「マシュマロみたく甘いけど実は…」家入レオの新アルバムに秘められた想いを綴る

家入レオ | 2015.02.25

 2014年12月に20歳を迎えた家入レオ。最新シングル「miss you」(TBS系テレビ『CDTV』2・3月度オープニングテーマ曲)、「Silly」(TBS系金曜ドラマ『Nのために』主題歌)、「純情」(フジテレビ系TVアニメ『ドラゴンボール改』エンディング主題歌)などを収録した待望の3rdアルバム『20』を2015年2月25日にリリース! 10代を全力で走り抜けてきた彼女が感じた喜び、痛み、不安、未来への希望など、リアルな想いが綴られている。そして、初の野外ワンマンとなる5月4日 日比谷野外大音楽堂を皮切りに「家入レオ 4th ワンマン Tour ~20 twenty ~」(全国14都市15公演)を開催!!

EMTG:3rdアルバム『20』は、その名の通り20歳を迎えるうえでのいろんな心境が表現された作品ですね。
家入:“20”と言いながらも曲を作ったのは19歳の時が多いんですよね。でも19歳って、20歳になった今よりも20歳を意識して生きていたと思うんです。20代の幕開けにワクワクしつつ、やっぱり不安もあって。その10代の痛みと喜びに向き合わなかったら、20代を生きながらも形を変えて10代の時の壁がずっと私の前に立ちはだかる気がしたんですね。それは30代でも同じで。だから20代を快く生きるために、ちゃんと向き合わなきゃなって思ったんです。
EMTG:その10代の痛みと喜びを歌詞で表現しながら消化できたところもありました?
家入:そうですね。もちろん全部、消化しきれたわけではなくて。ただ、向き合う作業がすごく大切なんじゃないかなと思って。そこで綺麗事ばかりじゃ生きていけないっていうこともわかったんですよね。1stと2ndと比べて何が一番違うかって言ったら、グレーゾーンを認められるようになったことなんです。
EMTG:グレーゾーン……ですか?
家入:シングル『純情』の時には、答えって見えてくるものだと思ってたし、結果ってついてくるものだと思ってたんですね。前シングル『Silly』でドラマ主題歌のお話をいただいて、人について深く考えるタイミングになったんです。そこで、どうして私を含めて人間って間違ったり、失敗しちゃったりするのかなって思った時に、何かに傷ついて、その傷で愛に踏み込むから初めて優しさがわかるんだなって。完璧だったらそれ以上も、それ以下もない。“愚か”って人間らしさだなって思ったし、間違えることって実は愛に近づくことだなとも思ったんですよね。今までは“これは怒りの曲”“これは痛みの曲”“これは喜びの曲”っていうふうに絶対にどこかの感情に属してたんですけど、そこにさえ入らないものってあるんだなって。そういう意味でグレーゾーンの感情──特に「miss you」の歌詞は「Silly」があったからこそ作れたなと思います。
EMTG:なるほど。他、特に思い入れのある曲を何曲か教えてもらえますか?
家入:「little blue」という曲は20年間を振り返って作りました。デビューしてから“永遠”について考えるようになって……永遠って私は無いと思うんですね。だけど、永遠を求めてしまう瞬間ってあるし。20代これから打ちのめされたりすることもあると思うけど、そういう時に記憶の中の幸せな日だったり、喜びに包まれた夜に戻ると、“よし、明日からまた頑張ろう!”と思えるんですね。だから記憶や思い出には永遠って存在するんだなと思ったことを書きました。
EMTG:過去の自分を優しく抱きしめるような歌い方も印象的でしたね。
家入:あと「lost in the dream」は映画の『カサブランカ』からインスピレーションを得て歌詞を書きましたね。あの時代って、好きな人に想いを伝えないことを美学としているところがあって。想いが届かなくていいって思いながら追いかけるのって、一見美しいけど私はなんか違う気がしたんです。主人公に“傷ついても欲しいものは手に入れなくちゃいけないよ”っていうメッセージを優しく伝えたいなと思って。1曲の中で紆余曲折を感じてもらえるようにドラマチックに仕上げましたね。
EMTG:ラストのバラード「Last Song」は息遣いまで伝わる良い曲ですねえ。
入家:他の曲は結構毎回、聴く度に欲が出ちゃって書き直したりすることが多いんですけど。この曲はメロディを聴いて本当にスッと歌詞が出てきて、スッと音を当てて、そのまま収録したんです。いい意味で、これ以上のものが出ない気がして。私はデビューしてすごく心の繋がりが増えたんですね。その心の繋がりって1つ1つ絶対に当たり前じゃないし、見守ってくれてる人に対しての感謝の気持ちを歌に乗せました。真っ白な気持ちのまま、語るように歌った曲ですね。
EMTG:改めて『20』はどんな作品になったなと思いますか?
家入:淡いアルバムになったかなと。でも、マシュマロみたいだなと思って口に含むとガリッと音がしちゃうような……。1stアルバムの時に、“心の準備をしないとすごく傷つく”と言われたことがあって(笑)。ただ、いい意味で傷つく準備をしてもらわないほうが心への曲の浸透率も上がるじゃないですか。だから『20』はパッと聴き柔らかい感じなんですけど、いざ歌詞を聴いてみるとグサッとくる、そういう今の自分らしいものに仕上がったなと思います。
EMTG:『20』というタイトルですけど、聴く人の年代を選ばないアルバムでもありますよね。
家入:みんな未来には不安と希望があると思うし、それはどの世代の人も変わらないと思うので、いろんな世代の方に届いたら嬉しいなと思います。
EMTG:さて今作『20』を引っ提げた「4thワンマンTour ~20 twenty ~」が始まりますが、初日は5月4日、初の日比谷野外大音楽堂ですね。
家入:野音は自然の力を借りられる場所だと思うんですね。もし雨が降ってしまっても、そういうことさえも楽しんじゃいたいなと思ってます。そこから全国各地、ライブでしか聴けない、観られない表情っていうものをどんどん届けたいので、臨場感を大切にしていきたいなと思ってます。

