LUNA SEA再始動の勢いを加速する新作「Thoughts」についてINORANに訊いた!

LUNA SEA | 2013.08.29

 昨年12月に両A面シングル『The End of the Dream / Rouge』をリリース、今年1月には日本武道館6DAYS公演を行い、そのバンドパワーを見せつけたLUNA SEA。武道館ではアルバムも制作すると宣言、次なるアクションが注目されていたが、8月28日にニューシングル『Thoughts』をリリースすることとなった。今の彼らの勢いを物語るような疾走感あるれるロックナンバーで、貫禄十分の仕上がり。今回はバンドを代表して、「Thoughts」の原曲を作曲したギターのINORANに制作面の話や、今後の予定についてきいてみた。

EMTG:ニューシングル「Thoughts」の原曲はINORANさんですね。前のシングルからは約8ヶ月ぶりのリリースですが、この「Thoughts」にも、“また始まるんだ!”という強さを感じます。
INORAN:LUNA SEAが本格的に再始動するにあたって、まずセルフカバーアルバム(=1stアルバム『LUNA SEA』をセルフカバーした『LUNA SEA』)もやり(11年)、 去年は「THE ONE -crash to create-」っていう20分以上の曲も作って、ツアー(=“LUNA SEA LIVE 2012-2013 The End of the Dream”)をやって、12月にはシングル『The End of the Dream / Rouge』も作り……さて、次はどこにいこうっていうところで、やっぱり疾走感が欲しかったんですよ。そこでこの曲を選んだってことですかね。
EMTG:すでに走り始めていたはずだけど、「Thoughts」からはもっと加速する勢いを感じるんですよね。ただ、さすがにシングルの候補曲は何曲もあったと思いますが。
INORAN:もちろん何曲か候補はあったけど、僕ら、今年の日本武道館(1月上旬に行った6DAYS公演)でアルバムを作るって宣言したように、アルバムを見据えて走りたかったんですよね。そこはこだわるべきだとも思ったし。だから重厚というよりは、こういう“走り出す曲”が必要だった気がします。
EMTG:なるほど。まず、アルバムに向かってのシングルがある……ということですね。
INORAN:そこは昔ながらですかね(笑)。キャリアも長いし、アナログ時代も知っているじゃないですか。A面B面って考えるのも含めて、どうしてもシングルはアルバム先行シングルって考えちゃうんですよね。シングルはアルバムの名刺がわりっていうか。
EMTG:メンバー個々のソロ活動で得たものもあると思うんですけど、レコーディングでは“お、こいつ前とは違うな”っていう発見もあるんでしょうか?
INORAN:いつもそれの連続です(笑)。ただ、“ビックリした”十何秒後かに“あ、らしいな”って思うんだけどね(笑)。
EMTG:以前RYUICHIさんの取材をした時に、自分のソロとLUNA SEAでは、確実に歌い方が変わるっていう話をきいたんですよ。そういう違いって、メンバー間では気になったりするんですか?
INORAN:そこを分けることって、すごく大事だと思うんです。なぜなら、今までLUNA SEAを聴いてくれていた人の中にもLUNA SEAっていう木があるわけで。それに対して裏切っちゃいけないと思うんですね。花をつけたり、幹を加えたりするのはいいんだけど、切ってはいけないというか。キース・リチャーズもよく似た話をしてるんですけど、彼だっていつもドクロを持っているわけでも、ドラッグをやっているわけでもない(笑)。ただ、みんながイメージするキース・リチャーズを何十年も演じていて、その上でさらに新しいことを取り入れていくというスタイルって大事だと思うんですよね。
EMTG:なるほど。ところで、カップリングの「Lost World」は、また「Thoughts」とは雰囲気が違う曲ですね。ギターリフがちょっとファンキーで。
INORAN:「Thoughts」とのコントラストもあるし、「Lost World」はいわゆるB面だよね(笑)。この曲は、RYU(=RYUICHI)がベースを作ったんですけど、それをSUGIZOがアレンジしたので、たぶんSUGIZOエッセンスが入った曲ですね。
EMTG:ダンサブルなLUNA SEAって、かなり新鮮なんですけど。
INORAN:……って言われますよね(笑)。俺はそんなに意外な気はしないけど、最終的にはこの5人でやると“らしく”なっちゃうから(笑)。
EMTG:そういう意味では、2曲ともタイプは違うけど、勢いを持った曲になりましたね。ちなみに制作方法って以前と比べて変化したんですか?
INORAN:基本は変わらないですよね。まず、メンバーで集まってプリプロ合宿をした時から、この2曲はすでにあったし。
EMTG:へぇ! プリプロ合宿(=曲作り用の合宿)をやるアーティストなんて、最近あまりいないかも(苦笑)。
INORAN:バンドは一緒に音を出して曲を作っていくんだって部分を重要視するメンバーもいるしね。かと思うと、一発の音に賭けたいっていうメンバーもいて、相変わらず個性はバラバラですよ(苦笑)。ただ、最初はやっぱり自分達のスタイルでやろうと。結果、すごくよかったと思いますよ。それで十何曲できましたからね。
EMTG:すごい! 合宿の雰囲気ってどうなんですか?
INORAN:基本的にはワチャワチャしてますよ(笑)。ただ、どうやって自分のベストを出すかってところにはこだわってますね。
EMTG:ところで、ちょいちょい話題にのぼっているアルバムについてですが、こちらの進行状況はいかがですか?
INORAN:現在制作中です。半分は超えてると思います。まぁ、みんな個々のスケジュールがあったりするんで、時間はかかってるけど、こういう制作の仕方はこれまでやったことがないんですよ。時間をかけると、いろんな思いが詰まってくるし、すごく感慨深いアルバムになると思いますね。僕らにとっても、みんなにとっても。
EMTG:ということは、プリプロ合宿を始めた時期から最近になってできた曲まで、幅広く収録されるわけですね。
INORAN:あ、まさにそういう感じです。
EMTG:楽しみですね。いつ出るんでしょう。
INORAN:わかりません(笑)。まぁ、なるべく早く出したいけど、こればかりはLUNA SEAというバンドの特性ですからね。音に関してはホントに妥協しないバンドなんで。
EMTG:そこも昔から変わらないところですね(苦笑)。
INORAN:そこは“らしい”ところなんじゃないですか?
EMTG:ですね(笑)。あとは、アルバムが完成したら、ぜひアルバムを掲げたツアーもやってほしいところですが……。
INORAN:まだ具体的なことはわからないですけど、来年はLUNA SEAも25周年を迎えるので、“何かしらのアクションは起こしたいよね”ってメンバー同士では話してます。
EMTG:25周年ですか! ファン層も広がったでしょうね。
INORAN:“小学生の頃からファンでした”とか言われると、“あれ~?”ってビックリするよね(笑)。いや、もちろん基本は嬉しいですよ(笑)。これだけ長いこと活動ができるのは幸せなことですし、すごく嬉しいです。その分、みんなの心の中にあるLUNA SEAっていう木を、全力で作らなきゃいけないっていう責任も感じますけどね。
EMTG:ですね! またアルバムが完成したら、ぜひお話をきかせてください!

【取材・文:海江敦士】

tag一覧 シングル インタビュー 男性ボーカル LUNA SEA

リリース情報

Thoughts

Thoughts

2013年08月28日

ユニバーサルJ

1. Thoughts
2. Lost World

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

ウサギ 寿命
ウサギって何歳まで生きるんだろうって、ふと思って(笑)。俺、気になったらすぐに調べるのね。調べたら、だいたい6、7〜12年くらい。あ、飼っているわけじゃないですけど。

トップに戻る