JUJUのニューシングル「ただいま」。嬉し泣きしそうな、心に染みるバラード。

JUJU | 2012.06.13

 昨年は、自身の原点でもあるジャズを存分に歌ったアルバム『DELICIOUS』をリリースし、J-POPファンのみならず幅広い世代にその歌を響かせたJUJU。ニュー・シングル「ただいま」は、これまで数々の泣きのバラードを歌い紡いできたJUJUにとっての新機軸と言える、幸せやぬくもりに満ちた曲だ。いつもそこにあるもの、日常のなにげない1シーンにふいに胸がきゅんとときめいて、愛おしさがわくような優しい笑みがヴォーカルに宿っている。傍らで寄りそってくれる歌声で、多くのリスナーの心をあたためてくれそうだ。

EMTG:これまでのJUJUさんの曲には、切なさや恋愛の痛みを歌った曲が多くありましたが、今作“ただいま”はほっこりとあたたかな曲になりましたね。
JUJU:この曲は、ドラマ「もう一度君に、プロポーズ」(主演・竹之内豊、和久井映見)の主題歌なんですが、大まかなドラマのストーリーを聞いて、すごくいい話だなあと思って。当たり前にそこにあるけれど、見ようとしないから見えないものっていうのが、じつはたくさんあると思うんですね。おおげさなことっていうのは一切ないけれど、その存在があったからからこそ今に繋がってるんだなっていうのに気づけるドラマなんだなと思って。だから今回は、切なさではなくて、この人がいてよかった、って嬉し泣きできる曲になったらいいのかなって。
EMTG:これまでに何度かタッグを組んでいる亀田誠治さんがプロデュースを手掛けていますが。
JUJU:今回は、亀田さんとのお仕事のなかでも、いちばん密にやらせていただいた曲ですね。普段、亀田さんにアレンジをお願いするときは、歌のキーも決まっているんですけど、今回は曲やアレンジがゼロのところから、どうしましょうねっていう感じで。わたしが歌ったらどんな感じかを試してみたかったらしく、初めて亀田さんのスタジオにおじゃましていろんなキーで歌ってみたりして。ただ、レコーディングに関しては、亀田さんは「こうなんじゃないの?」っていうような指示が一切ないんです。だから余計にこっちも緊張するんだと思うんですけど。でも、すごく楽しいんですよね。
EMTG:亀田さんならではのやりかたであったり、レコーディングの雰囲気というのはあるんですか。
JUJU:そうですね。亀田さんとのいちばん最初のセッションは、めちゃくちゃ緊張しましたね。その日は「やさしさで溢れるように」の楽器のレコーディングだったんですけど、顔合わせであいさつがてら来てくださいねって感じだったのに、「せっかく来たなら歌おうよ」ってなって。なんの準備もないままに、いっせーのせでバンドもわたしも一気にやるっていうところからはじまったので。もちろん、次のレコーディングで歌い直しはするんですけど、もうそのときの恐怖?――いい意味で、ですけどね。しかも亀田さんの周りのミュージシャンは名だたる方ばかりなので、「なんだろうなんだろうこの責め苦……」みたいな(笑)。すごく緊張はしたんですけど、次の日のレコーディングでは、わたしと亀田さんとエンジニアさんしかいない、珍しくレーベルスタッフが一切介入しないレコーディングで。レコーディングはとくに神聖な場なんだなっていうのを思い出させて下さったのが亀田さんですね。
EMTG:カップリング曲「花がめぐるところへ」は、JUJUさんも出演するジャックスCMソングですね。この曲は、シンガーを志して単身NYに渡って、こうして夢を実現させたJUJUさん自身が反映された曲で。一歩踏み出していくときに、そっとそばにいてくれるような歌になっています。
JUJU:ジャックスのCMが、若い人たちにもっといろんなことにチャレンジして欲しい、未来にタネをまこうっていうコンセプトがあって。未来にタネをまくときって、環境が変わるのが怖かったりするし、新しいことをはじめたりとか、慣れ親しんだ場所や人から離れるのもプレッシャーだと思うんです。でもそのときのさよならは、この先のなにかのためのさよならだし、恐れずに一歩前に行く人たちが増えるといいなっていう思いのもとできあがった曲ですね。
EMTG:その怖さとは、JUJUさんがNYへ飛びこんで行くときも感じたもの?
JUJU:私がNYに行ったときは、怖いものがひとつもなかったので。逆に、デビューで日本に帰ってくるときの心境に近いかもしれない。10代のときは、一秒でも早く親元から離れたい気持ちが大きかったし。地元とさよならするのも、あばよ!みたいな感じだったんですよ(笑)。それよりも、デビューする時に、NYを離れなきゃいけないんだなっていうときのほうが、この人たちにしばらく会えなくなるんだなとか、居心地のいいNYを離れなきゃいけないんだなとか、デビューすることでたぶんいろんなものが変わっていくから、怖いなと思ってた。でも怖いなと思っても、やってよかったことのほうが多いから。歌いながら、いろんなことを思い返しましたね。ほんと、むかしからヘタレで臆病なんですよ。未だにビクビクはしてるけど、あのころのほうがもっとビクビクしているし。
EMTG:単身NYに行っちゃうような人が臆病とはとても思えないんですが。
JUJU:好きなものに飛びこんで行くことに関しては、臆病じゃないんですよね。そもそもは臆病なんだけど、でも、NYに行くっていう楽しさのほうが先に立ってるから、そこに責任はないじゃないですか。それが仕事になっていったりとか、責任っていうのものがついてくると、失敗したらどうしようとか、誰かに迷惑をかけたらどうしようとか、そういうのを考え始めるとどんどんヘタレになっていくんですよね。基本考えすぎなんです(笑)。わたしでいいのかな?っていうような思いは、今も消えないです。誰もわたしのライブなんか見たくないよーとか、しょっちゅうヘタレなこと言ってますから(笑)。

【取材・文:吉羽さおり】

tag一覧 シングル インタビュー 女性ボーカル JUJU

関連記事

リリース情報

ただいま(初回盤)

ただいま(初回盤)

2012年06月13日

SMAR

1. ただいま
2. 花がめぐるところへ
3. ナツノハナ (Touch Of Jazz Version)
4. ただいま (Instrulmental)
ディスク:2
1. 「JUJU LIVE TOUR 2011 ~YOU~」ダイジェスト

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

JUJU JAZZ TOUR 2012 〜DELICIOUS〜
2012/08/10(金)NAGOYA Blue Note
2012/08/12(日)BLUE NOTE TOKYO
2012/08/13(月)BLUE NOTE TOKYO
2012/08/15(水)Billboard Live OSAKA
2012/08/16(木)BLUE NOTE TOKYO

※その他ライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る