tricot、よりキャッチーに進化するニューシングル『おやすみ』が到着!

tricot | 2013.08.21

 その外見からは想像出ない技巧と緻密なアンサンブルを用いながらも、そこにキャッチーでメロディアスな歌や体感性の高いリズムを融合させ、極めてPOPに響かせてきたtricot。その音楽性は早耳のロックリスナーを魅了。今夏各地にて出演したフェスやイベントでも新規中毒者を続々と生み出している。
 そんな彼らの新曲「おやすみ」は、今まで以上に<歌>に重きが置かれ、ボーカル&ギターの中嶋イッキュウの歌の伸びやかさと艶やかさが映えるナンバー。サウンド面も、これまでの超絶な趣向に更なるダイナミズムが加わり、ドリーミーで包容力たっぷりの楽曲に仕上がっている。
 この秋以降、更なる広がりを見せるであろう4人を直撃。新曲のメカニズムに迫った。

EMTG:昨年以上に今夏はフェスや各種イベント等へ出演をされてますが、各所でのリアクションはいかがですか?
中嶋イッキュウ(Vo・G):去年はオープニングアクト等も多くて、若干アウェイな感じもあったんですけど、今年はどこも、「tricotを観たい」「tricotを観に来ました」と言ってくれる人も多くて。更に通りがかりの人が音を聴いて集まってくれたりもするんで、おかげさまで昨年以上にステージを楽しませてもらってます。
キダ モティフォ(G・Cho):去年のフェス以降、ライヴを繰り返してきて、演奏面や演出面を含め更にライヴ力が上がりましたからね。今年はより各所ガツンとやれてるかなと。
ヒロミ・ヒロヒロ(B・Cho):去年はそれこそ勢い任せで、”とにかく見ろよ、おらぁ?!!”的だったのに対して、今年はいい意味でお客さんも巻き込んでいけるようになったかなと。お客さんも一緒になって、より一体感を作り出してくれて。ステージはより大きくなりながらも、お客さんのとの距離はより縮まった感じは凄くしますね。
komaki♂(Dr):確かに以前よりは、一方通行じゃなく相互作用になってきてます。そこで良い化学反応が起きている実感もあるし。あとは、去年のフェスをきっかけに知り合えた色々なアーティストとの再会も嬉しかったですね。大先輩の方々のステージを間近で見れる機会も多いんで、とても勉強になるし。逆に自分たちも、もっと上を目指さなアカンなと思ったり。各ステージ、自分達らしさは出しつつ、大先輩と並んでも遜色のないようなプレイを意識して挑んでます。
中嶋:変拍子やのにノッてくれてる方も各所多いんで、着実に浸透していることを実感してます。どこも始まったら後方まで一緒に歌ったり、ノッたりしてくれて。あの光景は、かなり心強かったですね。
EMTG:ここからは二ューシングル「おやすみ」の話に。それにしてもタイトル曲は、tricotの現在の真骨頂がこれでもかと詰め込まれてますね。
中嶋:前回のシングル(「99.974℃」)は、ややこしい方にわりと振り切ってましたけど、今回はそれを経て、やりたいことをやりつつ、今まで以上に多くの人に届くような楽曲になったかなと。分かりやすさも含め。
EMTG:「99.974℃」は、勢いやスピード感を用いての一般層の取り入れもありましたが、今回はそれらに頼らず、且つダイナミズムや歌といった面に比重が置かれてますね。
キダ:ですね。初めて聴く人からしたら、まだ多少は小難しく感じるかもしれないけど、今回は演奏もシンプルで、やりたい放題やっても聴き易い楽曲になったかなと。かと言って普通の聴き易い曲で終わらないところがウチららしいかなと。
ヒロミ:作っている時も、”いい曲やな…”とずっと思ってました。間奏も面白いし、楽しいし。分かりやすい曲なんやけど色々と遊んでる。サラッとしてるけど聴き飽きない、聴きごたえたっぷりの楽曲やと思います。
komaki♂:細かいところも様々な仕掛けを作ってますからね。以前からのエンジニアさんと色々とアイデアを出しながら作っていったんですけど、自分達だけでは気づかなかったり、思いつかなかったアイデアも各所に散りばめられてます。
EMTG:ヘッドフォンで聴くと色々な発見がありますもんね。充実しているコーラス面はいかがですか?
キダ:今回のコーラスは、歌を重ねるというよりも後ろでフワッと包み込むようなエアリー感を出してみました。
ヒロミ:この曲に関しては、やり過ぎたり、難解な感じは避け、あっさり目だけど後ろでキチンと存在感のある、楽曲の美しさをより引き立てるコーラスに挑んでます。
EMTG:中嶋さんの歌やメロディはいかがですか?
中嶋:特に苦労はなかったですね。先に出来たインストを聴いて、自分でも驚くほどスッ出てきたんで。
EMTG:ちなみに最初に出てきた歌詞は?
中嶋:一番最初と最後に出てくる「いつだって列車は ちょっとも待ってはくれない(くれなかったけど)」でしたね。最初はラストの方だったんですけど、それを頭でも言ってみようと。
EMTG:今回の歌詞は、これまでになかったタイプの情景が目に浮かんでくる感覚や物語性を感じました。
中嶋:歌詞にしても、以前はこねくり回したり、考え抜いたりしてましたけど、今回はあえてストレートで分かりやすく、多くの人に当てはまる内容にしたくて。
EMTG:歌われてはいませんが聴いていると、“大丈夫だよ”“心配ないよ”“安心してお休み”みたいな安堵を凄く感じます。
中嶋:この「おやすみ」の4文字にその要素が全て入っているんでしょうね。優しさや温もり、”明日もあるから大丈夫だよ”などを伝えたかったんですけど、言わなくても、この「おやすみ」だけで充分かなと、あえて表現は避けました。
EMTG:カップリングはインストですね。
中嶋:前々から“tricotはインストでも実はかっこいい!!”という自信があったんです。だけど、それを出しちゃうと歌を歌ってる私の立場がなくなっちゃうんで、あえて出さずにきました(笑)。
EMTG:ライヴ時には、これに歌が乗ってましたよね。
中嶋:「おちゃんせんすうす」というタイトルで、その言葉をメロディに乗せて歌ってました。まっ、「オレンジジュースを飲む」というのを、私たちの中だけでこう呼んでいた時期があって、その時に出来た曲だったんで(笑)。
EMTG:だからタイトルが「Orange Juice」なんですね(笑)。この曲は、モチーフを変化させることでの物語の展開が印象的でした。
キダ:この曲はそれこそふざけながら作ってましたよ。”おしゃれなコードから、いきなりのかっこいいリフがきたら面白いだろう”とか。
komaki♂:ショートコントみたいやったなぁ。
キダ:“そのコード進行の後、そのリフが来るー?!”みたいな。やっていても気持ち良かったし。
ヒロミ:この曲はそれこそパッとやって、パッと終わるイメージで。だけど、それでいてバッチリかっこいいという。
komaki♂:ドラムに関しては、ちょっとハネる前のめりな感じで躍動感づけをしてみました。サビも四つ打ちですが、飛び跳ねるというよりは、身体を揺らせる感じ。実際ライヴでもみんな体を揺らせてくれてるんで、してやったりかなと。
EMTG:今回のシングルは4649枚しか作らないようですけど、すぐ無くなっちゃいますよ、これじゃ。
komaki♂:単なる「よろしく(4649)」の語呂合わせで作りましたからね(笑)。
中嶋:普通に出しても面白くないですから。少ない分、持っている人は自慢して下さい。
komaki♂:とは言え、あまりの足りないとのリクエストから、急遽若干追加することになったんです。
キダ:しかも794枚。
EMTG:794枚?
中嶋:私たち京都と滋賀出身なので、地元にリスペクトを込めて、794(なくよ=鳴くようぐいす平安京)と (笑)。

