期待の若手バンド・KEYTALKのメジャーデビューシングルに見る才能と存在感!

KEYTALK | 2013.11.20

 精力的なライブ活動と作品リリースによって着々とファン層を拡大してきたKEYTALKが、ついにメジャーデビュー! 絶妙なコンビネーションで美メロを響かせるツインボーカルのスタイル、リスナーを盛り上げずにはおかない切れ味の良い演奏、個性豊かなメンバーたちのキャラクター……などなど、魅力が盛りだくさんの彼らは、今後、ますます音楽シーンを沸かせるだろう。4曲を収録した最新シングル『コースター』も、最高の仕上がりだ。キャッチーであると同時に、緻密に練られたサウンドメイキングも施されている今作について、4人に語ってもらった。

EMTG:どんな気持ちで今回の制作をしました?
首藤:そこまで堅くなって「メジャーだ!」という感じはなかったです。「今までのKEYTALKの活動の延長線上になるような1枚になるように」というのを考えて作りました。あと、KEYTALKがどういうバンドなのかというのを紹介できるようなものにもしたいと思っていましたね。
EMTG:KEYTALKの曲って理屈抜きの楽しさがあると同時に、実はすごく緻密なアレンジが施されていますよね。例えばギターは、裏メロっぽいフレーズを弾いているし。
寺中:そうなんですよ! そこを捉えて頂いて良かったです(笑)。
首藤:この4人はみんな音楽の学校で勉強していたっていうのもあって、理詰めで作っている部分も結構あると思います。でも、お客さんからは「楽しい音楽だな」とシンプルに受け止めてもらえるのが一番理想的な形です。
EMTG:今回の「コースター」も、まさにそうですよね。実はかなり凝った作りだけど、「いい曲!」っていうシンプルな印象が一番強いです。
首藤:ありがとうございます。サビのメロディのインパクトは、いつも大切にしています。あと、ツインボーカルであるというのも、誰が聴いても分かりやすいKEYTALKの特徴であり、武器なのかなと。
EMTG:寺中さんは、ツインボーカルの編成をどう捉えています?
寺中:2人で歌うことによって負担が半分になるというのもいいですよ。1人で歌うバンドに較べて2倍の力を入れられているような感じもあります。ライブで熱くやっても息切れしにくいです(笑)。
首藤:多分1人で歌っていたら、ライブであんなに動き回れないですよ。
EMTG:BPMも速めで、ダンサブルな曲がいろいろありますからね。
首藤:いつからかそういう感じの曲がKEYTALKの基本スタイルみたいになっていたんです。お客さんも盛り上がるし、僕らも楽しいんですよ。
EMTG:ドラムを叩いていても楽しいんじゃないですか?
八木:楽しいです。
EMTG:KEYTALKでドラムを叩く喜びとはズバリ?
八木:うーん……何でしょうね? 4人それぞれが超いい日って、あるんですよね。そういう時に喜びを感じます。まあ、1年に2回くらい(笑)。
寺中:……1年に2回くらいなんだ? どうもすみません(笑)。
小野:精進しないと……。
首藤:そうだったんだ……。
EMTG:(笑)「コースター」の話に戻りますが、「僕」と「君」の距離が《四十五度》っていう角度で描かれているのが印象的なんですよね。普通、こういうのって、「?cm」とか長さで描くものだけど、角度っていうのは斬新だなと。
首藤:長さで描く手もありましたね。角度なのが独特なんですかね? なるほど。今度から他の取材とかで言っていいですか?
EMTG:どうぞ(笑)。
首藤:そういう数字とか、あと「OSAKA SUTAN」みたいに地名を入れるのって、インパクトになると思っていて。そういうのをフックに上手くハメて、メロディを活かすようにしたいっていうのは、歌詞を作る時に考えていますね。
EMTG:インパクトがあるポイントって、サウンドにも盛り込んでいますよね?
首藤:さり気なく転調を入れたりしていますからね。
EMTG:さすが音楽学校出身のバンドですね。
首藤:まあそうですね……ちゃんと勉強してきていますから?(笑)。
寺中:すぐに譜面に起こすもんねえ?(笑)。
小野:このバンド、すぐ譜面だからあ?。
首藤:……いや、僕は実はタブ譜しか読めないんですけど(笑)。
EMTG:(笑)小野さんと寺中さんは、曲作りに関してはいかがですか?
小野:ノリ一発で作っても、最終的には理論で整えたりしますね。
寺中:僕は曲を作る時はギターを弾きながら鼻歌を歌うんですけど、その後にパソコンで打ち込んで、アレンジを考えています。僕も転調が好きなんで、いろいろ考えることがあります。まあでも、今回の曲に関しては、転調はゼロ(笑)。
EMTG:「Winter March」は、寺中さんの曲ですね。
寺中:聴いている人に冬の風景を素直に思い浮かべて欲しいと思って作ったので、逆にそういう転調とかは入れないでおこうと思ったんです。僕、季節感がある曲が好きなんです。でも、今までは例えばどの季節のリリースだろうが、夏に夏の曲を作ったりしてきたんですよね。でも、今回は秋の終わり頃にリリースすることを考慮して、夏にこの曲を作りました。そういうのは初めて。そこはメジャーというものを意識した部分かも(笑)。
EMTG:「スポットライト」の作曲は小野さん、作詞は首藤さんですね。《脳天がしびれるくらいまぶしいポップソング歌うのさ》とか、すごくバンドとしての決意表明や基本スタンスみたいなことを感じたんですけど。
首藤:書いている時はそこまで深く考えていなかったんですけど、振り返ってみるとそういうものになっていますね。
小野:スコーン!とした曲を作りたいと思っていました。アレンジもいろいろ練りましたね。
寺中:「全部がサビ」みたいなイメージがある曲ですね、それぞれのパーツのキャラが強いんです。聴いている人もすごく楽しめると思います。
八木:目まぐるしさとポップさのバランスがいい曲ですね。ライブで聴いてもらっても、「また観たい」と思ってもらえる曲じゃないでしょうか。
EMTG:そして、「OSAKA SUNTAN」の作詞作曲は首藤さん。明るいサウンドである分、すごく切なさを感じる曲ですよ。
首藤:曲が出来上がった時に夏っぽさを僕は感じて。だから夏の歌詞にしようかなとも思ったんですけど、CDが出るのは11月だから「どうしよう?」と(笑)。なので「現在は冬だけど、夏を思い返して切ない気持ちになる」という歌詞に落ち着きました。
EMTG:《あの夏の袖口の日焼けの跡が消えたら》とか、キュンとします。
首藤:我ながらロマンチックだと思います(笑)。
EMTG:首藤さんはロマンチスト?
首藤:いや、そんなことはないです。メンバーには「センチメンタル八木」っていう人がいますし(笑)。
EMTG:プロフィールに「涙の貴公子センチメンタル八木」って書いてありますよね。八木さんは、道端のタンポポとかに話しかけちゃうタイプ?
八木:2年後くらいにはそうなっている気がします(笑)。
小野:夕焼けと、自分が今聴いている音楽が合わさって、突然泣いちゃうタイプなんですよ。
寺中:あれは傍から見ていると怖いんですけど……。
八木:そんなことを言われて、今泣きそうです(笑)。
EMTG:(笑)4曲について語ってもらいましたけど、KEYTALKの音楽ってやっぱりどれも抜群にキャッチーですね。
首藤:「歌謡曲ってなんだろう?」って考えると、お茶の間で流れる曲ってことなのかなと。そういう、ある意味ベタなところもある曲を作りたいんです。まあ、それはメンバーそれぞれやりたいことがいろいろある中の1つなんですけど。
EMTG:メジャーデビューっていう節目ですけど、今後に関してはどういう夢を抱いていますか?
八木:ナゴヤドームでのライブですね。僕は中日ドラゴンズのファンなんです。
EMTG:ドアラとかにも観に来て欲しい?
八木:はい。もし来てくれたら、僕はその日を最後にしようかと(笑)。
EMTG:この夢は実現しない方が良さそうですね(笑)。寺中さんは?
寺中:武道館でのワンマン成功。その先は紅白とか。でっかいステージにどんどん進んで、みんなが知っているアーティストになりたいです。
小野:武道館とか紅白とかはもちろんですけど、海外とかでもライブができるようになったらいいですね。去年、台湾でやったんですけど、すごく楽しかったんですよ。
首藤:武道館はすぐできちゃうことでしょう(笑)。その後、ナゴヤドームで八木くんと別れを告げて、さらに成功して、2年に1回ライブをやる……っていうような感じになれたらいいですね。
八木:大御所スタイル?
首藤:うん(笑)。
EMTG:なんかすげえ腹が立ってきたんですけど(笑)。
首藤:すみません(笑)。いやほんと、今回メジャーデビューですけど調子に乗らず、謙虚に日々勉強の姿勢でやっていこうと思います!

