ソナーポケットのニューシングル「365日のラブストーリー。」は、毎日寄り添えるラブソング

ソナーポケット | 2011.10.19

着うたでは、すでに初登場1位を獲得しているソナーポケットの新曲「365日のラブストーリー。」。まさに日々、寄り添ってくれるような優しいラブソングで、共感度の高さは期待通りだ。リスナーと思い出が共有できるるような歌詞にも注目! その新曲がCD音源としては、10月19日にリリースとなる。曲の制作秘話から、今年目まぐるしく変化した活動環境なども含め、あれこれ突っ込んできいてみた(人間味あふれる記念日のエピソードにも注目!)。

EMTG:まず、「365日のラブストーリー。」ができた背景からうかがいます。いつ頃にできた曲なのか、そしてこの曲にこめたそれぞれの思いをきかせてください。
ko-dai:7月に先行配信した「ゴメンね…。~お前との~約束」と同じ時期に書いた曲です。良い時も悪い時も大切な人と過ごす毎日が二人にとってのラブストーリーだという思いを込めて書きました。男性から彼女や奥さんに届けて頂きたい1曲です。
eyeron:何気ないけどかけがえのない誰にでもある日常を描いているので、共感してもらえる人が多いはず。そういう毎日を大切にして欲しいという思いを込めています。歌詞に注目して聴いてください。
matty:大切な人との何気ない時間を大事にして欲しいという思いを込めて書いた曲です。恋愛がテーマですがビート感が心地良い曲なので、好きな人とのドライブなどにオススメです。
EMTG:歌詞の中には、おなじみのソナポケ楽曲のタイトル(「100年先まで愛します。」「二人いつまでも」「Promise」)が盛り込まれていますが、このアイデアはどなた発信ですか?
eyeron:僕のアイディアです。僕たちの曲がきっかけで付き合う事になったり、結婚したりする人が増えているんです。そういう方々がライブに沢山きてくれるようになっているので、新曲「365日のラブストーリー。」を聴いて、そんな人たちやファンの方々が喜んでくれると良いな、と思って遊び心で入れてみました。
EMTG:制作面で特に苦労された部分はありますか?
ko-dai:苦労はしませんでした。迷わずに思い描いていたモノを具現化できました。
eyeron:楽しみながら作業できました。苦労はしませんでしたね。
matty:作業中に思いついた色々なフラッシュアイディアがどんどんカタチになっていったレコーディングでした。楽しかったですね。女の子の「いいね」とか(歌詞に合わせて女の子の声が入っている)。
EMTG:着うたではすでに1位を獲得しましたが、ご感想は?
ko-dai:1位を獲れた事は勿論嬉しいですが、自分たちの楽曲が沢山の人たちに届いている事が何よりも嬉しいです。
eyeron:着うたが5曲連続で1位を獲れた事は素直に嬉しいです。ライブの歓声やお客さんが徐々に増えてきたのを目の当たりにして、沢山の人たちが僕たちの曲を聴いてくれているんだな、と実感しています。
matty:大変嬉しいです。これからも自然体で自分たちらしく良いものを作るべく頑張っていきたいと思っています。
EMTG:ちなみに、365日、自分にとって大切だと思うのはどういう日ですか?
ko-dai:毎日です。良い時も悪い時も全ての時が自分を成長させてくれると思っているので。
eyeron:ライブの日。自分の思いをファンの人たちに直接伝えられるので。
matty:毎日です。毎日が新鮮で楽しいですね。
EMTG:ではここで、クリスマスやバレンタイン、自分の誕生日、彼女の誕生日などなど、いわゆるイベントデーでの悲しい思い出があったらきかせてください。
ko-dai:中学の時のバレンタインデー。当時好きだったA子ちゃんに呼び出されたので、ドキドキしながら指定の場所に行ってみたところ、A子ちゃんの友達のB子ちゃんがいてA子ちゃんの目の前でB子ちゃんから告白されて困りました。
eyeron:誕生日。青春時代はなぜかko-daiと一緒に過ごすことが多かったんです……。
matty:かなり前のクリスマス。当時付き合っていた彼女とデートしていたんですが、途中で彼女が家族に料理を作る為に早目に帰宅してしまいました。家族想いの良い娘だと思っていたんですが、後日元カレに会いに行っていた事が判明。大変ショックを受けた事を思い出します。
