今話題の星野 源がセカンドアルバム『エピソード』リリース!!

星野 源 | 2011.10.03

俳優、インストゥルメンタル中心のバンドSAKEROCKのフロントマン、シンガーソングライターとしてのソロ、ラジオの人気パーソナリティー、昨今は映像グループも主宰するなど、その表現の幅をマイペースで広げ続けている人物である。星野源。
口コミで評判が広がった名盤(CDショップ大賞での入賞も果たした)、ファースト・ソロアルバム『ばかのうた』から約1年と3か月。彼のセカンド・ソロアルバム『エピソード』が完成した。喜怒哀楽に収まらない、星野源という“人間の営み”が、ゆっくり堂々と響いてくる。

EMTG:ファーストソロアルバム『ばかのうた』の評判、CDショップ大賞入賞など、をどう受け止めてらっしゃいました?
星野:素直に嬉しかったです。ファーストは、とにかく自分の今の全部をとにかく出し切ろうっていう形でつくったので、いろんな人に聴いてもらえて、ライブもすごいいっぱいお客さんが来てくれるようになった。自分の中で対象が出来た事が、すごくうれしかった。だから今回は、その人たちに歌いたいっていう気持ちが、シングルの時からありましたね。気に入られるかどうかっていうことよりも、その人たちに真っ直ぐ、誠実に向き合うのがいいんじゃないかなと思って、作っていったんですよね。『ばかのうた』よりもっといろんな人に届くような歌を作らなくてはいけないと思ったし、グレードアップしなくちゃいけないとも思いました。聴いてくれるお客さんたちへの恩返しも含めて、もっといろんな人にしっかり届くようにいい曲を作りたい、作ろう、と。
EMTG:具体的にアルバムのイメージが出来上がったのは?
星野:シングル「くだらないの中に」って曲と「湯気」っていう曲があるんですね。それが出来上がってきて方向性が出てきたというか。「くだらないの中に」はバラードで、メロディがしっかりしている歌。曲もそうだけど、歌詞にも“愛”って言葉が入って来て、なんか甘さもあると思う。もう1曲は「湯気」はもっと……また違うサウンドで攻めていこうっていう方向で、甘くない曲。両方、そういう曲を作ろうと思って出てきた曲ではないんだけど、たまたま出てきたんです。で、この2つ方向性で、アルバムを作っていったら面白いものになるかなって思ったんですよね。
EMTG:なるほど。今回のアルバムを聞いて、ぜひ伺ってみたい事があったんです。 喜怒哀楽ってあるじゃないですか。星野さんの中で音楽を作る際、原動力になるのはどの感情ですか。素人考えなんですが、怒りとか泣くとかって音楽にしやすいのかなと私は思ったんですけど、星野さんのアルバムは、次々全部見えてくる。
星野:おー、なるほど。そうですね…… “怒”と“哀”が最初にあると、作りやすいっていうのは、あるかもしれないとは思うんですよね。なんか……「ちくしょう」「むかつくぞ」みたいな(笑)。でも、僕は、ひとつの要素だけで終わっちゃうのがあんまり好きじゃなくて。嫌なことを嫌な風に歌う、悲しい現実を悲しく歌うのって好きじゃない。悲しい現実の中には面白さも絶対あると思っているんですよ。怒りも、悲しみも喜びも絶対に近くにあるはずだ、と。そういう中で、ただ、ひとつがクローズアップされてるだけって思うんです。人間って、1日中悲しんでいられないでしょう?ただそう感じているだけ、その悲しみの中にナルシシズム的に埋もれていたいだけなんです。いくら悲しくても、テレビ見てニヤってしたりとか。すっごい泣いてる時でも、これ泣きすぎだなぁと思って笑ったりとか。人間って、そういうのが反応として出てくるもんだと思うんです。だから僕が曲を作る時には、悲しい気持ちの近くに、面白さや喜びが絶対にあるだろうって、作っていくようにしています。
EMTG:自分の価値観に対する確認の行為でもあるかもしれないですよね。それは、すごく孤独な作業だと思うんですが。
星野:孤独だと思います。でも、モノを作ってる人って、誰でもそうだと思うし……なんか、孤独じゃないと、ね、作れないっていうか。僕の曲、全然パーティー・チューンとかじゃないので(笑)。僕の歌は、やっぱ、1人用だと思うんです、すごく。だから、1人の人に同時にたくさん届けたいと思うし。
EMTG: 例えば、1対1×10……みたいな感覚?
星野:そうですね。そういう意味で、聴いてくれる人と対峙する音楽だと思うので、適当な気持ちでは絶対に作れない。
EMTG:1曲目、「エピソード」という曲の歌詞で “30分の1話”ってあるじゃないですが。すごく鮮烈な言葉だなと思いました。
