ニューアルバム『Movement』のキーワードは成熟。風格を得た彼らの、奏でる世界とは?

9mm Parabellum Bullet | 2011.06.16

 9mm Parabellum Bulletの4thアルバム『Movement』が完成した。本作のキーワードは“成熟”だ。筆者が前作『Revolutionary』以降のライブを観て強く感じていたのもまさにそれで、9mmサウンド独自の苛烈な激情に成熟味が帯びることで、バンドはいまや“王者の風格”ともいうべきオーラをまといはじめている。制作における変化や合宿のエピソードなどを交えながら、本作の手応えをメンバー全員に語ってもらった。


EMTG:まず感じたのは、大人っぽいなという印象で。成熟した音楽的豊かさをあらゆるところに感じることができました。
菅原卓郎(Vo&Gt):ああ、大人っぽさというのはなるほど、と思うところがありますね。少し話は逸れるかもしれないですけど、今回から制作における悩み方が変わったんです。歌詞やメロディが出てこないとか、そういう根本的なことに悩むのではなくて。歌詞やメロディは出てくるし、曲が完成するのはわかっているんだけど、最終的にどのように完成させたらいいかを悩むようになったんですね。その変化はすごく大きくて。
EMTG:その変化はいつごろから感じるようになったんですか?
菅原:このアルバムの制作に取りかかる前に栗山千明さんのアルバムに楽曲提供と演奏で参加させてもらったんですけど(アルバム『CIRCUS』収録の「ルーレッドでくちづけを」)。そのときに“『Revolutionary』のときにつかんだ方法論があるけど、それはいまでも通用するのかな?”という疑問を持っていったんですね。でも、「ルーレットでくちづけを」を作ったときに“ああ、大丈夫だ、通用する”って感じることができて。そのあたりからですかね。
滝 善充(Gt):僕らもやっと曲の落としどころで悩むようになったというか(笑)。例えば1stや2ndは勢いでバーッと曲を作って、それをあとで細かくいじるようなこともあまりしなかったんですけど。今回は、はじめてレコーディング当日になっても細かいところに悩んで、結局最後の最後でちょっといじるみたいなことがありましたね。
かみじょうちひろ(Dr):アルバムを作る度に少しずつ背伸びをしているような感覚があるんですけど、今回も3枚目から4枚目にいく過程でいい背伸びができたと思います。確かに結果として大人の色気が妖しく香り立つような作品になったと思いますね(笑)
中村和彦(Ba):すばらしいアルバムができたと思います。作品ごとの変化って自分たちでは気づかないところもあるんですけど、でもこうしてまとめて聴いてみると『Movement』独自の色が出ていると思うし、リスナーにもそれぞれの感じ方で『Movement』の色を確かめてもらいたいと思います。
EMTG:曲のアイデア出しは恒例の合宿で行われたんですか?
滝:合宿ももちろんやったんですけど、合宿前からもちょこちょこアイデア出しをやっていて。制作自体は去年の9月か10くらいからはじめて、合宿は11月にやりました。合宿前に10曲分くらいの原形があって、合宿に行ったらまたとてもスムーズにできていって。さらに10曲分くらいの原形ができたんですよね。
EMTG:じゃあ合計約20曲もの原形ができたんだ。タイトなスケジュールのなかで10曲を絞り出した前作とは真逆とも言えますね。
滝:確かに真逆な感じですね。
EMTG:やっぱり9mmの制作にとって合宿の存在は大きいですか。
滝:合宿はデカいですね。音楽に集中できるので。まったく曲ができないこともあったけど(笑)。
中村:それは前作かな(笑)。
滝:「Cold Edge」しかできない合宿がありましたね(笑)。
中村:前々作の『VAMPIRE』は今回の合宿にわりと近いムードだったよね。調子のいい感じで。
菅原:うん。調子のいいときは最高ですよ。ほかにどこにも行かなくなるし。酒を飲んでるから車に乗れなくなるっていうのもあるんですけど(笑)。でも、そういうときにあらためて話すようなこともあるんですよね。例えば滝がMacを広げて“明日はこういう感じのネタを広げたい”って説明してくれたり。
滝:そういう話をだいたい前日の夜に飲みながらするんです。そうやって、曲づくりしかやることのない状況になるのが最高なんですよね。酒は飲んでるんですけど(笑)、ある意味では追い込まれてる状況もあるから。
EMTG:今回の合宿は何日くらいやったんですか?
菅原:1週間ですね。でも、アルバムの曲を作っていたのは最初の4日間くらいで。そのあとは「ルーレットに口づけを」のレコーディングが合宿後すぐにあったのでその練習をしたりとか、人の曲をコピーして遊ぶ時間もありました(笑)。でも、それほど順調にネタがそろったんですよね。
滝:「ルーレットに口づけを」を“あと連続10回!”とかね(笑)。
中村:部活みたいなノリで(笑)。
EMTG:かみじょうくんはどうでした? 合宿は。
かみじょう:あの、実は僕、ちょっと合宿が苦手でして(笑)。
EMTG:あ、そうなんだ(笑)。
かみじょう:自分の生活で常用しているものが手の届く範囲にないことがすごく苦痛なんですよ。だから酒に逃げてるんですけど(笑)。
EMTG:なるほど(笑)。20曲分のネタのなかから曲を厳選していくなかで、どういうアルバムにしたいというイメージがありましたか?
滝:隙のないアルバムにはしたかったですね。とにかく自信をもった音だけが入っているアルバムというか。
EMTG:「新しい光」に顕著に表れているんですけど、それぞれのフレーズの存在感をより際立たせながら、アンサンブルはさらに有機的に調和しているし、歌もダイレクトに響いてくる。それは明らかな進化だと思うし、精密に作り込むことができたからこそだと思う。
滝:うん、ホントにそう思います。さっきの(菅原の)話につながりますけど、やっと落としどころで悩むようになったので(笑)。例えば1stや2ndは勢いでバーッと曲を作って、それをあとで細かくいじるようなこともあまりしなかったんですけど。今回は、はじめてレコーディング当日になっても細かいところに悩んで、結局最後の最後でちょっといじるみたいなことがありましたね。
EMTG:『Movement』というタイトルはどういう思いを込めて冠しましたか。
菅原:曲がだんだん完成していって、ミックスの段階になったときに、僕らのいないところでエンジニアさんが“これは移動だ!”って呟いたらしくて。それを聞いたときに確かに移動している感覚があるなと思ったんです。それからタイトルを決めるときに移動そのものを表現する言葉として『Movement』というのはどうだろうという話になって。聴く人にもこのアルバムの“移動感”を体験してほしいなって。ほかに3個くらい候補はあったんですけど、満場一致で決まりました。
EMTG:6月26日には本作のリリースを記念した横浜アリーナでのワンマンが決定しています。最後に意気込みをぜひ。
滝:自分たちもすごく楽しみで。横浜アリーナに向けて日々がんばって練習しています。最高のライブにしたいと思います。

