少年ぽさと紳士な顔。まさに“UL魂”がさく裂したULの新作『Boys&Gentlemen』

UL | 2015.04.27

 KICK THE CAN CREWのMCUとLITTLEに よるオリジナル・ユニッ ト“UL” のセカンド・アルバムの登場だ。今回のULは スピード感とユーモアを両立させて“男道”を突き進む。
 その代表ナンバーの「馬ッ鹿者feat.増子直純(怒髪天)」は、ヤンチャなULに、増子が♪ふざけた時代蹴っ飛ばし♪と割って入る男らしいトラック。他にも建築現場で活躍するヤツラを描いた「トビショック」や、しみじみ沁みる「アイトクノウ」など、聴きどころ満載だ。
 少年と紳士と、その間を絶妙に行き来する『Boys&Gentlemen』 は、ULの新たなスタートを飾るワクワク作品なのだった。

EMTG:すごく元気なアルバムだね。笑ったし、楽しかった。制作はどんな風に始まったの?
MCU:去年の夏のKICK THE CAN CREWのリハ中に、LITTLEが「トビショック」のテーマを持ってきて、そこからかな。
LITTLE:“UL”でライブをやってて、タテに上がる曲があんまりなかったから、そういうのも必要かなって。ただ、今さらジャンプするだけの、BPMの速いのはもういいやって思ってて。リリックに“頼り”になるものがあればいいなって思ってた。
EMTG:“頼り”かあ。しっかりしたテーマってことだね。それで“職人魂”を真ん中に据えて。
LITTLE:そうだね。今、俺たちがジャンプするとしたら、相当なモチベーションがないとやれない。 だから今回は、面白がって思いつきでやってた頃の、昔っぽいやり方に戻ってっていうか。自分たちが楽しむってことを優先させたね。
MCU:ラップの自由度を高めて、それを採用したりね。
EMTG:思いつきっていう意味で言うと、「馬ッ鹿者」で怒髪天の増子さんと一緒にやってるのが面白かった。意外な組み合わせでもあったし。
MCU:もともと怒髪天が好きで、ライブに行ってたりしたんですよ。いつか一緒にやりたいと思ってた。今回の“男らしい”っていうアルバムのテーマも、増子さんとやるってとこから始まってますね。
LITTLE:誰も入れずに俺とMCUの二人でいると、どうしても“いい年の男”の話になるでしょ(笑)。前からMCUが増子さんと曲を作ってみたいって言ってたからね。なんだっけ、あの曲?
MCU:『オトナマイト・ダンディー』ってアルバムに入ってる、「ド真ん中節」ね。
EMTG:「ド真ん中節」は、増子さんのド真ん中の曲(笑)。でもULと怒髪天はまったくジャンルが違うから、一緒にやれると思った理由はなんだったの?
MCU:増子さんは器用そうなイメージがあったし、なにしろ“ユーモアセンスのかたまり”でしょ。俺はああいう大人に憧れる。で、お願いしたら、二つ返事で引き受けてくれて。
LITTLE:でも、メロディとヒップホップのトラックの相性があるから、ムチャな振り方して納得いかないのも嫌だし、時間がかかったね。
EMTG:具体的には、どんな作業だったの?
MCU:こっちでラップを乗せた状態でトラックを渡して、「この部分に曲をよろしく」っていう。
LITTLE:「馬ッ鹿者」だけじゃなくて、今回はトラックを外に頼んでたんで、とにかく準備に時間がかかった。だから動き出しが遅くなって、レコーディングの締切に間に合うかギリギリで大変だった。結局、間に合ったのか?(笑)
MCU:ちょっとだけ遅れた(笑)。
EMTG:あはは。でも外にまかせてるんだから仕方ないね。もう1曲、ULらしいなって思ったのは、「2丁拳銃」。このラップの勢いが昔っぽい。
MCU:これは「トビショック」と同じで、LITTLEがライブを想定して持って来た。インパクトが欲しいってことで、素敵なギター・リフからバコーンって始まって。
LITTLE:それも、ただギターを弾いてもらうだけじゃなくて、アイデアもしっかり出してもらってます。
EMTG:元BEAT CRUSADERSのカトウタロウさんだね。
MCU:そう。お陰でいい曲ができて、ウチの娘なんかLITTLEのリリックの♪おまんじゅう こしあんくれえ♪っていうフレーズのマネばっかりしてたよ(笑)。最近は「馬ッ鹿者」の増子さんの♪行くぜ男道♪ばっかり。
EMTG:男くさいのが、女の子にウケてる(笑)。「バブルワンサゲン」は?
MCU:この曲を入れようと思ったのは、avexっぽいかなってことで(笑)。
EMTG:バブルかい! そんなんでいいのかあ(笑)。
MCU:LITTLEと呑んでて、「俺たち、バブル知らないよな」ってなって。
LITTLE:タクシー乗って、三崎にマグロ食いに行くとかね。しかもタクシーのドライバーに「釣りはいらないよ」とか。
MCU:そうそう。先輩たちがよく言ってたあの時代が、もう一回来ないかなって。バブルなんて、俺たちのファンだって知らないだろうから。
EMTG:あははは、思いつきの勢いと良さが丸出しだあ(笑)。
LITTLE:なんかね、ファースト・アルバムを作ってるみたいな感覚だった。新しいグルーヴ作って 「イェー!」みたいな初期衝動から出てきてる曲が多いかな。ボーイズ感っていうか、「俺たち、何才になっても新人です」みたいな。
EMTG:確かに、そういう感じのアルバムだ。
MCU:「ナイモノネダリ」って曲やりたいって言ったら。
LITTLE:すぐに♪100m9秒切る脚力 リンゴをつぶせる握力♪って出てくるし。
MCU:だったら俺も♪超近所にオープンかに道楽♪っていくし。まあ、何を出してもLITTLEだったらまとめてくれるだろうっていう安心感もあったね。
EMTG:それはいいね。そういえば、“男らしい”っていうテーマがピッタリの曲もあるし、「これはどうなの?」っていうのもあるけど?
MCU:そうなんですよ。男らしいっていうテーマを貫けなかったところもある。
LITTLE:っていうか、俺たち、コンセプト・アルバムって作ったことない。たとえば男らしいっていうテーマだけじゃ、ドラマがないよね。だから「男の子の部分もあるな」っていうぐらいで、いいんじゃねえかって。テーマより、バースの中に自分たちの年齢も出て来てるし。
MCU:プロデューサーからも、曲が上がってくるにつれて「男らしいって感じじゃなくなってきてるから、アルバム・タイトルはどうする?」って言われて。男らしいだけじゃなくて、男の子っぽさも含んでるから、“Boys&Gentlemen”かなって。
EMTG:それは当たってるね。
MCU:こうなったら3枚目は、超女らしいアルバム作ろうか(笑)。
LITTLE:ソ?ヨネ(オネエ風に)。
EMTG:やめて~!
全 員:爆笑!

