テスラは泣かない。1stアルバム発表! 村上学(Vo&G)ロングインタビュー[前編]

テスラは泣かない。 | 2014.06.25

 鹿児島在住の4人組「テスラは泣かない。」。インタビュー前の世間話で、彼らはこんな話をした。「あちこちでライヴやってて、もう20日以上、鹿児島に帰ってないんです」そしてこう続けた。「楽しいです、充実してますね」と。
 テスラは泣かない。――その正体が、全国のあちこちで徐々に明らかになりつつある。点描をうつような丁寧なライヴ活動は、バンドとしての基盤と自信があるからこその展開といえるだろう。
 この“点”を強引に“線”に仕上げてしまうような。そんな勢いと情熱が詰まったフルアルバムが完成した。
 タイトルは『TESLA doesn’t know how to cry.』
 彼らの最初の線、スタートラインとなるこのメジャーファーストアルバムについて、全詞曲を手掛けるキーマン・村上学(Vo&G)に話を聞いた。ロングインタビュー・前編!

EMTG:まずは、今メジャーファーストアルバム『TESLA doesn’t know how to cry.』が完成した感想から聞かせてください。
村上:作る前から絶対に妥協したくないっていうのがありましたね。それができたのが、まず素直にすごく嬉しいですし、世に出るのが本当に楽しみですね。今回、インディーズ時代の曲のリテイクも収録されているんですよね。このアルバムを聴いて、一周目で僕たちがどんなバンドかっていうのをわかってもらえるものを作りたいと思ったから、そういう曲も入れました。それが前よりもブラッシュアップされた形で出せたと思っているので、僕らを前から知っている人もまた違う気持ちで聴いてもらえるのかな、と。あとは、やっぱりインディーズの時よりも多くの人に聴いてもらえるだろうっていうのは、感覚としてあるので、ワクワクする気持ちが、すごく大きいですね。
EMTG:収録曲を選ぶときに、楽曲のバリエーションとして、曲毎のテンポ感とかはどれくらい意識しました?
村上:そこはすごく考えましたね。僕らは、こう……言葉を選ばずに言えば、4つ打ちのダンスミュージックって言われることが非常に多いんです。でも本当に、ただそれだけで終わって欲しくなくて。体の揺らし方も縦ノリの曲だったり、横揺れの曲だったり、両方が混ざっていたり。聴いた人がいろんな踊り方のできる曲を入れたいなとは思いました。
EMTG:アルバムのタイトルが『TESLA doesn’t know how to cry.』じゃないですか。それで1曲目を飾るのが「Cry Cry Cry」。この曲を初めて聴いた時、産声を思い出したんですよね。
村上:あぁ、そうですね。それは非常に……うん、一見すると『TESLA doesn’t know how to cry.』って、それで最初の曲が「Cry Cry Cry」って。後からなんですけど、自分の中では矛盾してるなぁと思うところもあるんです、正直なことを言うと(笑)。でも、僕らが言いたいのは“Cry”っていう感情を凝縮したところで。今回のアルバムも、全体を通してそういう感情や、そういうものを動かすものをフィーチャーして作っていったんですよね。
EMTG:なるほど。それはすごくプリィミティヴなものを目指してると言えるかもしれないですよね。人間が産まれて最初に出す感情表現って、まさに“Cry”ですし。
村上:その通りなんですよね。
EMTG:そこに例えば、デビューアルバムだから……なんて意味は含まれているんですか?
村上:それは本当に偶発的で。「Cry Cry Cry」が産まれた経緯になるんですけど……。
EMTG:是非、教えてください。できれば詳しく!
村上:はい(笑)「Cry Cry Cry」は、サビが最初にできたんです。で、言葉を当てはめる時、たまたま“Cry”って言葉を当てはめたらハマって。そこを試しに飯野(Key&Cho)に歌わせたら、赤ちゃんの産声みたいに聞こえたんですよ。“おぎゃー おぎゃー”って聞こえて。その時、この曲は、人が涙を、感情を発散して、何かスタートする……そういうなんか、トンネルと1個抜けるような曲にしたいなぁと。それもメジャー一作目のアルバムってことで、今しかできないんじゃないかと思ったんですよね。だから、自分の中では偶然のような必然、みたいな感覚なんですね。
EMTG:あぁ、すごいですね。“おぎゃー おぎゃー”って聴こえた時、村上さん、かなり高まったのでは?
村上:高まりました、すごく!飯野に“Cry Cry…”って歌わせた瞬間に、この曲はすごくいい曲になると思いましたね。歌詞を書くのも非常に楽しかったですし。
EMTG:そうなんですか? この歌詞、私の印象の中では、収録曲の中で、いちばん激しいと思った曲なんですよね。
村上:ホントですか?(笑)
EMTG:はい。感情が言葉になって、そのまま出ちゃってる感じ。
村上:言葉がそのままっていうのは、すごく嬉しいです。伝えたいって気持ちが非常に強かったんですよね。“泣く”ということは、こういうことなんじゃないかっていう僕の思想をちゃんと伝えたかった。それを伝えるためにいろいろ模索はしたんですけど、伝えたい気持ちの方が強かったので、最後まで書ききろうって思ったんですよね。
EMTG:話は少し変わりますが。村上さんは、そういう感情を普段はあまり出さないようにしてます?
村上:僕は感情は出してないつもりで、出さないようにしようと心がけてるんですけど。メンバーは“村上さんがいちばんわかりやすい”って言います(笑)。顔に出るし、行動に出るし、態度に出るし。今、落ち込んでるとか、今、喜んでるなってすぐわかるのは村上だってみんな言います(笑)。昔からそうで、ホントにいろんな人に迷惑をかけたから(笑)。だから経験的に、今はできるだけ感情をコントロールしようしようとは心がけてるんですけど。どうやらあんまりできてないみたいです(笑)。
EMTG:という中で、結局、実際感情はコントロールできないものだ……みたいな結論に至っていたり?
村上:どうかなあ……むしろ感情はコントロールできるのかもしれないですけど、でもやっぱりできないって時に、その感情をちゃんと処理してくれる才能っていうのを人間は生まれながらにして持っているんじゃないかなと。例えばそれが、泣くということだったりするんじゃないかと思います。
EMTG:本能ではなく、才能だ、と!?
村上:そうですね。大人になって社会に出ていくと、感情をむき出しだとうまくいかないこともあるから、ある程度みんな感情を抑えているとは思うんです。だけどそういう中でも、泣くっていうことって忘れないじゃないですか。大事な人を失ったときとか、映画観たときとかそうだし。泣くっていうことは、絶対に人間にとって必要な才能なんじゃないかなって考え始めて。コントロールしなければいけない日常でも、もしコントロールできなかった時に、きっと自分を助けてくれるっていうのが、そういう生まれながらに持ってた才能なんじゃないかなと、いう結論に達しました(笑)。

