家入レオ、第2章の幕開けを告げるニューシングル「Message」をリリース!

家入レオ | 2013.05.24

 昨年、最も躍進を遂げたと言っても過言ではない新人女性シンガーソングライター、家入レオ。ファースト・アルバム『LEO』を引っ提げた初の全国ツアーも大盛況のうちに終え、この春には晴れて高校も卒業。ひとりのアーティストとして、昨年以上に精力的な活動が期待される彼女が、アルバム以来約7ヶ月ぶりとなるニューシングル『Message』をリリースした。ある意味、激動とも言える一年を経て、彼女は今、どんな思いを胸に抱いているのだろうか? そして、“明日への希望”を綴ったというポップ・チューン「Message」に、彼女が込めた真摯な思いとは? 家入レオに訊いた。

EMTG:ファースト・アルバム『LEO』のリリースからレコード大賞新人賞受賞、そして初のワンマン・ツアー、さらには高校卒業と、この半年の間は、本当に激動でしたね。
家入:そうですね。本当に時間が過ぎるのが速くて……自分がいちばんビックリしているかもしれないです(笑)。
EMTG:ライヴなどで見る家入さんは、いつも堂々としていて、そういう戸惑いみたいなものは、ほとんど感じられないですよ。
家入:いや……楽屋裏とかを見たら、すごい不安になると思いますよ。
EMTG:そうなんですか?
家入:ステージで実際に歌っているときは……もちろん、私が歌っているんですけど、曲の中の人になり切っているから、堂々としているように見えるのかなって思うんですけど、ライヴが始まる前とかは、もう大号泣みたいな(笑)。ツアーは、ほとんど全部そうでしたね。
EMTG:そうだったんですね。アルバム、新人賞、ツアー、卒業……家入さん的には、どれがいちばん印象でしたか?
家入:全部印象的でしたよ(笑)。でも、今の状況で言うと、やっぱり高校卒業っていうのは、これから一歩踏み出す上で、すごく私にとっては大きかったかなって思います。
EMTG:これから作っていく楽曲にも、やはり影響して来るのでしょうか?
家入:うーん……自分が感じたことを、そのまま歌にして行くっていう意味では変わらないと思うんですけど、逆にファンの方からというか、ファンの存在っていうのが、以前よりも自分の中ですごい大きくなっていて。今回の「Message」という曲も、ファンの人たちや私の曲を聴いてくれる方たちの存在が、すごく大きいんですよね。
EMTG:この「Message」という曲は、いつ頃どんなふうに作った曲なのですか?
家入:これは書き下ろしだったんですけど……『確証?警視庁捜査3課』っていうドラマの主題歌の話をいただいて。で、最初“刑事ドラマ”っていう話を聞いて、私にできるのかなって思ったんですけど、ドラマの脚本をいただいて読んでみたら、若い女性の刑事(榮倉奈々)がベテラン刑事(高橋克実)に食らいついて行くみたいな話で……その若い女性刑事さんに、すごい感情移入しちゃったんですよね。彼女のように物怖じせず、私も大人の人たちに向かい合って行きたい、音楽に向かい合って行きたいなって。
EMTG:なるほど。
家入:あと、やっぱり今までは“女子高生シンガーソングライター”っていう書き方をされることが多かったんですけど、いざその肩書を失ってみたら、何かすごい怖くなってしまって。今までは、高校で授業を受けているときも、「この時間があったら、あの歌詞のことをもうちょっと考えたいのに」とかって思ったりしていたんですけど、いざ卒業してしまうと……。
EMTG:もう、“女子高生シンガーソングライター”じゃないですもんね。
家入:そうなんですよね。何か“守られている場所”が無くなるっていうのが、すごい怖くなってしまって……でも、そんなときに、ツアーを通してだったりとか、この一年の間にファンのみなさんからいただいたメッセージとか、ファンの存在っていうのが、私の中ですごい大きくなって行ったんです。みんなそれぞれ抱えているものは違うかもしれないけど、明日に向かって一緒に歩いて行けたらいいなっていう。この「Message」という曲は、そう思いながら作った曲でもあるんですよね。
EMTG:景色が開けて行くようビート感が新鮮な曲調といい、どこか新しい始まりを告げるような楽曲になっていますよね。
家入:ホントにそうですよね。それこそ、第二章の始まりじゃないですけど、そんな気持ちで作れたし、歌えたというか……もうひとりじゃないって思えたし、それを信じ始めている自分が、今はちゃんといるんですよね。こう、両手を広げてじゃないですけど、そんな気持ちで歌えたというか、そういう気持ちをちゃんと信じて、最後まで書き切れたっていう。それは私の中でも、すごく大きかったかもしれないですね。この曲は、ひとりっきりだって思い込んでいた昔の私だったら、絶対書けなかった曲だと思うので。
EMTG:デビュー2年目となる今年は、どんな感じの一年になって行きそうですか?
家入:あんまり変わらずに、このまま……「目標は?」とか「どんな年にしたいですか?」って聞かれることが多いんですけど、そういうのじゃなくて、ホントに一歩一歩、今自分ができることや、できる音楽をやっていくことで、チャンスみたいなものを捉えたりして行くのかなって思うんですよね。だから、そこはあまり気負わずにやって行きたいなって思っています。
EMTG:大きな目標を掲げて、そこに一足飛びで向かって行くような感じではなく……。
家入:そうですね。そうやって一足飛びに突き進んで行くことって、すごい良いことなのかもしれないけど、その間にホントは踏むはずだった過程で出会えた人と、出会わずに行くことのほうが、私にとってはすごい怖くて……そこはちゃんと一歩ずつ、着実に行けたらいいなって思うし、それがいちばん私らしいんじゃないかなって思うんですよね。

【取材・文:麦倉正樹】

tag一覧 シングル インタビュー 女性ボーカル 家入レオ

関連記事

リリース情報

Message(初回限定盤A) [CD+DVD]

Message(初回限定盤A) [CD+DVD]

2013年05月22日

ビクターエンタテインメント

1.Message
2.Wake you up
3.心のカ・タ・チ (Live at AKASAKA BLITZ 2013.3.17)
4.Message (Instrumental)
5.Wake you up (Instrumental)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

「Message」発売記念FREE LIVE
2013/05/25(土)大阪 千里セルシー1F セルシー広場
2013/05/26(日)東京 池袋・サンシャインシティ ショッピングセンターアルパB1噴水広場

JOIN ALIVE 2013
2013/07/20(土)北海道 いわみざわ公園

FM802 MEET THE WORLD BEAT 2013
2013/07/28(日)大阪府 万博記念公園 もみじ川芝生広場

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013
2013/08/03(土)茨城県 国営ひたち海浜公園

サンスター オーラツー presents 25th ANNIVERSARY J-WAVE LIVE 2000+13
2013/08/18(日)東京都 国立代々木競技場第一体育館

音楽と髭達2013-CARNIVAL-
2013/08/31(土)新潟県 国営越後丘稜公園野外特設ステージ

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る