【取材・文:田中 大】

tag一覧 シングル 男性ボーカル インタビュー KEYTALK

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

KEYTALK「コースター」(初回限定盤) [CD+DVD]

KEYTALK「コースター」(初回限定盤) [CD+DVD]

2013年11月20日

Getting Better/ビクターエンタテインメント

1.コースター
2.スポットライト
3.Winter March
4.OSAKA SUNTAN

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

●八木優樹
渋谷 アニメイト

場所が分からずに検索したのですが、移転してました。涼宮ハルヒのコスプレが欲しかったのですが結局なくて、新宿のアニメイトに行きました。

●首藤義勝
炊飯器 価格.com

最近引っ越したんですけど炊飯器がなくて、一番安いのを買おうと調べました。でも安い順検索をすると、炊飯器じゃなくて、ご飯を炊くときに入れるミネラルパウダー的なものがずらっと出てきちゃって……。

●寺中友将
11月20日 発売 シングル

僕らのメジャーデービューシングル発売日なんですが、なんと、SKE48さんが同じ日にリリースすることを知りました。できれば1位を獲りたかったのですが、さすがに無理だろうなと思って、テンション下がっちゃいました……。今からずらせないですかね? 無理ですよね。頑張ります。負けねー!

●小野武正
半沢直樹 画像

ある人から、「似てない?」と言われまして。改めて画像を見て練習しようと思って、検索したんですよ。ちょっと似てると思うんで、見てもらっていいですか?(※動画をご覧ください。)


■ライブ情報

オムスター覚醒!「コースター」リリース後夜祭
2013/11/24(日)下北沢CLUB251

KEYTALK 〜スペシャル・アコースティックライブ & 直筆サイン色紙プレゼント会〜
2013/11/23(土)タワーレコード新宿店
2013/11/29(金)タワーレコード名古屋パルコ店
2013/12/01(日)タワーレコード梅田NU茶屋町店
2013/12/08(日)タワーレコード渋谷店
2013/12/22(日)ヴィレッジヴァンガード川越ルミネ店1F特設ステージ

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る