (backing track)

関連記事

ビデオコメント

INFORMATION

■ライブ情報

秦 基博 デビュー5周年ライブ
◆2011年10月28日(金)
福岡市民会館

◆2011年11月5日(土)
日本武道館

◆2011年11月10日(木)
大阪城ホール

※詳しくはホームページをご覧ください。

トップに戻る