AI、記念すべき10作目となるニューアルバム『MORIAGARO』をリリース!

AI | 2013.07.17

 記念すべき10作目となるニュー・アルバム『MORIAGARO』をリリースするAI。『MORIAGARO』……これ以上なくストレートなタイトルだが、タイトル通り盛り上がらずにはいられないアップ・チューンもあれば、心を打つメッセージ・ソング、流麗なバラードなど、様々なナンバーが収録されたカラフルでパワフルな作品となっている。海外から豪華アーティストを4組も招いた意欲作『MORIAGARO』、今年の夏はこのアルバムで決まりだ!

EMTG:どんなアルバムにしようと思って制作に臨みましたか?
AI:特にアルバム・コンセプトとかは立てずに1曲1曲作っていったんだけど、自然と盛り上がってる感じの曲が多くなったかな。最初は私の大好きなR&Bナンバーをたくさんやりたいなと思ってたんだけど、タイアップが入ってきたりもしたので、それ用に曲を作ったりして、どんどん色んなテイストの曲が出来ていった感じだね。R&Bナンバー以外にも、「After The Storm feat.シェネル」みたいな綺麗なバラードがあったり、「sogood」みたいな元気で前向きな曲、そして「VOICE」みたいなマイナー・コードでメッセージ性の強い曲が収録されているよ。
EMTG:盛り上がってる感じの曲が多くなったから、アルバム・タイトルを『MORIAGARO』にしたのですか?
AI:そういうわけではなくて。アルバムの1曲目に入ってる「MORIAGARO」を作ってる時に(フィーチャリング参加しているシカゴ出身のシンガー)ジェレマイが「“Turn Up”って日本語でなんて言うの?」って聞いてきたのね。それで「“ヤバい”とか“最高”とかも違うし、“盛り上がろう”かな」って言ったら、「モリアガロウ?モリアガロウ?」って歌いだしたの。それが面白すぎて、サビでジェレマイに「モリアガロウ?」って歌ってもらったんだけど、それを聴いた事務所の社長がすごい反応して、「アルバム・タイトルは『MORIAGARO』がいいんじゃない?」って言いだして。レコード会社のスタッフは絶対イヤだって最初言ってたんだけど(笑)、私も社長も盛り上がりすぎちゃって、これ以外考えられなくなっちゃったんだ。
EMTG:ストレートなタイトルすぎてビックリしましたよ(笑)。
AI:最高でしょ、これ(笑)。
EMTG:今作には先ほど名前が出たシェネルやジェレマイ以外にも、ブリジット・ケリーやロイドといった海外の有名R&Bシンガーが参加しています。前作『INDEPENDENT』はフィーチャリング一切無しだったので、今作では多くのアーティストを招こうと思っていたのですか?
AI:全然思ってなかったんだけど、曲を作っているうちに「この人どう?」って海外のコーディネイターさんから紹介してもらったりして。たとえばブリジットちゃんは紹介されて音源を聴いてみて、この子なら一緒にやりたいなと思ったから依頼してみたり。シェネルちゃん以外はそんな感じ(コーディネイターからの紹介)だったね。
EMTG:シェネルはどういう経緯でコラボレイトすることになったのですか?
AI:デュエット相手を国内外問わず色々探してたんだけど、スケジュールが合わなかったりでなかなか決まらなくて。そんな時にレコード会社に行ったらシェネルちゃんの「Believe」のポスターが貼ってあったのね。この歌、実は最初仮タイトルが「Believe」だったからコレだ!と思って(笑)。それですごく急な依頼だったけどダメ元でお願いしてみたら、快くOKしてくれたんだ。シェネルちゃんはすごくいい子だし、本当に楽しいコラボだったよ。
EMTG:そのシェネルをフィーチャーした先行配信シングル「After The Storm」は映画「グランド・マスター」のイメージソングですが、元々映画のために作った曲だったのですか?
AI:映画とはまったく関係なく作っていた曲だったんだけど、まだ一人で歌うか、誰かシンガーをフィーチャリングするかも決まっていなかったデモ段階の曲を映画の関係者の方が聴いて、その時点ですでにこの曲でぜひって言ってくれて。だからシェネルちゃんをフィーチャーしますっていうことも後から言ったんだ。歌詞も元々全編英語だったんで、映画に起用されるなら日本語で書き直そうかなと思ったんだけど、洋画だからそのまま(英語)がいいって言ってくれたの。何をやってもうまくいかないって落ち込んでる人に向けて、今は嵐でも嵐の後は必ず晴れるからって励ましている内容になってるよ。
EMTG:「After The Storm」の他に、エレクトリックなダンス・チューン「TOP OF THE WORLD」も全編英語の歌詞ですね。日本の音楽マーケットにおいて英語の曲を出すことに躊躇はなかったですか?
AI:特になかったかな。「TOP?」は元々海外のソングライターが書いてくれた英語の歌詞があって、それを日本語に変えようかなと思ってたんだけど、この曲は日本語にするの難しいなと思って。このノリのままでカッコイイから、英語でもいいんじゃない?ってなったんだ。前作の「DANCE TOGETHER」みたいに音で楽しむ曲だね。「TOP OF THE WORLD」ってタイトル見ただけでどんな内容を歌ってるのかわかるだろうし、クラブでもかけやすい曲だし。もしリクエストがあれば後から日本語で書いてもいいかなと思ってるよ。
EMTG:リード曲「HANABI」について教えてもらえますか?
AI:悩み事を抱えている人が、お祭りの風景の中に希望や温かみを見出だして、自分の様々な想いを打ち上がる花火に重ね合わせて夜の空に打ち上げている、っていう歌になってるよ。悩みは花火のように打ち上げて、前向きに進んでいこうっていうメッセージが込められているんだ。夏にピッタリの曲だし、サビに向けてどんどん盛り上がる曲だから、ぜひ花火大会のテーマ・ソングにしてほしいです(笑)。
EMTG:収録曲の中で特にお気に入りの曲は?
AI:もちろん全部だけど……「ママへ」は大好きだけど、一番歌いにくい曲。歌詞を書いてる時も大泣きして大変だったし、歌う時もいつも感情的になっちゃうんだ。あとは「MORIAGARO」も好きだし、「sogood」もライヴで相当盛り上がりそうで気に入ってるし、「VOICE」も言いたいメッセージがたくさん詰まってて好きだし、「My Baby」も私の一番好きなタイプのR&Bチューンだし………やっぱり全部だね(笑)。
EMTG:ファンにメッセージを!
AI:とにかく盛り上がろう! それだけです(笑)。10月からはツアーも始まるけど、なんてったってこのタイトルなので(笑)、今年のライヴは大変なことになると思います。アルバムを聴いて、ぜひライヴにも足を運んでね!

