Stay youngなチューンと共に、[Champagne]の本領が、いよいよ開花

[Champagne] | 2013.04.01

 ここ最近、「ロックシーンは黙って俺達にまかせろ!」と言わんばかりの強気発言でバンドの夢を語ってきた[Champagne]の本領が、いよいよ開花。爽快な前作シングル「starrrrrrr/涙がこぼれそう」で[Champagne]の魅力がさらに広く伝わって、期待がマックスに膨らんだところで、ニューシングル「Forever Young」がリリースされる。
 この「Forever Young」が、すごいのだ。ポップで明るいイントロからして、バンドの心が全開なことが伝わってくる。歌が始まると、“ビッグマウス[Champagne]”の青くて潔いハートが勢いよく飛び出してくる。このドキドキ感は、シーンNo.1だ! 
 一方、カップリングの「Onion Killing Party」は、ドラム庄村聡泰の初作曲作品。リリックはタマネギ嫌いな庄村の素顔を川上洋平が暴いたコミカルな問題作。これまで4人で共同生活を続けてきた[Champagne]は、ニューシングルをリリースするタイミングで、それぞれに暮らし始めるという。絶好調の川上(vo&g)、磯部寛之(b&cho)、白井眞輝(g&cho)、庄村(dr)にバンドの今を聞いてみた。

EMTG:本当に“共同生活解消記念シングル”なの?(笑)
川上:いやいや、たまたま偶然重なって(笑)。でも、今の4人にはピッタリの曲だと思うんですよ。
EMTG:この時期にこういうバンドの姿勢を表わすシングルを出そうと思っていたのかな?
川上:うーん、僕らは「こんな時期だから、こんな曲を出そう」っていう戦略は、まったく持っていなくて。そのときそのとき、いいと思った曲を出してるだけなんですよ。「starrrrrrr/涙がこぼれそう」を出して『ミュージックステーション』に出て、いいタイミングで日本語の歌詞のポップな「Forever Young」が出るのは、ちょうどいいと思う。
EMTG:いつ頃、作った曲なの?
川上:「Forever Young」は「starrrrrrr」と同じ時期にできてたんだけど、炭酸水のCMには「starrrrrrr」の方が合ってたからそっちを先に出して。「Forever Young」は、サビが大学時代からあって、ことあるごとにちょこちょこイジってたんですよ。ようやく完成に至りました。
EMTG:大学時代からあったネタなんだ。ちょっと照れちゃうぐらいポップな曲で、[Champagne]がこういうのをやるとは思わなかったから、意外だった。
庄村:意外ですか(笑)。まあ、[Champagne]の“もう一つの顔”っていうか、老若男女が楽しめる曲だと思うんですよ。
磯部:僕らは代々木公園とかで路上でライブやってた時期があって、そのときはいかに人を振り向かせるかを考えてた。「Forever Young」はそのときのモード。原点に戻ってる。そこからさらに、老若男女っていうか、お茶の間層にも[Champagne]を知ってもらいたいと思ってます。
川上:お茶の間層にも知ってほしいし、今、[Champagne]のステージはどんどん大きくなっています。去年、夏フェスで2万人の前でやらせてもらって、こういう場所に似合うレパートリーが欲しいなと思ったところから「Forever Young」を作り始めました。
EMTG:それにしても「Forever Young」の歌詞は、♪七難八苦を我に与えよ♪とか、青臭いっていうか、こっぱずかしいっていうか(笑)。タイトルどおり本当に若い!!
川上:いよいよ曲が完成したんだけど、歌詞はレコーディング直前まで悩みましたね。書き出してみたら、♪くだらない日常だって いつかアルバムになって♪っていう歌い出しの言葉がハマった。この曲のストレートさを出すには、自分をさらけ出すしかない。そうしたらストレートどころか、真っ裸の歌詞になりました(笑)。で、書き終わってみて、今まで小難しいことを言ってたけど、こっちの方がよっぽどパンクだなって思ったんですよ。
EMTG:確かに真っ直ぐな歌詞は、パンクだ! 「Forever Young」の歌詞で好きなのは、♪くだらない日常だって いつかアルバムになって♪に続く、♪頭狂わす事だって いつか君の歌になって♪の部分。この“君”の意味が知りたくなる。
川上:“君”は、この歌を聴いてくれるリスナーでもあるし、“もう一人の自分”でもある。悩んでたりする自分に書いてる。自分にとって歌はいちばん大切なものだから、たとえばオリンピック選手が「Forever Young」を聴いたら、この部分が“いつか君の金メダルになって”になるといいなと思う。それがその人にとってのリアルだから。
磯部:最初にこの歌詞をサラッと読んだときに、印象に残ってイマジネーションを掻き立てられたのは、やっぱり♪くだらない日常だって いつかアルバムになって♪のところだった。[Champagne]は、現状に対する悔しさから始まってる。だから悔しい状況から、近いうちに抜け出すっていう希望をいつも歌ってきた。それは誰もがいちばん言いたいけど、こっぱずかしくてなかなか言えないことでもある。「Forever Young」はそれが言えてるから、アレンジも含めてバンドとして最高の歌だと思います。[Champagne]のメンバーでよかったぁ(笑)。
EMTG:いいね、いいね(笑)。白井くんはどうですか? 
白井:「Forever Young」の歌詞は、時系列があって面白い。悔しい現状から始まって、だんだん希望が見えてくる。この歌をうちらに置き換えたとき、今、[Champagne]はこの歌のどの辺にいるのかなって見ることができる。だから、ずっと歌っていける歌だし、聴いてる人も自分のことに置き換えられると思うんですよ。
川上:たとえば♪先見えずのドライブの途中で♪が、歌が進むと♪先見えずのフライトの途中で♪になってたり。
EMTG:そうか! 車移動のツアーが、飛行機移動になってたりするんだ(笑)。
磯部:その間に新幹線移動があってもいいかも(笑)。
EMTG:あははは、グリーン車とかね。そして今、あえて“ヤング”って歌う意味は?
川上:僕は30才なんですけど、ロックバンドって30才で成人式を迎える種族だと思ってる。吉田拓郎さんとか、あの年でロックやってるのはすごい。30才を過ぎてから若返ってる。シワが増えてるのに精神が若返ってる人に憧れますね。だから“Stay young”な気持ちを歌いたかった。
EMTG:最後のコーラスに♪世界一の海の向こう♪って歌ってるのは、前から言ってる海外進出の野望のことかな?
川上:去年はアジアでライブやって、この5月にはイギリスに行く。せっかくだから、どこかのライブハウスに飛び入りして、トマト投げられて帰ってきますよ(笑)。いつか「Forever Young」を、グラストンベリーで歌いたいですね。
EMTG:帰ってきてからメンバー全員引っ越すの?
川上:そうなんですよ。イギリス行ってる間に、いい物件がなくなっちゃうかも(笑)。
EMTG:そんなこと心配しなくていいから(笑)。そしてカップリングの「Onion Killing Party」は?
庄村:”[Champagne]でハードコアパンクをやってみたらどうなるかな?”って思って、曲を作ってみたらこうなった。歌詞は“裸のオレ”です。
EMTG:言葉の詰め込み方がすごく面白い。
川上:“空耳アワー”でメタルバンドの歌詞を日本語で聴きとる感じを、逆にやってみました(笑)。
EMTG:そんな感じ、そんな感じ(笑)。
磯部:最高にバカで楽しい曲になった。ベース弾いてても、楽しい。ただしテンポが速すぎて置いてかれないように気を付けてますけど(笑)。
白井:(庄村)聡泰の初作曲で心配だったけど、完成してよかった。歌詞も聡泰のふとした日常をよく捉えてますね(笑)。
EMTG:ありがとうございました。

