高橋優、3rdアルバム『BREAK MY SILENCE』リリース!

高橋優 | 2013.07.04

 ニューアルバム『BREAK MY SILENCE』に先がけてリリースされた3枚のシングル「陽はまた昇る」「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」「同じ空の下」は、それぞれに高橋優の“今”を伝えていて、興味深かった。特に「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」は、ロックバンド“BRAHMAN”とコラボしていて、その組み合わせの意外性と、それ以上の成果が注目を集めた。タフなバンド・サウンドに負けない高橋のボーカルとリリックは、彼が“当事者”として今を生きていることを直感させてくれた。  そしてこの「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」はアルバム2曲目に収められているのだが、アルバムとして聴くと、シングルの時よりもずっとリア ルに聴こえてくる。この不思議な感覚についての話からインタビューは始まった。

EMTG:高橋くんとBRAHMANは、かなり意外なマッチングだったんだけど。
高橋:そうですか(笑)。でも高校のとき、僕はBRAHMANが好きで、コピーしてたんですよ。それで一昨年のJAPAN JAMでTOSHI-LOWさんのやっている別バンドのOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDと共演以降、何度か一緒にやらせてもらっているんすね。で、その後もTOSHI-LOWさんからよく連絡を頂くんですが、今回は、僕から電話しました。
EMTG:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDは、アイリッシュのテイストを持った、TOSHI-LOWさんらしいアコースティック・バンドだもんね。それは高橋くんと似合うな。TOSHI-LOWさんは高橋くんのことをどう思っていたんだろう?
高橋:震災後にTOSHI-LOWさんは、歌詞を気にして音楽を聴くようになったって言ってました。その時に僕の「素晴らしき日常」とかを聴いて興味を持ってくださって。「高橋はよけいなことを気にしないで歌うシンガーなんだから、最初に思ったことを変えるなよ」って言われました。
EMTG:いいね。で、一緒にやろうってことになったの?
高橋:はい。この曲を作るに当たって、アレンジはずっと一緒にやっている浅田信一さん以外では、TOSHI-LOWさんしか考えられないと思ったんです。
EMTG:で、会ってお願いしてみたんだね。
高橋:呑みながら話したんですけど、TOSHI-LOWさんのやってる音楽は、歌詞とメロディをバンド・サウンドに乗せてグッとくる感じに仕上げる感覚的なもので、「高橋ももっとそういう風にやれるんじゃないの」って言われて。それで「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」を一緒にレコーディングしたんです。
EMTG:この曲についてのTOSHI-LOWさんの感想は?
高橋:レコーディングが終わった後、「やっぱり高橋優は、もっと心の奥の方に歌いこんでいける!」って言われました。
EMTG:今回のアルバム『BREAK MY SILENCE』を聴かせてもらって、「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」の印象が変わった。2曲目に入っていて、アルバムにとってすごく重要な曲に聴こえ る。
高橋:「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」は“僕はこう思ってる。みんなはどうなんだ?”っていう意味合いの曲なんですけど、今年に入って この曲を作ってから、自分の大きなテーマが見えてきた。それまでは人との縁を大事に考えて、他人をなるべく傷つけないようにしていた。でも「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」を作ってからは、誤解を恐れずに歌って、甘んじて批判を受けようと思うようになりました。「自分は何を歌いたいのか、どう生きていきたいのか」をもっと歌っていかなきゃって。それで今年1発目のシングルにしたんですよ。
EMTG:そしてアルバムの2曲目に置いた。
高橋:うーん、実は今回はもうひとつテーマがあって。初期のギター1本のスタイルに立ち戻ろうと思ったんです。何かあっても、たとえば停電しても、ギター1本でライブはできる。なのでアルバムの1曲目は、アコギ弾き語りの「ジェネレーションY」にして、アルバムを聴く人にできるだけ早く「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」を聴いて欲しかったので、2曲目にしたんです。
EMTG:「ジェネレーションY」は「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」とは対照的なアコースティック・サウンドだね。
高橋:ただギター1本のスタイルに立ち戻ろうって言っても、もしライブでずっと弾き語りだったら、聴く方も歌う方も飽きてくる。そんなことも考えて、今回は振り幅を持ちたかったことも確かです。
EMTG:6曲目の「CANDY」は、「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」とはタッチが違って、メロディ中心の曲だね。でもきれいなメロディなのに、歌詞は学校時代の“イジメ”を歌ってる。こういうアプローチも面白いと思った。
高橋:これは自分が小学校の時に、実際に体験したことです。テレビではイジメのニュースの次に台風情報が流れたりするじゃないですか。普通にそんな“ブランド化されたイジメ”を見てると、「オレらにもできるのかな」と思うヤツが出て来る。ニュースで見ていることの過中に入りたくて、イジメを始めたりするんですよ。自分もそんな中にいたから、“イジメる人”と“イジメられる人”っていう単純な分け方ではなくて、自分の視点で描きたかった。やられたらやり返すんじゃな くて、それを踏まえてしたたかに生きてる人がいる。そういう人たちにスポットを当てたかったんです。
EMTG:で、そんな歌詞が美しいメロディで歌われるって、高橋優らしいなあ。
高橋:ありがとうございます(笑)。
EMTG:『BREAK MY SILENCE』を作り終えてみて、どう?
高橋:タイトルに集約されていると思うんですけど、11曲全部が“沈黙してた部分をさらけ出す歌”になってます。言い換えれれば、自分の心を開く、素直になるっていうことなんです。逆に、心を開かないとバレる。100%自分を出せば、相手からぶつかってもらえる。自分と他人の違いを知って、ぶつかり合いたい。人との繋がりを作りたい。そういう人間関係を、 臆することなく作りたい。それをアルバムでやりたかった。だから「どうしてこういうことを歌うの?」って言われてもいいんです。
EMTG:思いっきり挑戦的なアルバム だね。
高橋:はい。ライブでは僕以上に言いたいことのある人が来る。それでも僕は、まだまだ新しい人に出会いたいんですよ。
EMTG:わかりました。ありがとう!

【取材・文:平山雄一】

tag一覧 アルバム インタビュー 男性ボーカル 高橋優

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

BREAK MY SILENCE(初回限定盤)

BREAK MY SILENCE(初回限定盤)

2013年07月10日

ワーナーミュージック・ジャパン

ディスク:1
1 ジェネレーションY
2 (Where’s)THE SILENT MAJORITY?
3 陽はまた昇る
4 人見知りベイベー
5 空気
6 CANDY  
7 スペアキー
8 蝉
9 泣ぐ子はいねが
10 同じ空の下
11 涙の温度

ディスク:2
1. 傍観悲観者
2. 足フェチ
3. ブランク
4. テレビを見ながら

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

ヒグマ事件
昔、北海道の三毛別ってところで、ヒグマが人間を食っちゃっ た事件があったらしいんですけど、「こえー!!」って思って調べました。


■ライブ情報

高橋優2013全国ホールツアー
【BREAK OUR SILENCE】

2013/07/27(土)福岡 福岡国際会議場
2013/08/11(日)秋田 秋田市文化会館
2013/08/17(土)東京 渋谷公会堂
2013/08/18(日)東京 渋谷公会堂
2013/08/24(土)大阪 オリックス劇場
2013/08/25(日)大阪 オリックス劇場
2013/08/30(金)北海道 札幌市教育文化会館
2013/09/21(土)宮城 仙台市民会館
2013/09/23(月・祝)福島 いわきアリオス中劇場
2013/09/27(金)広島 広島アステールプラザ
2013/09/29(日)愛知 愛知県芸術劇場

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る