幅広さと深さがさらに増したMs.OOJAのニュー・アルバム。

Ms.OOJA | 2012.05.09

EMTG:セカンド・アルバム『HEART』がいよいよ完成しました。
Ms.OOJA:1作目の『VOICE』をリリースした後に、「ジレンマ~I’m your side~」、「Be...」、「My Way」を制作し、『VOICE』よりもさらにパーソナルな部分というか、より深い部分を表現したいと思ったんです。そこから、この『HEART』というアルバムのコンセプトが決まっていったなって思います。より大きく、深く表現できるアルバムにしたかったし、前作を踏襲した上で、さらに進化したMs.OOJAを見てもらいたいなって思ったんです。だから楽曲も、さらに幅広さがあったり、歌詞の世界観も、より進化したものを見てもらえるようになっていると思います。『VOICE』というアルバムは、あの時点での私の最高傑作であり、今振り返ってみてもいいアルバムで、この先何年も聴いていけるような作品だと思うんですけど、それをさらに超えて、この先をも見据えられるようなアルバムを作りたかったんです。
EMTG:『HEART』というタイトルには、どんな思いが込められているのですか?
Ms.OOJA:『VOICE』からの『HEART』というか、Ms.OOJAの等身大のハートというか、心の部分に触れていただけるアルバムになっているんじゃないかと思って、このタイトルにしました。
EMTG:これまでは、困難や悲しみを乗り越えて、次に踏み出していく力、みたいなことがテーマになっている歌詞が多かったと思いますが、今回の歌詞の世界観は、さらに幅広く、いろいろなストーリーが展開されているなという印象を受けます。
Ms.OOJA:そのテーマは根底にありつつも、さらに新しいテーマとして、今回はフィクションの世界も描いています。エンターテインメント性っていうところをより意識したし、あとライブを意識して作った楽曲もあって、アプローチの仕方が変わってきたなというのは、自分でも実感していますね。聴いてくれている人が、何を聴きたいのかということも、考えられるようになってきたというか。そうやって、フィクションの世界を表現してみたり、それとは逆に私の心の内を叫んでいるものもあったり、より幅広い世界を表現できたと思います。だからボーカルも、あえて軽く歌ったり、耳触り重視で作った楽曲もあったり、歌詞を聴いてもらいたくてすごく深く歌っているとか、表現のしかたも、楽曲に合わせて大きく変えましたし、そういう部分でも成長できているなって感じます。
EMTG:さらに幅広い要素というのは、具体的にはどんなことでしょうか?
Ms.OOJA:「Forbidden Love」という曲は、プロデューサーのJINさんに作っていただいたメロディを、あえてもっと歌謡曲っぽくしていただきました。歌詞も、フィクションの世界を構築して、それを自分で楽しみながら書いていきました。あと、インタールードがあるんですけど、実はそれも1曲の独立した楽曲になっていて、短い楽曲を、あえてインタールードという扱いにしているんです。しかもアッパーなロックというか、自分が今までにやったことがないようなものになっています。そういった、これまでやっていなかったけど、ずっとやりたかったことも、今回はできました。
EMTG:そんな新しいアプローチの結果として、全体的にすごく大きなストーリーが展開されたアルバムになっているなと感じました。
Ms.OOJA:人って一面ではなくて、いろいろな面が集まって成り立っていて、だからこそ私もいろいろな表現ができるし、でもそれって、誰かが隣にいて支えてくれているからこそ、気づけることも多いと思うんですね。そのことを歌で表現することによって、みんなにも気付いてもらえたらいいなって思います。最後に入っている「RE;BORN」という楽曲は、このアルバムの答ともいうべき楽曲で、私が今いちばん発信したいメッセージが詰まっています。私は、人って毎日生まれ変わっていて、朝日が昇るように、朝起きる度にきっと新しい自分になっていて、昨日と同じ自分はいないって思っているんです。だからこそ、どんなことがあっても、嵐が来ようが、雷が鳴ろうが、それでも日々の時間は進んでいくわけで、前を向いて歩いて行かないといけないし、だけど次に笑える時には、きっと新しい自分になっているし、前向きに生きていきたいという思いを、「RE;BORN」という歌に込めているんです。この曲を最後に持ってくることで、さらに次の作品への思いも強くなってくるし、ライブの画も見えてくるし、すごく大事な楽曲です。私は、自分らしく生きることって、実は誰にもできなくて、これまで歩いてきた道のりというのが、自分らしさになっていくんだと思っています。だからこそ、今ここにいる自分というのは、全部を乗り越えてきた、最高点の自分だと思いたいんです。嫌なこともあるし、いいこともあるし、消し去りたい過去もあったり、あの頃に戻りたいって思う輝かしい過去もあったりするけど、そのすべてを乗り越えてきたのが今の自分なんだって。だから、今日という日を精一杯生きて、明日の自分が今日の自分を見た時に、誇れるような生き方でありたい、という思いが伝わればいいですね。
EMTG:では、ファンの方にメッセージを。
Ms.OOJA:以前から私の音楽を聴いてくれている人も、「Be...」から私を聴き始めた人にも、ちょっとした驚きがこのアルバムの中にはあるし、この幅広さは私の中でも挑戦だったんですけど、その次が見てもらえるような、次も楽しみにしてもらえるアルバムになったんじゃないかと思います。サプライズを楽しんでほしいな、と。アルバム1枚を通して表現できる世界というのを、一切の妥協なく作り込みました。だから、ぜひアルバムの1曲目から最後まで、通して聴いていただきたいです。あと、秋にはツアーも予定していますので、ぜひ会いに来てください。

【取材・文:熊谷美広】

tag一覧 アルバム インタビュー 女性ボーカル Ms.OOJA

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

HEART

HEART

2012年05月09日

ユニバーサル・シグマ

1. Intro
2. Be...
3. My Way
4. ジレンマ ~I’m your side~
5. Interlude ~ロックミーベイビー~
6. I gotta feel
7. Forbidden Love
8. 最後の言葉
9. get over
10. One way Drive
11. I can change
12. Letter
13. RE;BORN

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

吉川晃司
最近流れている、吉川晃司さんのチョコモナカジャンボのテレビCMが超面白くって、大好きなんです。あれを見ると嬉しくなります。まだご本人にはお会いしたことはないんですけど。


◆インフォメーション◆

★Ms.OOJA Official Mobile Site★ QR
または、携帯から「アーティストアリーナ」で検索!

トップに戻る