GLIM SPANKY、無骨でコミカルなサウンドが魅力の新作「褒めろよ」

GLIM SPANKY | 2015.02.23

 メジャー・デビュー・ミニアルバム『焦燥』で、オーセンティック・ロックの本格派として注目されたGLIM SPANKYは、その後、CMで伝説の女性ボーカル、ジャニス・ジョプリンの「MOVE OVER」をカバーしてその声の魅力をアピールした。さらに、話題のテレビドラマ「太鼓持ちの達人~正しいXのほめ方~」の主題歌のタイトルは、なんと「褒めろよ」。ロックバンドにあるまじき(笑)、“お世辞のススメ”の歌なのだ。
 常識を逆手に取った意外性たっぷりのテーマを、超本格的なハードロックテイストで歌い上げ、武骨でコミカルなサウンドでますます注目を集めること、間違いなし!
 ボーカル&ギターの松尾レミと、ギターの亀本寛貴に、その野望と戦略を聞いてみた。

EMTG:『焦燥』を出した後、いろんなメディアで「オーセンティックなロックバンド」と言われて、その評判をどう受け取ったのかな?
松尾:あんまり気にならなかったですよ。戸惑いも、不安もなかった。世間の反応に関係なく、自分たちの行きたい方向に焦点を絞って、曲作りをやってましたから。
亀本:『焦燥』の後、次のアルバムに向けての曲作りはほぼ終わってたんですけど、今回のお話をもらったので、それとは別に「褒めろよ」を作りました。
松尾:“書下ろし”が条件でしたから。しかも、私たちのアーティスト性を信頼してくれていて、「ドラマに合っていれば、GLIM SPANKYの好きなようにやっていい」っていうことだった。ドラマの台本を読ませてもらったら、コミカルで面白かったんですけど、GLIM SPANKYの音楽は重くてずっしりしているから、そこのところをどうしようかなと考えました。
亀本:GLIM SPANKYは、コミカル感がゼロですからね(笑)。
EMTG:確かに(笑)。
松尾:エンディングで流れるっていうことだったので、1分間でより多くの人の耳に印象を残して去っていく、嵐のように爪痕を残して去っていくような曲にしたいと思ってました。
亀本:目指したのは、明るくてポジティブなんだけど、ロックで骨太な曲だった。
松尾:GLIM SPANKYはメジャー・デビューしてまだ1年も経ってなくて、いろんな壁がある中で、絶対でっかくなってやるっていう気持ちは、ドラマの主人公とリンクすると思ったんです。今は上司を褒めなきゃいけないので「苦しいけど、上に行ってやる!」っていう。
EMTG:そういえばGLIM SPANKYには、今、誉めなきゃいけない上司がいるの?
松尾:上司なんて、いないですよ(笑)。ただ、自分たちが一生背負っていく曲になるので、いい意味でドラマに関係なく、素直に作りましたね。
EMTG:自信、あるね(笑)。
松尾:はい。「どんな曲をやっても、GLIM SPANKYは曲がらない」っていう、根拠のない自信があったので(笑)。その意味では、私の赤裸々な心情を歌ってます。
亀本:僕としては、オールドロックを土台にしているんだけど、いちばん新しい自分を出そうと思ってました。
EMTG:そういえば「褒めろよ」には、最近のバンドには珍しく、ちゃんとしたギター・ソロが入ってるね。
亀本:自分たちが最初に楽しんできたのは、10年前くらいのJ-ROCKで、その頃のバンドはあまりギター・ソロをやってなかったんですよ。
EMTG:アジカンとかね。
亀本:そうです、そうです。そういうロックをすごく好きで、 影響も受けたんですけど、自分たちが音楽をやるにあたって、それとは違うものをやろうと思った。同じことをやっても意味ないじゃないですか。それで、ギター・ソロをちゃんとやってます。
松尾:それもGLIM SPANKYの大きな武器になるって考えてます。
EMTG:そうだね。そして、ベースは 亀田誠治さん、ドラムはBOBOさんが演奏している。凄いメンバーだね。
松尾:亀田さんはGLIM SPANKYがまだ事務所も決まってないときから見ていてくれて、「この曲のベースは僕が弾く」っていってくれてた。BOBOさんは、オールドロックは好きだけど、古臭い感じにはしたくないって言っていて。 私たちもそう思っていたので、コミュニケーションがしやすかったです。
亀本:この2人がいてくれたので、武骨でコミカルなサウンドになった。そして、自分たちの想像以上にポップにもなったと思います。
EMTG:「サンライズジャーニー」のベースは、くるりの佐藤征史さんが弾いてる。
亀本:これは曲を作ってるときから、佐藤さんにお願いしたいと決めてました。
EMTG:そうなんだ。それで、すごくくるりっぽいベースになってるのか! ベースラインが独特だね。
松尾:はい。佐藤さんのベースに合わせて、ギターのコードを変えたりもしたんですよ。狙いどおりでした。
EMTG:3曲目の「踊りに行こうぜ」 は、がっしり重たくて、ストレートにGLIM SPANKYらしいね。
松尾:これは、私が上京してからいつも深夜に歩いている道の歌。この通りの交差点には、あちこちに花が供えられている。「もしかしたら事故がたくさん起こったのかな?」と思いながら歩いていると、確かに道路から誘われているような気がするんです。
EMTG:怖い話だね。
松尾:そうなんですよ。「大通りに行けば、死んでしまう」っていう、短編小説のようなアイデアが浮かんで、だから最初は「大通りに行こうぜ」っていう歌だったんです。
EMTG:あはは、なるほど。
松尾:それを「踊り」にすることで、もう少し広がりが出たかなと思います。
EMTG:面白いね。普段はどんな風に曲を作るの?
松尾:私が弾き語りで作ります。
亀本:そこでコード進行を決めて、歌とはまったく別作業でギター・リフを僕が作ってます。
EMTG:どんなギタリストがフェイバリットなの?
亀本:ジミ・ヘンドリックス、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベックなどのオールドロックのギタリストも好きですが、ジャック・ホワイトとか、大きなスタジアムでライブをするカサビアンとかアークティック・モンキーズなんかの今のバンドも大好きですよ。
松尾:聴いてすぐ歌えるようなギター・リフも、私たちにとって大事。そこで耳に引っ掛かってくれるといいなと思ってます。
EMTG:最後の質問は、2つあるから、どっちか選んでください。一つ目は「今後、どんなライブをやっていきたいか?」。もう一つは「ずっと2人のメンバーだけでやっていくのか?」。
松尾:うん、2つ目の質問に答えます。この2人でやっていきます。前はドラムとベースがいる4人がいいと思っていたけど、胸を張って「これがGLIM SPANKYのメンバーです」って言える人がなかなか見つからなくて。そうしているうちに、「本当に4人がいいの?」って考えたときに、亀田さんや佐藤さんやBOBOさんとやることで、2人の望むプラスアルファがあることに気が付いたんです。なので、今はこの2人で、好き勝手やるのがいいかなって(笑)。
亀本:だから僕は“4人バンド”とは違うギタリストを目指さないといけない。それがGLIM SPANKYのギタリストだから。楽じゃないけど、楽しいですよ!
EMTG:ありがとうございました!!

