[Champagne]が、この夏に放つ強気のニューシングル

[Champagne] | 2012.07.06

 この夏の要注目バンドとして、急速に評価を上げているバンド“[Champagne]”。そのボトムアップの要因となった最新アルバム『Schwarzenegger』からリカットされたニューシングル「Kill Me If You Can」は、タイトルどおり“俺たちの音楽を、止められるもんなら止めてみろ!”と言わんばかりのアグレッシヴなロックチューンだ。意味深い英語詞と、変幻自在なサウンド・アプローチを誇る[Champagne]らしい楽曲となっている。この時期になぜリカットしたのか、そして改めて「Kill Me If You Can」に込めた思いを、ボーカル/ギタリスト/ソングライターの川上洋平に聞いてみた。
川上は遠慮のない言葉を吐く、自信に満ちた長身のミュージシャン。それゆえ、“ビッグマウス”扱いされることもあるが、おとなしいロックバンドが多い昨今、川上がケタ外れにチャーミングな男であることは間違いない。

EMTG:「Kill Me If You Can」って、どう考えても世間にケンカ売ってるでしょ。どんだけ強気なの?(笑)
川上:えー、そんな強気ですかぁ?(笑)
EMTG:君のやることなすことは、いちいち気持ちいいくらい強気だよ。でも元気があって、よろしい! なぜこれをリカットしたの?
川上:4月にアルバム『Schwarzenegger』を出して、7月にシングルを出すことが決まっていたんだけど、新曲モードよりもまだまだアルバム・モードだったので、リカットしたほうがいいかなと思って。『Schwarzenegger』をもっといろんな人に聴いて欲しい。アルバムを出してから3ヵ月で次のモードに行くのは早いな、と。で、どの曲をリカットしようかって考えたときに、リハーサルとライブをやってく中で、「Kill Me If You Can」がいいかなって思った。自分が今、伝えたいことが入っている。「殺(や)れるもんなら、殺ってみろ!」っていう。
EMTG:だから、それが強気だっていうの(笑)。一体、誰に向かって「殺(や)れるもんなら、殺ってみろ!」って言ってるの?
川上:周りの全員に対して。他のバンドやら、音楽ファンやら、[Champagne]のメンバーやら、事務所も含めて、すべての周りに向かって言いたかった。もちろん自分自身に対しても言ってます。僕の仕事は、詞曲を書いて歌うこと。それが無くなってしまったら、用済みの人間になってしまう。でも今までの自分は、まだまだ周囲のイメージに縛られていて、かっこつけてた。でも今、自分を防御してたものを取っ払って、全部脱ぎ捨てて、自分を出さなきゃいけない時が来た。僕は作り続けるし、進み続ける。だからプレッシャーもあるけど、期待を含めて、僕を押しつぶそうとするものに宣戦布告して、その上を行くぞってことです。
EMTG:それにしても、攻撃的だなあ。
川上:“Kill”っていうと攻撃的に思うかもしれませんが、けっこう素直ないつもの自分なんですよ。自分から言わないと進まないし、甘えが出てしまう。だから常に大きなことを言っていく。そうしないと、僕が考えるかっこよさには結びつかないと思う。
EMTG:“戦いはひとりでやれ”って言ってるところも、すごく攻撃的な歌だと思う。
川上:戦い方って、いろいろあると思うんですよ。「ひとりじゃないよ」っていう言い方をする人もいるし、世間的にはそっちが多いのかもしれない。でも僕はひとりで戦うほうを選ぶ。殺される覚悟をしないとダメだって言う。そういう言い方は厳し過ぎるし、ポエティックでもない。もっとこうしたらきれいな詞になるだろうなと思うけど、僕の詞は論文に近いかもしれないですね。ストーリーを作ってるっていうよりも、哲学書みたいな。ファンタジックには書けないんです。自分に対しても、他人に対しても、リアルに突く。
EMTG:そこまでリアルに徹すると、英語で歌詞を書くのはもどかしくないの?
川上:ジレンマは、最近、ちょっとあるかな。でも、自分は自然にやってるし、英語じゃないと言えない表現もあるので、仕方ないと思ってます。「Kids」って曲のPVで日本語の訳詞を載せたら、リアクションがあった。それはそれでよかったと思うんだけど、言葉が伝わらなくても、歌だからこそ伝わるものがあると思う。僕自身、歌詞はさっぱり分からなくても、いいなと思った曲はいっぱいあったから。言葉だけを伝えることにこだわり過ぎると、ただの論文になってしまう。たぶんOASISの歌詞なんて、本人も何言ってんだか分からないんじゃないですか(笑)。歌詞であって、読む詩ではないですから。
EMTG:確かにそうかも(笑)。
川上:僕が最終的に成し遂げたいのは、何を歌ってるんだか分からないのに、それでも「いい歌だよな」って言わせることですから。
EMTG:ほんとにビッグマウスだな(笑)。
川上:だってそういう歌のほうが、10年後も歌えそうだし。
EMTG:そうだね。そういえば、シングルのカップリングにプライマル・スクリームの「Accelerator」のカバーが入ってるけど、なんで日本語の訳詞は載せなかったの?
川上:同じ理由で、載せるつもりはなかったです。僕はこの歌が大好きで、ライブでたまにやってますけど、歌詞が分からなくてもいい歌だって言う人が多い。
EMTG:そして間もなく夏フェスが始まる。今年、[Champagne]はあちこちから呼ばれてるね。
川上:「Kill Me If You Can」は、狭いライブハウスでも、大きな会場でやってもオーケーな歌なので、でかい野外で歌ってみたいんです。となると、みんなに知っててもらわないとっていうのもあって、シングルにした。
EMTG:野外で「殺(や)れるもんなら、殺ってみろ!」って歌うバンドは、そうそういないぜ(笑)。
川上:だから[Champagne]がやるんですよ(笑)。
EMTG:強気のフェス、期待してます!