【取材・文:平山雄一】

tag一覧 アルバム インタビュー 男性ボーカル UL MCU LITTLE KICK THE CAN CREW

リリース情報

わたしを旅行につれてって

わたしを旅行につれてって

発売日: 2017年07月12日

価格: ¥ 1,200(本体)+税

レーベル: TEICHIKU ENTERTAINMENT

収録曲

1.わたしを旅行につれてって
2.夏’n ON-DO
3.夏色のナンシー
4.わたしを旅行につれてって off vocal
5.夏’n ON-DO off vocal
6.夏色のナンシー off vocal

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

Boys & Gentlemen

Boys & Gentlemen

2015年04月29日

rhythm zone

1. 2丁拳銃 (Produced by HIRORON)
2. トビショック (Produced by DJ JIN (RHYMESTER))
3. 馬ッ鹿者 feat. 増子直純(怒髪天) (Produced by ALI-KICK)
4. マチガイナイ feat. Full Of Harmony (Produced by 熊井吾郎)
5. te.to.ri.su (Produced by SHOGO)
6. バブルワンサゲン(Produced by TWERK EM ALL)
7. ナイモノネダリ (Produced by Tha Under Stars)
8. 火の用心 (Produced by The BK Sound)
9. 真ッ赤ニナル迄 SHOGO Remix (Produced by SHOGO)
10. アイトクノウ (Produced by SHOGO)

このアルバムを購入

お知らせ

■ライブ情報

VIVA LA ROCK 2015
2015/05/03(日・祝)、04(月・祝)、05(火・祝) さいたまスーパーアリーナ
※KICK THE CAN CREWの出演は5月3日。

2nd ONE MAN in UNIT "Boys & Gentlemen RELEASE BASH!"
2015/06/17(水) DAIKANYAMA UNIT
【ゲスト】増子直純(怒髪天)、カトウタロウ、Full Of Harmony

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2015 -20th ANNIVERSARY-
2015/08/28(金)・29(土)・30(日) 山梨県 山中湖交流プラザ きらら
※KICK THE CAN CREWの出演日など、詳細は後日発表されます。

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。


[elements official mobile site]
神輿ロッカーズ


「神輿ロッカーズ」は、KREVA、SONOMI、 UL(MCU、LITTLE)、KICK THE KAN CREWらが所属する事務所のオフィシャルモバイルサイトです。ここでしか見ることのできないULのスペシャルムービーや会員だけが参加できるプレゼント 企画など、デジタルコンテンツが満載です!



トップに戻る