【取材・文:平山雄一】

tag一覧 シングル インタビュー 女性ボーカル GLIM SPANKY

リリース情報

Just Bring It[初回生産限定盤(CD+フォトブック)]

このアルバムを購入

Just Bring It[初回生産限定盤(CD+フォトブック)]

発売日: 2017年01月11日

価格: ¥ 3,426(本体)+税

レーベル: 日本クラウン

収録曲

【CD収録曲】※初回生産限定盤・通常盤共通
1.Don’t you tell ME
2.Puzzle
3.モラトリアム
4.YOLO
5.CROSS
6.OOPARTS
7.Take me higher!!
8.So,What?
9.TIME
10.you.
11.Awkward
12.decided by myself
13.secret My lips

ビデオコメント

リリース情報

褒めろよ

褒めろよ

2015年02月18日

ユニバーサル ミュージック

1.褒めろよ
2.サンライズジャーニー
3.踊りに行こうぜ
4.MOVE OVER

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

「褒めろよ」リリースツアー
2015/03/08(日)仙台enn3rd
2015/03/14(土)大阪シャングリラ
2015/03/15(日)名古屋CLUB UPSET

「褒めろよ」リリースツアーファイナルワンマン“Velvet Theater in 東京キネマ倶楽部”
2015/05/17(日)東京キネマ倶楽部

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る