星野:これは、個人的に、1番しんどい時につくった曲なんですよ。もう狂いそうだってぐらい辛かった時に作った。震災の影響もあるけど、もっと個人的にもいろいろあった時期だったんですよ。で、作曲を、アニメ見ながらやってたんです。なんか視覚の中で動いているものが欲しいと思って、たしか音を消してDVDとかを再生してたか、たまたまテレビをつけたかどっちかだったと思うんですけど。テレビアニメって30分じゃないですか。だいたい15分で、CM。CMの前にピンチが来て、CM後に展開があって、解決して次回予告みたいな。NHKの海外ドラマとかもそう。まぁ、NHKにCMは無いから編集されてますけどね。で、その時思ったのが、本当に今1番辛いけど、たぶんこの辛さは終わるよな、と。絶対に一生続くわけじゃないから、大丈夫だろうなって変な確信が生まれて。そしたら、すぐ曲ができたんですよね。あんなに辛かったのに。「あ、できた」って感じだったんですよ。
EMTG:ちなみに、苦しかった時期はどのようにして抜けていったんですか?
星野:このアルバムが完成して、それと同時に、いろんな事が抜けていった感じでしたね。だから、今、すっごく楽しい。「あれで合ってたんだ、良かったぁ?!」みたいな(笑)。1曲目(の歌詞)で“大丈夫”って言っちゃったんで、ちょっと心配ではあったんですけど、でも大丈夫だったなぁ、と。「大丈夫」ってすごい無責任な言葉だと思うんですよね。だから、今まで全然使えなかったんですけど、それでも今回は使いたいと、「大丈夫」って言いたいと思って使ったんですけど、大丈夫でした。はい。
EMTG:「大丈夫」を使って、ハードルを1個超えたような感覚は?
星野:ありますね。すごくあります。
EMTG:聴いてくれる人がいるから、届けたいと思ったからこその変化ともいえるかもしれませんね。
星野:あまり深くは考えてないんですけどね(笑)。でも、ちょっと話がさかのぼっちゃうんですけど、ソロで初めて1人で弾き語りした時、すごく反応があったんですよ。その時、まだリリースも決まって無いのに、こんなに伝わるんだってびっくりして。今はまたちょっと違う感覚もあるんですけど、当時は、僕、人があまり好きじゃなかった時期で(笑)。そういう中で、他人とコミュニケーションをとれた感じがして、気持ち良かったし、嬉しかったんですよね。たまたま僕の中から出てきた何かが、伝わったというのがすごく面白かったんですよ。ライヴでも、自分が歌っていくと、お客さんの様子がどんどん変わってくんですね。フェスとかだと、初めて聴く人がすごく多い。最初、どんなんだろうって感じで、腕を組んで観ていた人が、ライヴが進むにつれて変わって、すごく聴いてくれてるなって顔をする時もあるし、泣いてくれる人もいるし、ゆったり聴いている人もいるし。それが面白くって。僕、ライヴ中は、お客さんのことを見て、いろいろ考えながら歌ってるんですけど、僕の歌を聴いているみんなの顔って、大体、悲しくなっていくんですよね。だから、MCでなるべく笑ってもらって、くだらないこといっぱい話して。そのコミュニケーションみたいなのがすっごい楽しい。夏はフェスはがすごい面白かったし。だから今、ライヴが楽しくてしようがないです。
EMTG:ライヴのどの瞬間が1番楽しいですか?
星野:んー……お客さんが笑ってくれてる時が1番楽しいかな。
EMTG:それがMCでも?(笑)すみません、意地悪な返えしになっちゃいましたけど。
星野:MCでも、それが一番。最高に嬉しいです。……あ! あとは、ラジオです。ラジオでしゃべって、盛り上がる時があるんですよ。自分1人でしゃべってても、ブースとかメールとかですごく盛り上がってる時があって、それは本当に楽しいです。リアクションがあるのが楽しいんでしょうね。
EMTG:星野さん、周りの人の笑顔を見るのが好きとか?
星野:そうなのかな。自分自身、笑うことが好きで。笑ったり笑われたりっていうのが好きなんですよね(笑)。

【 取材・文:伊藤亜希 】

tag一覧 アルバム インタビュー 男性ボーカル 星野 源

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

エピソード

エピソード

2011年09月28日

ビクターエンタテインメント

1. エピソード
2. 湯気
3. 変わらないまま
4. くだらないの中に
5. 布団
6. バイト
7. 営業
8. ステップ
9. 未来
10. 喧嘩
11. ストーブ
12. 日常
13. 予想

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

とあるAV女優
新人のAV女優さんなんですけど。作品の中でものすごく楽しそうに演じてた人がいたんですよ。めちゃくちゃ楽しそうで、ステキだなぁと思って。その女優さんの名前を検索しました(笑)。
■ライブ情報

星野源『エピソード』リリース記念 弾き語りインストアライブ 『星野 源の「エピソード1.5」』
2011/10/16 SUN@タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース
2011/10/19 WED@タワーレコード渋谷店B1「STAGE ONE」
2011/10/28 FRI@タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください

トップに戻る