EMTG:ええっ(笑)。ありそうな話で共感しますね。ところで、カップリングの「ゴメンね…。~お前との約束~」は、一転してすごく切ないラブソングなんですが、「365日のラブストーリー。」のその後では……などと連想してしまうのですが、実際どうなんでしょう?
ko-dai:この2曲はほぼ同時期に書いた曲です。「365日~」「ゴメンね~」という順番になっている訳ではなくて、何かの出来事が分岐点になって違うカタチになってしまった表裏一体の物語という感じが近いと思います。
EMTG:では、「ゴメンね~」の生まれたきっかけと、曲に対する思いをきかせてください。
ko-dai:「好きだよ。~100回の後悔~」を聴いてくれたファンの方から、「100回後悔しても忘れられません」という書き込みがあったんです。それを読んで「なるほど、確かにな」と思って、書いたのがこの「ゴメンね…。~お前との約束~」という曲です。「好きだよ。~」は別れてまだ間もない時の心情を歌っていますが、「ゴメンね…。~」は別れて暫く時間が経って、ふとした時に思い出す昔の感情=想いを歌っています。
eyeron:聴いて浸って泣いてから、踏ん切りをつけて次の恋に進んでいって欲しいですね。
matty:現在進行形で付き合っているカップルの人は、この曲を聴いてこんな風にならないようにして欲しい、失恋の傷がまだ癒えていない人は、次はこうならないように反面教師としてこの曲を聴いて欲しい、と思っています。
EMTG:続いて近況についてですが、今年はかなり多くの学園祭に出演されますね。学園祭ライブは通常ライブと違ってどんなところが楽しみですか?
ko-dai:普段ライブに来ない人、初めて会う人たちに会えるのを楽しみにしています。
eyeron:全国各地のみんなと一緒にサイコーのライブを作り上げたい。
matty:これまでライブで行ったことのない土地に行けるのが楽しみです。
EMTG:来年にはワンマンライブTOUR「ソナポケイズム Vol.3」の開催が決定しました!! ツアーに向けての意気込みをお願いします!
ko-dai:僕個人、グループ共に、パワーアップした姿をお見せする事を約束します!! お楽しみに!!
eyeron:ライブ本編は勿論ですが、みんなをアッと言わせるオープニング映像を今回も考えているのでお楽しみに。
matty:秋のツアーではDJ以外の事=ギターの演奏を行いましたが、次のツアーでも皆さんの期待を裏切る新しい何かにチャレンジするつもりなので、楽しみにしていて下さい。
EMTG:では最後に……2011年はソナポケの音楽が、かなり多くの人に知られるようになった1年だと思います。2011年、振り返ってどんな1年でしたか?
ko-dai:僕たちの事を応援してくれているファンの方々=“ソナサポ”との絆が深まった1年でした。
eyeron:ライブを演るごとに、客層が広がったと実感した1年でした。特に男性とカップルが増えてくれたのは嬉しいですね。
matty:あっという間の1年でした。うまくいった事も、いかなかった事もありましたが、ダメだった事を糧にして来年はもっと頑張りたいと思っています。
EMTG:ありがとうございました!

【 取材・文:海江敦士 】

tag一覧 シングル 男性ボーカル ソナーポケット

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

365日のラブストーリー。

365日のラブストーリー。

2011年10月19日

徳間ジャパンコミュニケーションズ

1. 365日のラブストーリー。
2. ゴメンね…。~お前との約束~
3. 365日のラブストーリー。 (instrumental)
4. ゴメンね…。~お前との約束~ (instrumental)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

●ko-dai
iPhone 4s

ついにスマホを買おうかどうか迷っています。
●eyeron
冬ファッション

今年の冬アイテムをネットで揃えようと思ってます。
●matty
カレー レシピ トマト

旨いカレーのレシピを調べて作りました。

トップに戻る