【取材・文:池田スカオ和宏】

tag一覧 シングル インタビュー 女性ボーカル tricot

ビデオコメント

リリース情報

おやすみ

おやすみ

2013年08月21日

BAKURETSU RECORDS

1. おやすみ
2. Orange Juice

このアルバムを購入

お知らせ

■マイ検索ワード

●komaki♂
都内 スポーツショップ

その心は……見てる人にはわかるはず。

●キダ モティフォ
脱出ゲーム 攻略

最初は自力でやろうとするんやけど、結局はクリアしたい気持ちのほうが大きいから検索しました。全クリしました。ありがとうございました!

●ヒロミ・ヒロヒロ
プール

メンバーと行きたいっていう話をしてて、関西方面のプールも調べましたし、関東方面も調べました。目星もつきました。

●中嶋イッキュウ
東京 プール

やばいなー、私も「プール」。今度みんなで行きたいと思います。


■ライブ情報

Re:mix 2013
2013/08/24(土)名古屋CLUB DIAMOND HALL & APOLLO THEATER

ドレスコーズ / tricot
2013/08/25(日)KYOTO MUSE

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2013
2013/08/31(土)山中湖交流プラザ きらら

clubasiaからこんにちは vol.3
2013/09/03(火)渋谷clubasia

キュウソネコカミ『試練の2MANシリーズ京阪神Ver.』「その弐〜京都編〜」
2013/09/16(月・祝)KYOTO MUSE

未来へのスパイラルツアー2013
2013/09/22(日)熊本Django
2013/09/23(月・祝)大分CLUB SPOT

LIVE Music Unlimited 3DAYS
2013/9/28(土)ZEPP FUKUOKA

tricot×つしまみれ 女子限定ライブ
2013/10/08(火)下北沢SHELTER

MINAMI WHEEL 2013
2013/10/12(土)大阪・ミナミエリア ライブハウス20ヶ所以上
2013/10/13(日)大阪・ミナミエリア ライブハウス20ヶ所以上
2013/10/14(月・祝)大阪・ミナミエリア ライブハウス20ヶ所以上

ボロフェスタ2013
2013/10/25(金) 京都KBSホール&METRO
2013/10/26(土) 京都KBSホール&METRO
2013/10/27(日)京都KBSホール&METRO

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る