【取材・文:牧野りえ】

tag一覧 アルバム インタビュー 女性ボーカル 家入レオ

リリース情報

SIDE BY SIDE

SIDE BY SIDE

発売日: 2016年12月07日

価格: ¥ 3,000(本体)+税

レーベル: ユニバ―サル ミュージック

収録曲

1.VESPER
2.パラレル・ワールド
3.HINOTORI
4.言えない 言えない
5.クサイセリフ
6.WARAE ~In The Mood~
7.DENDROBIUM -Instrumental-
8.ドレス
9.鼓動 -Magnificent Remix-
10.ソノママ
11.Little Samba ~情熱のRemix~
12.LUCIFER -Interlude-
13.Side By Side

ビデオコメント

リリース情報

20(初回限定盤)[CD+DVD]

20(初回限定盤)[CD+DVD]

2015年02月25日

ビクターエンタテインメント

[CD]
01. miss you
02. little blue
03. Silly
04. lost in the dream
05. 心のカ・タ・チ ~Another Story~
06. TWO HEARTS
07. For you
08. 純情
09. Still
10. love & hate
11. 勇気のしるし
12. Last Song

[DVD]
・「miss you」Music Video(Another ver.)
・SELECTIONS from "LEO IEIRI LIVE 12/13 ~thanks 2014~ @新木場STUDIO COAST"
1, 純情 / 2, Silly / 3, 勇気のしるし / 4, miss you / 5, Message

お知らせ

■マイ検索ワード

ココナッツオイル
今いろんなところで流行っている“ココナッツオイル”です。すごい体に良いので、普段オムレツを作る時とか、油の変わりにココナッツオイルを入れるだけで健康になれるっていうのはいいなと思います。結構香りが強いので、私がオススメするのはヨーグルトにココナッツオイルとハチミツをかけて食べる方法です。あまり香りも気にならないですし、食べやすいんじゃないかなと思います。ぜひ皆さんも試してみてください。


■ライブ情報

家入レオ4thワンマンTour ~20 twenty~
2015/05/04(月・祝)東京 日比谷野外大音楽堂
2015/05/09(土)北海道 札幌ファクトリーホール
2015/05/16(土)宮城 仙台Rensa
2015/05/23(土)広島 LUE LIVE広島
2015/05/24(日)香川 高松オリーブホール
2015/05/30(土)福岡 福岡市民会館
2015/05/31(日)鹿児島 鹿児島CAPARVO HALL
2015/06/04(木)石川 金沢EIGHT HALL
2015/06/12(金)栃木 エニスホール(野木町文化会館)
2015/06/14(日)愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール(名古屋市民会館)
2015/06/21(日)静岡 三島市民文化会館
2015/06/24(水)茨城 鹿嶋勤労文化会館
2015/06/27(土)兵庫 三田市総合文化センター 郷の音ホール
2015/06/28(日)大阪 大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪)
2015/07/04(土)東京 渋谷公会堂

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る