【文:川口真紀】

tag一覧 アルバム インタビュー 女性ボーカル AI

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

MORIAGARO [初回限定“もりあがろうプライス”盤]

MORIAGARO [初回限定“もりあがろうプライス”盤]

2013年07月17日

EMI Records Japan

1.MORIAGARO feat. ジェレマイ
2.Don’t Turn Me Off
3.VOICE
4.HANABI
5.My Baby feat. ロイド
6.ママへ
7.sogood
8.GOTTA GET MINE feat. ブリジット・ケリー
9.After The Storm feat. シェネル
10.FOR YOU - Piano Version
11.MY PLACE
12.TOP OF THE WORLD

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

「MORIAGARO」TOUR
2013/10/06(日)神奈川・よこすか芸術劇場
2013/10/08(火)茨城・常陸太田市民交流センター(パルティーホール)
2013/10/10(木)三重・クラギ文化ホール(松阪市民文化会館)
2013/10/12(土)福井・フェニックスプラザ
2013/10/14(月・祝)富山・オーバード・ホール
2013/10/16(水)長野・岡谷市文化会館(カノラホール)
2013/10/19(土)福島・喜多方プラザ文化センター 
2013/10/20(日)岩手・奥州市文化会館(Zホール)
2013/10/23(水)群馬・伊勢崎市文化会館
2013/10/25(金)広島・上野学園ホール
2013/10/27(日)宮崎・宮崎市民文化ホール
2013/10/29(火)熊本・市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)
2013/10/30(水)長崎・長崎ブリックホール
2013/11/01(金)鹿児島・鹿児島市民文化ホール
2013/11/03(日)岡山・倉敷市民会館
2013/11/04(月・祝)香川・アルファあなぶきホール
2013/11/06(水)和歌山・和歌山県民文化会館
2013/11/08(金)静岡・静岡市清水文化会館(マリナート)
2013/11/10(日)埼玉・大宮ソニックシティ
2013/11/12(火)新潟・新潟県民会館
2013/11/15(金)滋賀・滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール
2013/11/16(土)兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
2013/11/18(月)山梨・コラニー文化ホール
2013/11/19(火)神奈川・ハーモニーホール座間
2013/11/23(土)岐阜・土岐市文化プラザ サンホール
2013/11/24(日)愛知・センチュリーホール
2013/11/27(水)宮城・仙台サンプラザホール
2013/11/29(金)青森・リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
2013/12/01(日)北海道・札幌市民ホール
2013/12/08(日)福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
2013/12/10(火)愛媛・西予市宇和文化会館
2013/12/12(木)大阪・グランキューブ大阪 メインホール
2013/12/18(水)東京・日本武道館

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る