【取材・文:平山雄一】

tag一覧 シングル インタビュー 男性ボーカル [Champagne]

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

Forever Young

Forever Young

2013年04月03日

RX-RECORDS/UK.PROJECT

1. Forever Young
2. Onion Killing Party

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

●川上 洋平(Vo & Gt)
キャップ/珍しい

またネット通販で買いました(笑)。「関係ねえぜ!!」って意味の英語がバーンとあるんですが、文字にすると好ましくないので、詳しくは動画で。

●庄村 聡泰(Dr)
ラーメン二郎 札幌店

3月末にオープンするらしいので、みんな行ってみよう!!って、俺ってそんなことばっかり考えてます(笑)。

●白井 眞輝 (Gt)
粗大ゴミ

間もなくの引っ越しに向けて、そろそろ始めないとなと思い、調べました。

●磯部 寛之 (Ba & Cho)

・・・→詳しくは上記のコメント動画を参照


■ライブ情報

TOUR 2013 Venga Venga! 〜四人暮らしを解消すれば君も…Perfect Body!!〜
2013/04/08(月)新宿LOFT
2013/04/09(火)代官山UNIT
2013/04/12(金)渋谷CLUB QUATTRO
2013/04/13(土)恵比寿LIQUIDROOM
2013/04/19(金)梅田AKASO
2013/04/20(土)梅田CLUB QUATTRO
2013/04/26(金)名古屋Electric Lady Land
2013/04/27(土)名古屋CLUB QUATTRO

HACIENDA OISO FESTIVAL 2013
2013/04/28(日)大磯ロングビーチ

TOKYO ROCKS 2013
2013/05/11(土)味の素スタジアム
2013/06/01(土)石川県産業展示館 3号館

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る