【取材・文:三宅正一】

tag一覧 9mm Parabellum Bullet

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

Movement

Movement

2011年06月15日

EMIミュージックジャパン

1. 荒地
2. Survive
3. 新しい光
4. Face to Faceless
5. 銀世界
6. Muddy Mouth
7. 星に願いを
8. Monday
9. Endless Game
10. Scenes
11. カモメ
12. (予定情報)曲順未定

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

INFORMATION

■ライブ情報

Movement YOKOHAMA
◆2011年6月26日(日)
神奈川 横浜アリーナ
[問]DISK GARAGE
03-5436-9600

Movement Moment Tour 2011
◆2011年7月4日(月)
横浜 club Lizard
[問]DISK GARAGE
03-5436-9600

◆2011年7月6日(水)
渋谷 La.mama
[問]DISK GARAGE
03-5436-9600

◆2011年7月11日(月)
神戸 HELLUVA LOUNGE
[問]夢番地 大阪
06-6341-3525

◆2011年7月12日(火)
徳島 club GRINDHOUSE
[問]DUKE高松
087-822-2520

◆2011年7月16日(土)
酒田 MUSIC FACTORY
[問]GIP
022-222-9999

◆2011年7月18日(月・祝)
仙台 enn 2nd
[問]GIP
022-222-9999

◆2011年7月20日(水)
札幌 KLUB COUNTER ACTION
[問]WESS
011-614-9999

◆2011年7月22日(金)
新潟 LOTS
[問]キョードー北陸チケットセンター
025-245-5100

◆2011年7月24日(日)
伊那 GRAMHOUSE
[問]キョードー北陸チケットセンター
025-245-5100

◆2011年8月2日(火)
盛岡 CLUB CHANGE WAVE
[問]GIP
022-222-9999

◆2011年8月3日(水)
青森 Quarter
[問]GIP
022-222-9999

◆2011年8月5日(金)
秋田 Club SWINDLE
[問]GIP
022-222-9999

◆2011年8月9日(火)
いわき club SONIC
[問]GIP
022-222-9999

◆2011年8月16日(火)
水戸 LIGHT HOUSE
[問]DISK GARAGE
03-5436-9600

◆2011年8月18日(木)
京都 磔磔
[問]夢番地 大阪
06-6341-3525

◆2011年8月22日(月)
宮崎 SR BOX
[問]BEA
092-712-4221

◆2011年8月24日(水)
周南 TIKI-TA
[問]夢番地 広島
082-249-3571

◆2011年8月25日(木)
岡山 PEPPERLAND
[問]夢番地 岡山
086-231-3531

◆2011年9月7日(水)
広島 CLUB QUATTRO
[問]夢番地 広島
082-249-3571

◆2011年9月9日(金)
Zepp Fukuoka
[問]BEA
092-712-4221

◆2011年9月11日(日)
Zepp Osaka
[問]夢番地 大阪
06-6341-3525

◆2011年9月12日(月)
Zepp Osaka
[問]夢番地 大阪
06-6341-3525

◆2011年9月15日(木)
Zepp Nagoya
[問]SUNDAY FOLK PROMOTION
052-320-9100

◆2011年9月16日(金)
Zepp Nagoya
[問]SUNDAY FOLK PROMOTION
052-320-9100

◆2011年9月19日(月・祝)
Zepp Sapporo
[問]WESS
011-614-9999

◆2011年9月22日(木)
Zepp Sendai
[問]GIP
022-222-9999

◆2011年9月29日(木)
Zepp Tokyo
[問]DISK GARAGE
03-5436-9600

◆2011年9月30日(金)
Zepp Tokyo
[問]DISK GARAGE
03-5436-9600

※その他のスケジュールは、オフィシャルサイトをご覧ください

トップに戻る