【取材・文:伊藤亜希】




tag一覧 アルバム インタビュー 男性ボーカル テスラは泣かない。

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

TESLA doesn’t know how to cry.(初回限定盤)[CD+DVD]

TESLA doesn’t know how to cry.(初回限定盤)[CD+DVD]

2014年06月25日

ユニバーサル ミュージック

1. Cry Cry Cry
2. Lie to myself
3. My world is not yours
4. fuga
5. めんどくせえ
6. Arc
7. cold girl lost fiction
8. パルモア
9. シャドウ
10. Someday

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

「TESLA doesn’t know how to cry.」release tour
2014/07/10(木)愛知・池下CLUB UPSET
w/The Flickers / Hello Sleepwalkers
2014/07/11(金)大阪・心斎橋Live House Pangea
w/The Flickers / Hello Sleepwalkers
2014/07/18(金)東京・渋谷WWW
ONE MAN LIVE

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014
2014/08/09(土)国営ひたち海浜公園

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO
2014/08/16(土)石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

Re:mix 2014
2014/08/24(日)名古屋 DIAMOND HALL & APOLLO BASE

WALK INN ROCK FESTIVAL !
2014/08/30(土)桜島多目的広場野外ステージ

ツタロック・スペシャル・ライブ
2014/09/02(火)TSUTAYA O-WEST/O-nest
w/KEYTALK / 空想委員会 / The Flickers  and more!

Sunset Live 2014 -Love & Unity-
2014/09/05(金)福岡県芥屋海水浴場・キャンプ場 特設ステージ

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る