tag一覧 シングル インタビュー 男性ボーカル [Champagne]

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

Kill Me If You Can【生産限定CD】

Kill Me If You Can【生産限定CD】

2012年07月11日

RX-RECOREDS/UK.PROJECT

1. Kill Me If You Can
2. Waterdrop
3. Accelerator
4. Busy Dragon Playing

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

●川上洋平
肉料理 ブラジル

お酒は飲まないんですが、いろんな焼肉が大好きで、今はブラジルのシュラスコ料理にはまってます。“トゥッカーノ渋谷”はいいです。夏こそ肉でしょ!!


■ライブ情報

UKFC on the Road 2012
2012/07/25(水)大阪BIGCAT
2012/07/26(木)名古屋CLUB DIAMOND HALL

2012/08/01(水)新潟LOTS
2012/08/02(木)仙台Rensa
2012/08/14(火)新木場STUDIO COAST
2012/08/24(金)福岡DRUM LOGOS

2012 JISAN VALLEY ROCK FESTIVAL
2012/07/29(日) [韓国]JISAN FOREST RESORT

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012
2012/08/05(日)国営ひたち海浜公園

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO
2012/08/10(金)石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

SUMMER SONIC 2012
2012/08/19(日)QVC マリンフィールド&幕張メッセ

MONSTER baSH 2012
2012/08/26(日)国営讃岐まんのう公園内 芝生広場

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2012
2012/09/01(土)山中湖交流プラザ きらら

RUSH BALL 2012
2012/09/02(日)泉大津フェニックス

BAYCAMP2012
2012/09/08(土)川崎市東扇島東公園 特設会場

[Champagne]×SHARKS JAPAN TOUR 2012
2012/09/11(火)恵比寿 LIQUIDROOM
2012/09/13(木)大阪 BIGCAT

RX-RECORDS presents 星の屑ども作戦
~STAR-DU-STARS MEMORY~

2012/11/03(土)赤坂BLITZ
2012/11/04(日)赤坂BLITZ
2012/11/09(金)広島CLUB QUATTRO
2012/11/10(土)福岡DRUM LOGOS
2012/11/12(月)高松DIME
2012/11/15(木)なんばHatch
2012/11/17(土)Zepp Nagoya
2012/11/18(日)新潟LOTS
2012/11/25(日)仙台Rensa
2012/11/30(金)旭川CASINO DRIVE
2012/12/01(土)札幌PENNYLANE24

※その他ライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る