家入レオが待望の1stアルバム『LEO』をリリース!

家入レオ | 2012.10.24

 本年、ビックタイアップ付きのシングルで、鮮烈なデビューを飾った家入レオ。その後も、ハイペースでシングルをリリース。スリリングな楽曲と媚びない眼差しで、じわじわと実体を浸透させ、この夏には、初めて夏フェスへ出演し、入場規制がかかるほどの人気を見せた。
 噂が噂を呼んだ形と言えるだろうか。
この追い風の中、リリースされるのが、ファースト・アルバム『LEO』である。
このアルバムを聴けば、きっと思うだろう──噂は本当だった、と。

EMTG:今年の2月にデビューして、約半年でアルバムリリース。家入さんにとって、どんな半年間でした?
家入:自分でも“すごく駆け足だったな”って感じています。半年間でシングル3枚、アルバムまで出させていただいて。こういう早いスピードでリリースさせていただけて、すごくありがたいと思います。
EMTG:アルバム『LEO』収録の13曲は、いろんな時代の曲が混ざっている感じですか?
家入:そうですね。曲を作り始めた13歳の時から、今まさにのリアルタイムまで。アルバムの締切が9月の上旬だったんですけど、夏休みを利用して作った曲の中から、何曲かは入っています。本当に楽しみながら、改めて音楽って素敵だな、歌うって素敵だなと思いながら、作る事ができた作品です。
EMTG:元々、歌う事は、自分の中では楽しい事だった?
家入:楽しかったし、もう、それしか無かったというのが、すごく大きかった。自分をちゃんと出せる場所が、歌うことしかなかったというか。小さい頃から、あまり感情が表に出ない子だったみたいで、先生からも“どうしたの?”って言われるくらいで。じつはそこが、すごくコンプレックスだったんですよ。でも、お遊戯会で歌った時に、すごく伝わるものがあるよって言われて。“あぁ、音楽だったら、ちゃんと自分の気持ちを表現できるんだ”って思ったんですよね。
EMTG:お遊戯会……ということは、幼稚園の時代に、今言ったような事に気がついた?
家入:そうなんです。感情を普段から出していいと思っているところが無かったっていうか……。
EMTG:そこを自覚してると言う事は、自分の中では、感情を出せなかった理由も明確になっている?
家入:はい。小さい頃、両親と離れて親戚の家を転々としていた時期があって。親戚でとても大事にされているのはわかっていたんだけど、大人の表情に敏感になってたんです。わがままが顔に出ちゃうと、嫌な顔する大人もいたし。だから、無表情でいることが、すごく楽だった。だからわざとそうしていたんです。でも、音楽は、喜怒哀楽を見せても、許されるし褒めてもらえる。何をしても、大人に“いい子だね”って褒めてもらえる。そこがすごく大きかったと思うんです。
EMTG:そういう中で、曲を書き始めたきっかけは?
家入:中学時代、尾崎豊さんの「15の夜」を聴いて、♪心のひとつも解りあえない大人達をにらむ♪って歌詞があって、尾崎さんが叫びながら歌っていたんです。聴いて、涙が止まらなかった。“あぁ、歌うってこういう事を叫んでいいんだ”と思って。それまでは、喜びとか楽しいことばかりを伝えるものだと思ってたけど、そうじゃないんだって。私も叫びたいと思って、曲を書き始めたんです。
EMTG:曲を書き始めた頃の家入さんは、今振り返ってみたら、どんな人間でした?
家入:すごくヒリヒリしてたと思います。歌しか本音を言える場所がなかったし、歌は、すべての弱さとか痛みを向けていた場所でもあるかな。だから自分でも、聴いてて、ヒリヒリしてるなと思う。
EMTG:そこが曲に出てて、スリリングだし、いい意味で緊張感になってるけど、不思議と解放感も感じられる。家入さんの中で、歌を作る時、ヒリヒリしただけ、痛いまま、哀しいままじゃ終わりたくない……みたいな想いはあるんですか?
家入:あります。哀しいだけじゃ終われないっていうのももちろんあるし。現実ってやっぱり、どうやっても現実だから。ハッピーエンドじゃ終わらない事なんて、たくさんあるじゃないですか。だから曲の中では、せめて光を詰め込みたいと思っています。でも、その光は決して嘘であってはいけないと思うんです。嘘だったら、もっと絶望しちゃうと思うし、だから私は、自分が見た光を、大きなものじゃなくてもいいから、必ず入れ込むようにしています。
EMTG:この半年間で、音楽との向き合い方が、変わって来たりしました? 自覚はあります?
家入:変わったと思います。1stシングル「サブリナ」、2ndシングル「Shine」を リリースして、ファンの人からメッセージもらったりしていく中で、3rdシングル「Bless You」を書いた時に、自分の思った音楽をやっていきたいと思ったんです。叫ぶだけが音楽じゃないし、もっと幸せな家入レオを歌ってもいいんじゃないかなって思う事もできました。それからは、いい意味で、いろんな事に、とらわれなくなり、、表現がすごく自由になってきたと思います。
EMTG:では、今、曲を作る時のいちばんの原動力になっているものは何ですか?
家入:ファンの皆さんの存在だと思いますね。「Shine」っていう曲の中に♪高い壁だったら乗り越えられる、君ならできるから♪というフレーズがあるんですけど、これを聴いたファンの方が“励みになりました”ってメッセージをくださって。“私の歌が、届いてるんだ”と改めて思ったんです。それで、自分にとっての高い壁って何かなって思うキッカケになって、「Bless You」ができました。ファンの皆さんの声がなかったら、出来ていませんでした。これってきっと、デビューしてなかったら書けなかった曲だと思うんです。もちろん自分の叫びではあるんですけど。それが他の人の感情に、重ね合ってる事はすごく嬉しいし。媚びないで、自分の気持ちを出したときに共感してくれる人が現れたっていうのは、本当に嬉しい、素晴らしい事だと思うんです。デビューできて、本当に良かったなと思ってます(笑)。

【取材・文:伊藤亜希】

tag一覧 アルバム インタビュー 女性ボーカル 家入レオ

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

LEO(初回盤)

LEO(初回盤)

2012年10月24日

ビクターエンタテインメント

ディスク:1
1. サブリナ
2. Last Stage
3. Say Goodbye
4. Shine
5. 明日また晴れますように
6. Second Dream
7. キミだけ
8. Bless You
9. Fake Love
10. Hello
11. ミスター
12. Lady Mary
13. Linda
ディスク:2
1. イジワルな神様 [Music Video]
2. イジワルな神様 [Making]
3. Live from SETSTOCK’12
4. LEO Files 2011-2012

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

アサイー
私はドリンクとして飲むんですけど。味は少しとろみをつけたブルーベリーのような、ベリー系な感じです。毎日飲むと、本当に体質が変わって。肌の調子も良くなるし、すごくいいんですよ。


■ライブ情報

大東文化大学祭
2012/11/03(土)大東文化大学

日本福祉大学福祉大学祭
2012/11/18(日)日本福祉大学

第12回青少年のためのコンサート
2012/12/08(土)三条市中央公民館大ホール

家入レオ 1st ワンマン Tour 〜LEO〜
2013/01/17(木)福岡DRUM Be-1
2013/01/19(土)梅田クラブクアトロ
2013/01/20(日)名古屋クラブクアトロ
2013/01/25(金)渋谷クラブクアトロ
2013/03/09(土)大阪BIGCAT [追加公演]
2013/03/17(日)赤坂BLITZ [追加公演]

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る