ACIDMAN、パラレルワールドを描いたニューアルバム『新世界』をリリース!

ACIDMAN | 2013.02.28

 おごそかなイントロダクションとエピローグを持つ『新世界』は、ACIDMANが今、抱えている世界観を多角的に伝えてくれるアルバムだ。どの曲も共通するテイストを持ちながら、違ったシチュエーションで世界の始まりと終わりを描く。言ってみればひとつのストーリーが並行しながら進行する世界、“パラレルワールド”を体験させてくれるアルバムなのだ。
 中で中心となるのは、坂本龍一がピアノを弾く「風追い人(前編)」と「風追い人(後編)」だろう。インストの「風追い人(前編)」では、坂本のベスト・プレイが聴ける。また「風追い人(後編)」では、ACIDMANと坂本の世界観がクロスしシンクロしながら名曲を形作っていく。ACIDMANが今回到達した素晴らしい新境地と言うことができるだろう。
 昨年のさいたまスーパーアリーナでのライブなど、このところ集中してバンドとしての進化を続けているACIDMANの大木伸夫(vo&g)、佐藤雅俊(b)、浦山一悟(dr)の3人に話を聞いた。

EMTG:先行シングル「新世界」と同じタイトルのアルバムだね。
大木:シングルの評判がよくて、自分の中で思うところがあったんです。今回のアルバムは、どの曲も“新世界”のことを歌っている。だったらアルバム・タイトルは“新世界”でいいかな、と。タイトル候補は他にもあったんだけど、これに決めました。
EMTG:確かに、全曲に共通するイメージがある。
大木:正確に言えば、キーワードは“新しい星”ですね。
佐藤:「新世界」はすごくエネルギーのある曲なので、自分自身のケツを叩かれているような気がする。それでアルバムを作っている間、ずっと聴いてましたから、僕にはこのアルバム・タイトルがしっくりきます。
EMTG:宇宙や物理学などを通じて生命を描く方向は健在だね。
大木:そうですね。たとえば2曲目の「SUSY」は、人の名前じゃなく、“超対称性”を表わす言葉なんですよ。この世界の隣には鏡の世界があるっていう。これもひとつの“新世界”なんです。
EMTG:出た!!(笑)。大木が自分の好きなことを歌に落とし込めるのは、いつもすごいなと思ってます。
大木:まあ、自分の興味のあることなんで(笑)。
EMTG:そしてアルバムの背後に、ひとつのストーリーを感じた。
大木:どの歌も時間軸は一緒で、それぞれの曲は「いろんな星で歌っている」っていうようなイメージなんです。
EMTG:アルバム全体を聴いていて、今の世界が終わって“新世界”になるというイメージを受け取った。そこに少し悲観的な感じもした。
大木:“悲観”ですか? アルバム後半の「カタストロフ」、「白光」で絶望を描いて、最後の「to gen (outro)」で雲の上で再び出会って満たされていくんです。「to gen」は“桃源郷”のことでもあって、桃源郷に行くには絶望を通らないといけないっていう。
EMTG:“静と動”とか対照的な事象をピックアップしてきたACIDMANらしいアルバム構成になってるんだ。中で、坂本龍一さんとコラボしてる2曲が凄かった!
大木:坂本さんが映画音楽を作るようになってからのファンで、『ラスト・エンペラー』が特に好きです。いつか会いたい人No.1。しかも坂本さんがACIDMANを聴いてくれているっていう話があって。実は「風追い人(前編)」は、坂本さんに影響されて数年前から作っていたんですよ。もしできるなら、坂本さんに弾いてほしいと思ってた。そうしたら「NO NUKES 2012」でお会いできて、そのときに「弾いて欲しい曲があるんです」って直談判したら「ぜひ」って言ってくれた。響き合う人って、どこかでつながるんですね。最初は「風追い人(前編)」だけだったんですけど、「風追い人(後編)」もお願いして。
EMTG:願いがかなったんだ!
大木:はい。坂本さんがピアノを弾いてくれたトラックに歌を入れた時、嗚咽しましたもん。
EMTG:感激したんだね。
大木:凄かったです。
EMTG:そういう壮大な曲もあれば、「Further?夜になる前に?」みたいなクールな16ビートの曲もある。
大木:音楽の幅は広がってます。
浦山:大木のデモを聴いた段階でどの曲もよかったので、モチベーションを上げていろんな音楽性に挑みましたね。
EMTG:スーパーアリーナ以降、バンドが本当に進化してる。
大木:アリーナだけじゃなくて、全ツアーを通じて、自信ができました。これまで以上にファンを信頼できる気持ちにもなれたし。
EMTG:その自信は、たとえばどんなところに表われてるのかな?
大木:ツアーから勇気をいただいて、逃げる表現をしなくなった。自分の気持ちを、ちゃんと書く。今回、歌詞を書いていて、ひとつ壁を越えられたと思います。
EMTG:限定盤にはシングル曲「アルケミスト」の元になった小説「アルケミスト-夢を旅した少年-」の文庫本が付いている。
大木:本を手に取るのは、CDを手に取るのと同じくらい大事なこと。本を読むことで、世界が変わっていくことがある。CD屋に本が並んでたら嬉しいって、ずっと思ってたんですよ。今回のアルバムにある“旅感”は、「アルケミスト」から出ている。だから本を読んでからアルバムを聴いてほしいですね。しかも曲順どおりに! そうやって聴くと、絶対に面白いと思います。
EMTG:ありがとうございました。

【取材・文:平山雄一】

tag一覧 アルバム 男性ボーカル インタビュー ACIDMAN

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

新世界

新世界

2013年02月27日

EMIミュージックジャパン

1. gen to (intro)
2. SUSY
3. 新世界
4. NO.6
5. ラストコード
6. アルケミスト
7. 風追い人 (前編)
8. 風追い人 (後編)
9. Further~夜になる前に~
10. 君の正体
11. カタストロフ
12. 白光
13. to gen (outro)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

ACIDMAN LIVE TOUR “新世界”
2013/06/07(金)Zepp Tokyo
2013/06/09(日)福島iwaki SONIC
2013/06/11(火)新潟LOTS
2013/06/13(木)石川EIGHT HALL
2013/06/15(土)Zepp Nagoya
2013/06/19(水)香川オリーブホール
2013/06/22(土)韓国Prism Hall
2013/06/25(火)桜坂セントラル
2013/06/28(金)鹿児島CAPARVO HALL
2013/06/29(土)Zepp Fukuoka
2013/07/03(水)宮城Rensa
2013/07/05(金)岩手KLUB COUNTER ACTION MIYAKO
2013/07/07(日)Zepp Sapporo
2013/07/11(木)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2013/07/13(土)広島CLUB QUATTRO
2013/07/15(祝)Zepp Namba
2013/07/20(土)台湾THE WALL TAIPEI
2013/07/26(金)日本武道館

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る